当面のよさ研(笑)

Facebook

オフシーズンですから当面も何もないですが、今年の抱負も兼ね、今後の予定をまとめてみました。
吾妻さんが終わってしまったので、次回のお祭りまで当分間が空きます。
1年でいちばん私が退屈な期間です(笑)。
寒いので外に出る気にもなかなかなれないし。
現時点で次回は3月15・16日の浜松を予定しています。
そして、このオフシーズンを利用し、よさ研ではHPのコンテンツの整理を毎年行っています。
ですが、今年は諸事情にそのコンテンツ整理が大幅に遅れそうです。
よさ研名物(?)、よさこいマップ2007年版は3月上~中旬アップを予定しています。
(なぜ2007年版かというと、前年のお祭り情報がすべて出そろった段階で地図を作るからです)
何とか年度末までにはアップしたいなぁ。
また、オフシーズンのお楽しみ(?)新着よさこい論文のご紹介なども行っていきますよ!
で、今年の私ですが。
いろんなところからあれやこれやと声が聞こえてきています。
現時点では、例年通りの関東甲信越+静岡県の枠内での活動と、関東甲信越+静岡県を飛び越えた活動と、両輪であちらこちらのよさこいをご紹介していこうと思っています。
ただ。
どっきりが大好きな私なので、何が起こるか分からないですよ。
今年もSummyをごひいきに!

やっぱ年の初めのよさこいはこれで♪

Facebook

私にとってみれば5回目となる吾妻さんよさこいパレード。
初めて見たときの衝撃が今でも忘れられません…。
あの狭さ、あのパレードなのか何なのかわからない形式…。
すっかり二宮駅から会場までの道も何の躊躇もなく歩けるようになってしまいました。
そもそも会場までは一本道。
正月の風物詩・箱根駅伝の4区・7区の主戦場となる国道1号線をてくてく歩いていきます。
短いほうのパレード会場を通り、ステージ会場は前のプログラムの太鼓の演奏が行われていました。
終了したところで、ステージ前を横切り、長いほうのパレード会場へ。
二宮の特徴である、長いパレード演舞→ステージ演舞→短いパレード演舞という連続演舞も何ら疑問を感じず歩いている私(笑)。
パレードのスタート地点に向かって歩いていると…おっ、キムキムさん@よさこい舞友伝を発見!
年末の平塚スターライトフェスティバルではお話しできませんでしたからね~ご無沙汰してます。
少しお話をさせていただきました。
あっ、暗黒の話をするの忘れてた!
その後、パレードスタート。
町の広報車を使ったパレードは健在でした。
助手席でMDプレーヤーを動かされている姿が印象的です。
数チーム演舞をした後、小田原の舞姫のみなさんがやってきました。
というより、舞姫のみなさんの曲だけやたら通ってないか…?
音いいよね?
やってきた地方車を見て納得。
「踊って弥雷!」の地方車でした。
通常より小さい「ミニ地方車」ですが…ガルウィングついていない以外はいつものと同じじゃないですか!
さすが、弥雷!…。
その後も楽しく演舞は進行。
私は、最初のうちはパレード会場で見ていたのですが、一度ステージ会場で見てしまったら人ごみでなかなか動けず、そのままステージ会場に居ついてしまいました。
そのステージ会場でのこと。
ラスト3番目の地元・摩耶恋のみなさんの演舞中にトラブルが発生しました。
2,30秒ぐらいで音が飛んでしまう!
1度ならいいものの、3,4回と…いいんですか、これは?!
元宝塚の摩耶先生の紹介や先生の教室のお話などで話を持たせてもまだ駄目。
どうするんだ…??
そこで一台の車がステージ会場に入場。
「踊って弥雷!」の地方車でした。
主催者側・二宮町観光協会のみなさんの窮地の策だったのでしょう。
摩耶恋のみなさんの後が弥雷!でよかったですね、本当に。
そのまま弥雷!地方車はステージ会場に残り、総踊りまでしっかり活躍することとなりました。
今日は大活躍ではないですか、弥雷!地方車。
終了後、弥雷!2008年も代表・あきらさんやユーミンさんとお話しさせていただきました。
私が来たからって「やっぱり現われた」というのいい加減によしましょうよ。
さらに、乱気流のムナ先生ともお話しさせていただきました。
先生、わざわざお声掛けいただきありがとうございます~!
そんなわけで今年もいろいろあったけど楽しい吾妻さんでした。
やはり新年1発目のよさこいはこれですね☆

年の初めの年中行事

Facebook

さて、懲りずに今年もこのお祭りから始まります!
神奈川県二宮町の「吾妻さんよさこいパレード」が今年も私の第1弾のお祭りです!!
1年で一番早いよさこい祭り、と銘打たれているこの吾妻さん。
何といっても、一番の特徴はあの変則的なパレードにあります。
「2回パレード形式で演舞→ステージ形式で演舞→パレード形式で演舞」の計4回をノンストップで演舞していきます。
その間約20分。
この1回のみのチーム演舞となるわけです。
そのため「世界一短時間で終わる」(「踊って弥雷!」HPより)お祭りとなっています。
さらに吾妻さんはその道幅の狭さにも特徴があります。
「鳴子で屋台のお好み焼きをひっくり返せるぐらい狭い」という名言が生まれることからもお分かりいただけるでしょう。
2列でパレードしていても狭い、本当に狭いです。
この名言を考えた弥雷!、さすがです。
チームは地元・二宮町を中心に小田原や秦野など近隣からの参加が多くなっています。
というより、毎年ここに出られるチームはだいたい決まっている気が…。
この時期に活動しているチームもだいたい決まってきますしね(苦笑)。
そのため、どちらかというと、同窓会気分で行くような感じです(笑)。
約1か月ぶりのよさこい、楽しみ~!

Funでこの世界を面白く