ご趣味は…?「ドッキリです!」(緊急よさ研ジャパンツアーその1)

Facebook

って、大丈夫ですよ、悪気はない、いいドッキリですから(爆)。
いやはや、驚いてくださったみなさん、本当にありがとうございました。
というわけでひそかに敢行していた今年のよさ研ジャパンツアー第3弾、1日限りの札幌・YOSAKOIソーラン祭りに馳せ参じてきました。
実は、当初の予定には札幌に行く予定はありませんでした。
・日曜日に別の予定(よさこいではない)が入っている
・前週に能登に行っているのに体力とお金が続かない
という理由で今年は行かないつもりだったのです。
しかし、せっかくだから行くか、ということで今週の火曜日にチケット(航空券)手配!
始発の飛行機で行って最終で帰るという出張ビジネスマンのような予定を組みました(爆)。
しかし、行きの飛行機でこちらが見つける前に「大宮同心桜連」のミツルさんに見つかってしまうというハプニングが!
残念、こういうときに座席を前方にしておくと困るのか…。
ま、ミツルさんなら大丈夫か…。
札幌駅に着いたら、今度は「和楽一座」のなかGさんも!
JALやANAに各チーム関係者が多く乗ると踏んでいたので…個人で行く人たちはSKY(スカイマーク)やADO(エアドゥ)の格安航空会社を使うのかな。
ま、まぁいい、終わったことは仕方がない。
まずは、メイン会場となる大通公園へ!
まだ演舞開始前ですが、チーム関係者のみなさんがたくさんいらっしゃいますなぁ。
その中に発見したのは…総踊りチーム「さぁさみんなでどっこいしょ」で本日は参加の「弥雷!」のQQQさん!
毎年仮装のQQQさん…今年は地味ですね。
何でも、「キワドイのは夜」とのことで、ちゃんと別衣装を用意しているとのこと。
膝上スカートのメイド服ですか…それはキワドイ(注:QQQさんは男性)。
その流れでまずは大通西8丁目のメインステージから!
最初が「どっこいしょ」というのもありましたが、私にとってみれば何チームか後に出てくるチームが重要でした。
今年佐世保から唯一の参加、「一蓮風雅」のみなさん!
毎年佐世保のチームは佐世保の実行委員会のバックアップがある…ということで演舞終了後、研究でお世話になった佐世保の実行委員会のみなさんと久しぶりの再会!
委員長以下、みなさんお元気でなによりです。
今回は突然来たこともあり、よさ研ニュースレター等のことはあまり考えていませんでした。
ですが、ここは行ったことのない会場に行ってみよう、ということで、地下鉄に乗って約15分。
澄川会場に行ってきました。
ここは自衛隊の駐屯地の中にある会場です。
それも会場を取り仕切っている(主催されている)のは「澄川精進蛍会」という地元チームのみなさん!
びっくりですね、こんな大きな規模のお祭りでもチームのみなさんが主催されているとは。
(土日の両日、澄川会場ではそれぞれ35チームが演舞を披露)
そして会場内は自衛隊駐屯地内ということでだだっ広い。
ザ・北海道という感じです。
会場は入り口付近に設けられており、地元のみなさんによる出店がありました。
パレード会場ということで、みなさん通りにレジャーシートを引いて思い思いに見てらっしゃる…何てのどかなんだ。
ただ、ものすごい暑い!
日も照り、木陰があまりないので、これは焼けるぞ!
(事実、私は多少焼けてしまいました)
この澄川会場では、私とゆかりのあるチームが演舞することになっていました。
というわけで、ここでもドッキリ。
手を振りながらそのチームに近づいていくと…呆然とされている方が。
「REDA舞神楽」のあゆママさんでした。
「Summyさん来ないって言ってたじゃん!」
そりゃそうなんですけど、と説明をしていると…またしても知った顔が。
重要なお手伝いで参加されている、よさこいネットワーク「リバティー元気組」のミサトさんと「黒潮美遊」しゅんすけさんでした。
力のいるお手伝い、本当に頭が下がります。
そして、たんぽぽさんの姿を探すのですが…、見つからない!
今年の衣装はみなさん笠をかぶっているので、人の区別がつかないのです。
結局たんぽぽさんに会えたのは演舞終了後、舞神楽のみなさんが次の会場に移動しようと歩かれているときでした。
よかった~たんぽぽさんとは大子でもちばよさオープンのときにも会えなかったので。
長くなったのでその2に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です