「東京ディズニーシー」タグアーカイブ

【舞浜レポ】ファッショナブル・イースター(シー)

Facebook

15周年のスペシャルイベントも終了したシー。
終了後初のスペシャルイベントとなるのが「ディズニー・イースター」です。
シーとしては2度目となるイースターのスペシャルイベント、メインショーは2年前に開催された「ファッショナブル・イースター」の再演となりました。
再演といっても、一部変更になっている今回のショー。
どんな感じだったのかご紹介しますよ!

1.ファッショナブル・イースターとは?

ファッションをテーマにしたシーのイースター。
4つのテーマポート(アメリカンウォーターフロント、ロストリバーデルタ、マーメイドラグーン、ミステリアスアイランド)をモチーフにしたファッションに身を包んだキャラクターが、それぞれの衣装を披露し合うものです。
特徴的なのは、うさぎの耳がついた「イースターバニーボンネット」という帽子。
どのキャラクターも帽子が目立っているので、注目して見てみてくださいね。

場所:メディテレーニアンハーバー周辺(ピアッツァ・トポリーノ(ミッキー広場)、リドアイル、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前にステージあり)
公演時間:25分
公演回数:1日3回(午前、昼、午後の3回)

2.どんなショーかな!?写真実況中継

以下は写真をふんだんに使った、実況中継風でお届けします。
ショーの流れはオープニングのみリドアイル、以降はピアッツァ・トポリーノで撮影しました。

船がやってきて各テーマポートのデザイナーが紹介するとキャラクターたちが登場。ミッキー!
合わせてダンサーさんたちも登場します。意匠が凝ってます
こちらはミッキー広場の様子。ステージが広いので、あちこちから見ることができます
まずはミッキーたちのアメリカンウォーターフロントから。アールヌーヴォーの優雅な曲線美が特徴です
次はチップ&デールのマーメイドラグーン。アクアポップがテーマで、弾ける感じが表現されています
3番目はグーフィーたちのロストリバーデルタ。蝶や植物をモチーフにしたマジックリアリズムがテーマ
最後はドナルドたちのミステリアスアイランド。歯車や革細工を使ったスチームパンクがテーマです
どのデザイナーも自分が一番と言いますが、ミッキーはデザインに勝ち負けなんてないよと言い、1つになります
最後はそれぞれの船に乗り込み退場!

ショーの流れはこれまでの通り、ピアッツァ・トポリーノ(ミッキー広場)で見るのが最も分かりやすいのですが、他のところで見ても楽しいですよ。
ここから先はリドアイルから見たショーです。

船でやってきたグーフィーたち。
グーフィー&マックスは下船し、ダンサーさんとダンスを楽しみます
次はダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニがやってきました
ダッフィー&シェリーメイのみ下船しますが…、
ミッキーたちがミッキー広場からやって来るとすぐに乗船。短いので見逃さないでくださいね
続いてチップ&デール、クラリス登場。一気にリドアイルが元気な雰囲気に!
乗船する頃からクライマックスに向かっていきますよ。カイトが飛ぶ!
最後にドナルド&デイジーが来ますが…こちらも一瞬の滞在。見逃さないで!
全キャラクターが船に乗って退場している時に…、あれ、グーフィー、休憩?
ホセ・キャリオカとパンチートも座っちゃった…マックスだけ踊ってます

3.ショー以外にも…

ショー以外にも、スペシャルイベントの食、グッズなどがありますが、ここではフォトスポットなどをご紹介します。

オシャレなイースターエッグに入ったドナルド&デイジーのフォトスポット。他にもありますので探してみましょう!
このデザイナーのラフスケッチイラストも素敵!
このドナルド&デイジーが素敵でした。いいね〜。

シーは落ち着いた感じで、魅せるショーといった感じでした。
特にコスチュームは特徴的なので、じっくり観察するのもいいかもしれません。
同じテーマポートでも、ダンサーさんによってコスチュームが違いますよ!
より近くでダンサーさんのコスチュームを見る場合は、リドアイル〜ピアッツァ・トポリーノ間の通路やバケーションパッケージ専用席の後ろなどがいいかもしれませんね。

なお、魅せるものよりキャラクターやダンサーさんたちと楽しむならランドの「うさたま大脱走!」のほうがいいかな。
好みに合わせてどうぞ!

舞浜レポ「うさたま大脱走!」はこちら

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

【舞浜レポ】「テーブル・イズ・ウェイティング」でキャラクターやダンサーさんたち触れ合おう

Facebook

キャラクターはショーなどで見るだけではなく、触れ合うのもまた魅力です。
通常はキャラクターグリーティングで触れ合うことになりますが、また別の形で触れ合うこともできます。
その一つがシーのレギュラーショー「テーブル・イズ・ウェイティング」のバックヤード。
なんとこのショー、ショー出演前のキャラクターやショーダンサーさんたちと触れ合えるんです。
どうやって、どこで触れ合えるのか?楽しみ方をご紹介しますよ!

1.テーブル・イズ・ウェイティングを裏から見る魅力

・出番前後の様子が見られる
出番前のミッキーはどんな風にして過ごしているのか…。
そんな姿が見れるのが裏側。
こちらに手を振ってくれるのはもちろん、ふざけたり、ミニ寸劇が始まったり。
ここでしか見れない姿を見ることができます。
ぜひここでは手を振り返しましょう!

