2006年よさ研総決算(後編)

Facebook

さて、もう少し振り返っていきましょう。
今年も、新しいお祭りがいくつか誕生しました。
私が行ったところを挙げてみましょう。
ところざわよさこいフェスタ(埼玉県所沢市、5月)
蔵の街MIRAI舞祭(栃木県栃木市、6月)
開国よさこいソーラン祭り(神奈川県横須賀市、7月)
あげお元気祭(埼玉県上尾市、9月)
はだ恋おどり(神奈川県秦野市、9月)
この5都市を見ると、東京大都市圏の外周部、要は外側のベットタウン地域で開催されている事が分かりますね。
これら以外にも今年新しく開催されたよさこいのお祭りはありますが、一つ都市の活性化という意味で取り入れられている事が言えそうです。
そして、今年も長距離遠征を敢行しました。
札幌高知です。
どちらも3年振りとなりました。
札幌は、土・日と2日間堪能してきました(前回は日曜1日のみでした)。
何といっても夜のすすきの会場など、初見の場所に行けたのは大きかったですね。
有名チームはさておき、北海道のチームを多く見れたことは自分の中では大きかったです。
小さなチームの頑張りを見れたのは嬉しい限り。
高知は初めて「予定を決めてくれる人がいる」という中で参加しました。
普段単独行動が多い私としては、少々窮屈なところがあった点は否めませんが(苦笑)、普段得られない体験が出来たことは確かです。
たくさんのみなさんにびっくりしていただけたこと、至上の喜びです。
今年もみなさま「よさこい日記」ご愛顧ありがとうございました。
来年も楽しい記事を書いていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします(ペコリ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です