タグ別アーカイブ: レストラン

【WDWへの道12】これで安心?WDWのレストラン事情

Facebook

ウォルトディズニーワールド(以下WDW)で過ごすのに、アトラクションやショーに加えて欠かせないのが食。
WDW内にはたくさんのレストランがあります。
とはいえ、不安になることもありますよね。

・いくらぐらいで食べれるの?
・口に合うかな?
・数日滞在していると日本食が恋しくなるのでは…
・いくらぐらいで食べれるの?
・チップが分からない…
・予約は必要?

今回はWDWのレストラン事情とチップについて、また日本食が食べれるところをご紹介します。

1.レストランの種類

WDWのレストランは大きく分けて以下の3種類になります(パーク内、直営ホテルどちらも)。

(1)テーブルサービス(30ドル程度〜)

テーブルに着席し、ウェイターさんが注文を取ったり料理を運んだりしてくれるレストランのこと。
パーク内ではビュッフェ形式のレストランも、キャラクターに会えるキャラクターダイニングのレストランもテーブルサービスです。
お会計は料理を全て食べた後、自席で行います。
基本的に事前予約が必要で、チップの支払いも必要となります。

エプコットの「ガーデングリル」は食べ放題なのですが、料理はキャストさんが持ってきます。しかも大皿をドン!と…

(2)クイックサービス(メイン料理で10〜15ドル程度)

レジで会計をし、奥のカウンターで料理をもらい、自分で席に運んで食べる、ファストフード的なレストラン。
予約不要、チップ不要で気軽に食べれるのが嬉しいところ。
ただし、お昼時など、混雑しているときは席の空きがないなど、覚悟しなければならない可能性があります。
※一部予約が必要なレストランがあるのでご注意を。

ピザ+サラダで10ドルぐらい、ドリンクは別で3ドルぐらいでした(ハリウッドスタジオの「カタリーナ・エディーズ」にて)

(3)ワゴンサービス

ワゴンで販売しているアイスやポップコーン、フルーツ、ポテトチップス等スナックなどのことです。
小腹が空いた時に、サクッと食べられます。
なお、ワゴンの場所はガイドマップに載っていないのでご注意を。
とはいえ、パーク内には結構な数のワゴンがあるので心配は不要ですが…。

ワゴンサービスとはちょっと異なりますが、各パークにスタバがあります。メニューは日本と変わらないかな(ハリウッドスタジオの「トロリーカー・カフェ」にて)

2.予約について

テーブルサービスおよび一部のクイックサービスレストランでは予約が必要です。
レストランの予約は直営ホテル宿泊者の場合、チェックイン日の180日前から滞在期間中全て可能となりますが、人気レストランは早々にいっぱいになってしまうということも…。
特にキャラクターダイニングや一部の超人気レストランは180日前に速攻予約するか、取れなければキャンセル待ちを拾うか、いずれかの方法で予約をしなければなりません。
予約はWDWのHP、もしくはアプリからできます(もちろん英語ですが、そこまで問題にならないかと)。
今回は利用しませんでしたが、ディズニー専門旅行会社「ミッキーネット」さんから直営ホテルを予約した場合、泊数分のレストラン予約を無料で代行してくれるそうです(4泊以上予約の場合のみ)。
パーク内のみならず、直営ホテルのレストランも同じ予約可能です。

エプコットの「ガーデングリル」も人気レストラン!ミッキー、プルート、チップ&デールに会えます

なお、キャンセル料は予約時刻の24時間前から発生します。
とりあえず予約し、予定が決まってきたらキャンセルする方法もあります。
(が同日の予約は朝・昼・夜1ヶ所ずつしかできないようなのでご注意を)

3.予約時間設定のコツ

今回私が予約したレストランは以下の3ヶ所で、全て朝食です。

・タスカーハウス・レストラン(アニマルキングダム、10:25)→開園7:00
・ガーデングリル(エプコット、9:35)→開園8:00
・ビー・アワ・ゲスト・レストラン(マジックキングダム、9:45)→開園8:00