きゃー、ミッキー!かわいく手を振ってくれますよ
デイジーとプルートは何か楽しそうに話しをしていますね

・ショーの裏方さんの様子が見られる
裏にいるのはキャラクターやダンサーさんだけではありません。
ショーを支える裏方さんもまた頑張っておられます。
ショーのあの演出はこんな風に行なっているのか!そんなところも見れますよ。

このショーの主役・ルミエールとダンサーさんは何を楽しく過ごしているのかな…?

2.どこで見れるのか

ステージ向かって左、S.S.コロンビア号入口手前で見れます。
すごい一眼レフカメラを持っている人たちがたくさんいますが、ひるまず行きましょう。
場所が狭いので、直前に行くと後ろの方から小さくしか見れないと思われます。

iPadだと遠くなってしまうのが残念…キャラクターによっては近くに来てくれるので、撮影はその時を狙いましょう

3.どう見たらいいのか?

2回通して見るのがオススメです。
まずは正面で。
席に座るか、後ろから見るか、ショーのストーリー全体を把握しましょう。
次の回はいよいよ裏から。
音楽やしゃべりはよく聞こえるので、それを聞きながら次はどのキャラクターがやってくるかな…と考えながら見ましょう。

終了まで1ヶ月を切ったテーブル・イズ・ウェイティング。
これから3/17のフィナーレに向けて混んできそうですが、ぜひ裏から見るのも挑戦していただきたい!
オススメの鑑賞方法です。

終了まであと1ヶ月!見に行くチャンスのある方はぜひ裏から見てみてください!

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

【舞浜レポ】クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜(シー)

Facebook

シー15周年イベントもまもなくフィナーレ!
そして3/17まではハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」の一部をリニューアルした「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン〜」として上演されます。
このショーの魅力は、これまでなぜ行わなかったのか?と言いたくなる、夜間公演の実施!
キラキラ光るフロートと花火が映えるので、とっても幻想的ですよ。
(クリスタル・ウィッシュ・ジャーニーのショー構成はこちらを参照。以下では変更箇所のみ説明)

1.どこが変わったのか?

<構成>
・オープニング
・中盤(それぞれのWISHを紹介する場面より後)
・クライマックス

<全般>
・キャラクターコスチューム
・使用楽曲

派手に変わったのはコスチュームですが、ショー中にはこれまで使用されてなかった東京ディズニーシー・テーマソングなどが使用されているので、2001年のグランドオープンあたりに来園されたことがある方は感慨深いものがあると思います。

2.ショー内容をチェック!

ここからは写真でご紹介します。
通常の「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」の紹介を見てからご覧いただくと分かりやすいかと思います。

まずはおなじみミッキー広場(火山正面)から。前半の構成はほぼ変わらず、変更点はキャラクターコスチュームぐらいです
写真でわかりやすいのはクライマックス!これまで飛んでいなかったシャボン玉やダンサーさんの小道具が追加されています
決めポーズも華やか!花火も上がりますが、昼だとこれがイマイチ…
こちらはリドアイルの後ろ(ポンテ・ベッキオ橋)から。小さくて分かりづらいですが、小道具をダンサーさんが持っています

3.夜公演をチェック!

内容は昼公演の写真でご紹介しましたが、やはり見所満載なのは夜公演。
こちらも写真でお楽しみください〜。

こちらは「バケーション・パッケージ専用席」の後ろから。ミッキーの乗ったバージ(船)が幻想的ですね!
キャラクターがすぐ近くまで来てくれるのがこの場所の良いところ。デイジーもこんなに近くに!
ミッキー広場をこの位置から見るとこんな感じ。夜はステージの華やぎが増します!
グーフィー&マックス親子の後ろから花火が!この写真だとぼんやりしていますが、夜だと迫力が違いますね
これはクライマックス!花火のボリュームが!!
続いて「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前から。ダンサーさんの衣装も華やかさが増しています!
ミニーちゃんの衣装の赤が映えますね!夜だと特にキレイに見えます
チップ&デール、クラリスたち。この時は照明が暗くなってしまいましたが、照明が当たるとキレイでしょうね
クライマックスはドナルド&デイジー、スクルージおじさんたちが来ます。ディズニーの鳥が勢ぞろい!

4.夜間公演を観る際の注意点

・夜間公演未実施日に注意
2ヶ月間限定の「シャイン・オン」公演。
なんと日によっては夜間公演を実施していません。
これから2,3月は閉園時間も遅くなるので実施しそうですが、まだまだ19時閉園の日もあるので、行かれる日が夜間公演実施日か確認しましょう。

・良い場所はすぐ埋まる
特にショーエリアの座り見席や立ち見前列は1時間前では残席なしの状況です。
良いところで見たい場合は、2時間以上前から並ぶのが得策ですよ。

・とにかく待ち時間が寒い
冬なので当たり前ですが、待っている間は特に寒い!
日が暮れてからは特に冷えますよ。
カイロやブランケットなど、防寒対策を忘れずに。

「シャイン・オン」になり、また新たな魅力が加わった「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」。
特に夜間公演はキラキラ感が増し、オススメですよ。
卒業旅行で行かれる学生さんもこの時期は増えてきますが、ショー待ちはそれほど影響ないはず。
(良い場所で見るのは2,3時間待ちの覚悟は必要ですが…)
ぜひ15周年のフィナーレを見に行って見てくださいね!

華やかなショーが見れるのはあとわずか!夜間ショーは公演のない日もあるので、日程を確認の上お出かけくださいね

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります