富士vs大師の葛藤

Facebook

今週末は2つのお祭りがあります。
はっきり言います。
「どっちも行きたい!!」
まずあっぱれ富士。
今年4回目のお祭りです。
富士山を眺めながらの演舞!
静岡県内のチームが多いですが、神奈川、愛知のチームも数チーム参加。
小田原のチームも多く、個人的に仲良くさせていただいている「ちーむこなき」の今年初演舞が最も気になる。
去年1度しか見れていないからなぁ。
沼津のチームも多いですね。
junpapaさん率いる日専連も参加ですな!
そして大師よさこい。
私が学部時代アルバイトをしていた思い出の地・川崎大師での開催です。
今年で2回目、規模は大幅に拡大しての開催だそうです。
こちらは弥雷!舞坂戸連など私にとっておなじみのチームから、よさこいアリランでデビューした「踊りゃん祭」など、多種多様なチームのみなさんが参加されます。
意外なところでは、個人的に仲良し「いちかわ楽舞連」など千葉のチームも参加とのこと。
でも楽舞連は去年下妻にも参加していたから、この意外性はそんなに関係ないかも。
と、どちらも魅力満載。
問題はどちらも同じ日、ほぼ時刻もかぶって開催だということ。
今のところ、乗り越し料金130円で行ける大師が有力ですが、富士も見たいんだ、本当に。
富士はタイムテーブルが手に入っているので眺めているのですが、魅力大…。
身体が二つ欲しいよ!!

飛び出せ!おだっくい!!

Facebook

私とはゆかりの深い「静岡おだっくい祭り」が本州を飛び出し、北海道に上陸することになりました。
目的はもちろん、「YOSAKOIソーラン祭り」参加です。
とうとう飛び出してしまいますか…。
おなじみ強烈メロディ総踊り曲「御龍駆威」を引っさげて、札幌のみなさんに「オダッダッダッダダァー!! オダックイィ~」と頭の中でエンドレスリピートさせてしまうことでしょう。
この「御龍駆威」が踊れればどなたでも参加できるそうなので、静岡に住んでいなくても参加できるチャンス!
私は踊れませんが(苦笑)、そんなに難しくないらしいので、あなたもYOSAKOIソーランに参加できるチャンスですよ!
参加日である6月11日(日)に大通公園に直接集合だそうです。
4月22日までに参加申込書がおだっくい祭りHPにアップされるそうで、それを使ってFAXあるいはメールで申し込みだそう。
これは札幌行って踊りたいみなさん、申し込むしかないでしょう!

雷呼んじゃいけません

Facebook

「ソーラン山北」に行ってきました。
御殿場線にゆられること20分、山北駅に着く直前から電車の窓が濡れだし…、着いたとたんに大雨!!
降りようとしたら「踊って弥雷!」のQQQさんにお会いしたので、つい「雨呼びましたか?」と尋ねてしまいました。
電車を降りたら今度は雷も鳴り出し、QQQさんも「ほんとにやるのか?」と困り顔。
私が着いたのが開始直前だったのですが、会場についてもこの雨なので始まる気配なし。
主催者の方々も様子を見守っています。
なかなか開催が決まらず、チームの代表者を集めて会議まで開催されました。
すると30分後、雨が上がり晴れ間が!
その後は見る見る晴れてゆき、30分遅れで開催されることとなりました。
半数以上のチームが山北町のチーム、残りが小田原を中心とした町外のチームでした。
山北には「ソーラン山北」という地元の風物をふんだんに入れた曲があり、ほとんどの地元チームはそれで演舞。
町外からのチームは自チーム曲で演舞でした。
大体2回に1回は「ソーラン山北」を聞くことになるので、もう少し曲のバリエーションが増えると(アレンジなどで)かなり変わってくるのではないかと思いました。
それもあったからか、町外チームの時の歓声はすごかったですね!
特に小田原の「舞姫」の旗士さんの旗平塚の「ど~んとCOCOde踊らん会」の演舞時の歓声はすごかった!
会場もコンパクトにまとまっていて(5箇所)パレード会場もあるなどいろいろ楽しめました。
あとはメインのステージ会場以外にもひとがたくさんいるといいな…。

Funでこの世界を面白く