今回の予約は、全てパークが早朝エクストラマジックアワー(直営ホテル宿泊者向けに通常より1時間早く開園)の日になるよう予約しました(→以降の開園のところは早朝エクストラマジックアワーの開園時刻)。
早朝エクストラマジックアワーでアトラクションをある程度満喫した後にレストランの予約を入れると、時間も有意義に使えますよ。
開園の1.5時間後ぐらいに予約を入れると良いのでは。
なお、早朝エクストラマジックアワーが適用される日はHPで事前に分かります。
(変更になる場合もあるのでご注意ください)

以前にもご紹介したマジックキングダムの「ビー・アワ・ゲスト・レストラン」。注文に30分ぐらい要するので、以降の予定は余裕を持って!

昼・夕食の場合は、ショーの時刻にご注意を。
特に夜の花火ショーを見たい場合はだいたい21時ごろ(夏季の場合)に実施されるので、その時間にかからぬよう、余裕を持って予約しましょう。

4.ドキッ!チップはいつ払うの?

テーブルサービスのレストランの場合、困るのがチップ。
日本人にはなじみないですからね…。
今回、私が利用した「タスカーハウス・レストラン」でのチップの支払いについてご紹介します。

サファリルックのミッキー、ドナルド、デイジー、グーフィーに会えるレストランです

(1)食事がだいたい終わった頃、ウェイターさんが伝票を持って置いていきます
(2)伝票には詳細と食事の合計金額、チップ額(18%もしくは20%)が入っているので確認します
(3)チップ額はどちらかを選択し、チップ額を記入欄に記載し、さらに食事とチップの合計金額を下に記入します
(4)現金もしくはクレジットカードを伝票に挟み、ウェイターさんに渡します
(5)ウェイターさんが決済し、再び伝票を持ってきます。現金の場合はお釣りとレシートを受け取り、クレジットカードの場合は伝票にサインをし、カードと控えを受け取って支払い完了です

今回は夜のショー「リバーズ・オブ・ライト」鑑賞券付プランのため、案内された際に鑑賞券を受け取りました!

流れを分かっていれば、それほど難しくないかと。

5.便利?ダイニングプラン

一部の旅行会社で直営ホテルを予約すると、「ダイニングプラン」というものをオプションで選べます。
1泊当たり、以下の食事がついてきます(泊数分の予約が必須)。

「ダイニングプラン」:テーブルサービスレストラン1回、クイックサービスレストラン1回、スナック2回(ドリンク、アイス、フルーツなど)、リフィルマグ1つ(直営ホテルのフードコートでドリンク飲み放題になるカップ)
※テーブルサービスレストランのチップは別途支払い
「クイックサービス・ダイニングプラン」:クイックサービスレストラン2回、スナック2回、リフィルマグ1つ

支払いはどちらもマジックバンドでピッ。
また、同じ予約で紐付いていれば、食事内容を共有できるのが嬉しいところ。

私はそれほど量が食べられないので、夕飯は相方と1食をシェアすることもちょくちょく…

と、楽なことは楽なのですが、問題は案外高い…。
日本の旅行会社のパンフレットを見ると、1泊当たり9000円(テーブルサービスの入ったダイニングプランの場合)。
テーブルサービスレストランのディナーに行けばお得になるのかな…たぶん。

今回私は上記プランは使わなかったのですが、旅行会社「ミッキーネット」さんの早期予約特典でクイックサービスレストランの食事権を1泊につき1人1つもらいました(対象ホテルは限定)。
対象ホテルに5泊したので、2人で10食分。
これぐらいの回数で充分でした…!!

<ダイニングプラン対象レストランはこちら(テーブルサービス、クイックサービスレストランの区分もこちらで分かります)>

※他にも注意事項がいくつかあるので、詳しくは取り扱いの旅行会社のHPをご確認ください。

6.困った時の日本食頼み

ハンバーガー、ピザなど、アメリカンな食事が続くと、日本食が恋しくなるもの。
「アメリカンな食事は好きだから大丈夫!」と言っていたうちの相方も、5日目ぐらいには「日本食が食べたい」と言い出すぐらいでした。
日本からサトウのごはんとふりかけを持って行って、朝食予約をしていない日は朝食にしていたものの(ホテルのフードコートにレンジがあります)、それだけでは物足りない。
そんな時に使える、日本食が食べられるレストランをご紹介します。

(1)エプコットの日本館内のレストラン

日本食が食べられる代表格はエプコットの日本館です。
なんといっても、キャストさんの大半が日本人!
日本語で日本にいるように注文できます。
違いは支払いがドルであるぐらいです。

・鉄板江戸(テーブルサービス):シェフが目の前でステーキやシーフードを焼いてくれる
・東京ダイニング(テーブルサービス):天ぷらや寿司
・桂グリル(クイックサービス):ラーメン、うどん、寿司など
・歌舞伎カフェ(常設ワゴン):かき氷、寿司、アルコール各種

私たちはクイックサービスの「桂グリル」で食事をしました。
うちの相方が天ぷらうどんを「うまいうまい」と言いながらムシャムシャ食べていましたよ。
私は同レストランでビーフの照り焼きを賞味(子ども用メニュー)。これも美味しくいただきました!

こちらが「桂グリル」日本家屋的な外見のレストランです
こちらが私の食べたお子さまセット。クッキーが付いていることを除けば、日本の大人の食事と量は変わらない気が…

(2)ディズニースプリングスの「モリモトアジア」

アメリカでは有名なレストランだそうで、日本人シェフによるアジア各国の料理を食べられます。
日本食はラーメンやお寿司がありますが、お寿司は日本人の板前さんが握っているそうです(しかも魚は冷凍ではなく生!オーランドでは珍しいそうです)。
お寿司を食べられるエリアなどでは予約が必要だそうですが、予約不要のバーエリアもあるそうなので、気軽に行けますね。
ディズニースプリングスに行くときにはぜひぜひ。

以上、WDWのレストラン事情についてご紹介しました。
恐ろしく長くなってしまいましたが…。

次回は、パーク内およびパークと空港間の移動手段についてご紹介します!

アメリカンなレストランが多いですが、エプコットに行けば世界の料理が食べれますよ。せっかくなので、色んな料理を食べてみましょう!

【上海パークに行こう】その13 雰囲気OK!上海で2番目に高いレストラン?の「ワンダリング・ムーン・ティーハウス」

Facebook

私が日頃からお世話になっている、世界のディズニーパーク口コミサイト・TDRナビさん。
ここの口コミを読み、単品の食事ができるなら…と思い行ったレストラン「ワンダリング・ムーン・ティーハウス」(漫月軒)を今回はご紹介します。
単品注文ができ、60元ぐらいで食べられると口コミには記載があったのですが、今回私が行ったら中華フルコースのみのラインナップ!
すでに席に着きメニューを持ってきてもらった後だったので引き返せず、まさかの中華フルコース体験と相成りました。

1.こんな人にオススメ

・ガッツリ食べたい人
・落ち着いて食べたいが、レストラン予約は面倒な人
・中華が好きな人
・中国建築の建物をじっくり見たい人
・夜のキャッスルショー「イグナイト・ザ・ドリーム」を落ち着いて見たい人(後述)

2.お腹ぺこぺこで行ってみたら…

その日の私の食事がバナナとうちの相方から旅の餞別としてもらったとらやのようかんだけ(爆)だったため、珍しくお腹ぺこぺこでした。
お店の前でメニューも見ず、すぐ店内に入り、レジ前でどれを食べようか…と見ていたら、何名ですが?と聞かれ、奥に通される。
あれ、レジで前払いじゃないの…と席に荷物を置いて入口に戻ると…けげんな顔をされました。
??と思いながら再度席へ向かうと、紙とペンを持ってキャストさん登場。
これにチェックを入れてね、ということらしい。
ファミリーセットと1人用セットのいずれかしか選択肢がなかったので、1人用を注文。
前菜などいくつかにチェック。
魚が食べたかったので、白身魚をメインでチェックしました。
ドリンクは別料金かと思いきや、料金に含まれているようです。
キャストさんに紙を渡し、結局何が来るか把握せず、しばし待ちました。

