私は大丈夫だけど、周りのみなさんは…

Facebook

22日。
伊東に行く前が大変忙しい1日でした。
自宅→舞浜駅→海パーク→陸パーク→海パーク→舞浜駅→川崎駅→ランチ会途中参加→川崎駅→新横浜駅→(新幹線)→熱海駅→伊東駅
色んな人に「何やっているんだ!?」と突っ込まれまくり。
が、本人にとっては大変重要なことをこの1日に凝縮してやっていたんです…。
私は現在ガラケーを持っているのですが、万歩計機能を見てみたら、伊東到着前で15000歩…よく動いたなぁ。

そんなこんなで伊東に到着。
到着したのが17時半近くで日もとっぷり暮れていましたが、そこまでは寒くない感じ。
海が目の前の会場に着いても、あれ、予想外に寒くない。
これなら耐えられるかな?と、この時点では使い捨てカイロも使わずに過ごしていました。
なんといっても、ヒートテック2枚を含め、5枚着ていたという…!!

演舞開始前に餅投げをやっていたので参加!紅白1つずつ頂きました
演舞開始前に餅投げをやっていたので参加!紅白1つずつ頂きました

観客席としてブルーシートが引かれていたので、私は後ろから立って見ることに。
最初は地元・伊東のチームの演舞が続くこともあり、地元のみなさんが立ち替わり入れ替わり。
そうそう、毎年12月22日固定の伊東、これまで土日に当たった時は伊東駅や近所の道の駅でも演舞がありました。
今年は海沿いの「なぎさ公園」のみなのよね〜平日はいつもここのみなのかしら。

地元チームの時間帯は地元のみなさんが多いものの、ちょっと少なめ
地元チームの時間帯は地元のみなさんが多いものの、ちょっと少なめ

地元チームの演舞が終わった後は少し人が減ったものの、花火の時間が近づくにつれてだんだん人が多くなってきました。
クライマックスに近くなるにつれ、学生チームなど人数の多いチームの演舞が続き、地元マダムの「すごいわね〜」の声があちこちで聞かれていましたよ。
伊東は静岡県内のみならず、首都圏近郊のチームも多く参加していましすね。
そしてここ数年は毎年参加している北海道の「遨~すさび~&光一天」さんが最後に登場し、大盛り上がりでチーム演舞は終了。

終了近くなるとこの人の入り!近くの温泉に宿泊している人もいるのかな?
終了近くなるとこの人の入り!近くの温泉に宿泊している人もいるのかな?

その後は伊東の実行委員長さんの挨拶後、総踊り&花火スタートとなるのですが、何故か様子がおかしい。
なんと海から陸に向かって強風が吹いており、花火の火の粉が落ちて来る可能性があるから踊り子はここから先に出ないこと、と人的バリケードが張られました。
最初の吹き出し花火はステージすぐ裏から上がるためだそうです…そりゃ危ない。
総踊りスタート後花火が上がり始めたら…ごめん、観客のほうまでくるよ!
私2回ぐらい火の粉が目に入ったような気がするけど、大丈夫なのか!?

いやはや、私は大丈夫だったけど、周りにいたおばあちゃん方は大丈夫だったのか?メガネない人も多いし
いやはや、私は大丈夫だったけど、周りにいたおばあちゃん方は大丈夫だったのか?メガネない人も多いし

10分ほど吹き出し花火の洗礼を浴びた後は、遠くからの打ち上げ花火に変更。
あぁ良かった、ようやく安心して見れる。
落ち着いて見ていたら、あら、裏方さんご夫妻!
なんとなく伊東に来ていそうな予感がしていたのですが、やはりいらしていましたか〜。
お仕事終了後、クルマを飛ばしてきたそうです…流石。

打ち上げ花火は落ち着いて見られました…このころは寒く、流石にカイロを使用
打ち上げ花火は落ち着いて見られました…このころは寒く、流石にカイロを使用

花火終了後は一目散に伊東駅へ!
なんせ会場から歩いて10分ほどの距離があるところ。
花火の終了21:00→電車の発車21:12。
…すいません、ギリギリ行動で。
何とか電車に間に合い、無事に帰宅と相成りました。

これにて今年の私のよさこい行脚は終了。
次回は今年1年の振り返り!
お楽しみに!!

Post Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です