3.登場したのは以下

・サラダ バルサミコ酢のドレッシング
→普通に美味しいです。個人的にはちょっとお酢がきつかったかな…
・前菜 あさりときゅうりなどの和え物
→これも普通に美味しい。いきなり野菜2種登場でムシャムシャいただきました

まず登場した野菜2種。私はこれだけで満足です

・スープ 中華風の何か
→最後まで何が入っているのか不明でした…スープは飲めなくないのですが、具には手を出せず(レシートにはチキンの文字。チキンだったの!?)

このスープの具が最後まで不明でした。本当にチキンだったのかな?

・ライス
→長粒米のような感じ?ちょっとパサついています
・メイン 白身魚のあんかけ
→普通に美味しい。それほど辛くないのでお子さんでもいけるかと

手前がメインの白身魚とライス。タラを買ってくればうちでも作れそうな気がする…

・ミネラルウォーター

ここまででこのボリューム。飲み物も料金に含まれているならコーヒーとかにすれば良かったな

ここまでですでにお腹いっぱいで、私は終わりだと思っていました。
が、出ようとしたところでキャストさんがやってきて、「まだ来ていないのがあるわね。今持って来るわ!」と言って奥に戻って持ってきたものは…、

・点心(シュウマイ)
→セイロに大きめシュウマイが一つ。これだけ?と思いましたが、お腹いっぱいの身には1つ食べるのも苦しい…
・デザート 透き通ったスープのおしるこ?
→温かく、寒い上海では体が暖まり私は好きなんです。もっとお腹の余裕がある時に食べたかった…

で、最後に来たのはシュウマイとおしるこ?です。おしるこは私の好きな味だったんだけど、腹が…!

4.お値段は…

1人用セットは188元。
そこにサービス料15%がかかるので、合計で216.2元でした。
オーダーしたらすぐ自席で会計です。

こちらがレシート。何が出てくるかは最初に分かっておきたかった…

5.イグナイト・ザ・ドリーム優先鑑賞権つきプランも

ここでの食事に1人150元の追加で夜のキャッスル花火ショー「イグナイト・ザ・ドリーム」の優先鑑賞エリアで見られる権利がつくようです。
直前でも利用可能かどうかは分かりませんでしたが、近くで見られるならいいのか…?

こちらがランチョンマットになっていた「イグナイト・ザ・ドリーム」の優先鑑賞エリアの案内。でもいい値段…!

お腹が空いていたとはいえ、普段からそれほど量を食べれない人なので、フルコースは流石に辛かったです。
しかも1人で来ていたので、今度は胃袋に自信のある人と来たいと思います。
でも、日本円にすると1人3500円ぐらいになるので、次は考えるかな…。

しかし、元々60元ぐらいで食べれるレストランだったところが年明けからフルサービスのレストランに変わってしまったよう。
これまでお城の中にあるキャラクターダイニング「ロイヤル・バンケット・ホール」のみが突出して高かった(7000円ぐらい/1人)ことを考えると、ここがパークで2番目に高いレストランになるようです。

でもお店の雰囲気はとってもいい感じ!
この内装を見るだけでも十分価値があると思います。

最後に店内をまとめてご紹介!入口にはこんな彫刻が出迎えてくれます
店内のレストランエリアもこの雰囲気!雰囲気は素晴らしいね
今回は予想外の事態に慌ててしまったので、次は落ち着いて来ようと思います…

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

【上海パークに行こう】その5 上海パークのレストランは…?

Facebook

パークの楽しみの一つに食事がありますね。
最近の東京ディズニーランド・シーは見た目にも凝ったメニューが増えて、目でも楽しめるものになっています。
さて、上海は…?
私が実食したものを中心に紹介します。

続きを読む 【上海パークに行こう】その5 上海パークのレストランは…?