往復2370円

Facebook

横浜から名古屋まで行くには。
一番オーソドックスな方法は新幹線ですね。
乗り換えがなく安いのは夜行バスや高速バス昼行便でしょうか。
でも、みなさん、忘れてませんか、一番安く行ける方法。
そう、青春18きっぷです!
この時期限定、安旅の決定版!
私はこれに乗り、普通電車でドンブラと西へ向かいました。
始発で自宅を出て約6時間。
名古屋へは10:42に到着。
改札を出てスタコラスタコラ…ターミナル駅で人も多いのでなかなか進まず。
何とか最初の目的地・JRタワーズガーデン会場に着きました。
ヒィヒィ、ずっと座っていたのでお尻の肉が硬くなっていて動かん…!!
10:54、「信州駒ヶ根 縁舞蓮」さんの演舞がスタートしました。
チーム本体にお知り合いはいないのですが、本日助っ人として2名のお知り合いが参加されていたんです。
安曇野の「ファイティング・パキラ」の幅さん。
茨城の「将門YOSAKOI響」のちょりパパさん。
幅さんは踊り子、ちょりパパさんは煽りとして参加されてました。
演舞後に「ちょりパパさーん!」と叫んだのですが、なぜかちょりパパさん気づかず、幅さんが気付く…!!
幅さんとちゃんとご挨拶したことなかったのでよかったですが、何かおかしいぞ…!!
この会場は駅前ということで人も多い!
しかし今日の名古屋はいい天気…家に帽子を忘れて、後悔しきりの私。
数十分でこの会場を出て、地下鉄一日乗車券を買い、次に向かうは大須観音会場。
プライベートでは来たことがありましたが、よさこいの会場は初めてです。
なんと境内でやっているんですね!
本堂の斜め左の広場が会場となっていました。
しかも木陰あり!やったね~。
しかもこの会場も人多いよ~頭と頭の間から顔を出すような感じです。
木陰に入るとちょうどよい気候で暑さも和らぐ!
ここも数十分で出て、次は徒歩で。
向かったのは大津通パレード会場です。
今日は一次審査が行われているこの会場。
繁華街の栄にあることもあり、人出が半端ない!
しかも着いたとき、「北海道大学”縁”」(個人的通称赤ふんず)の演舞がスタートしたところで、歩道は民族大移動状態…!!
赤ふんずが大好きな福岡のえっちゃんのために写真を数枚撮り、なんとかアップ。
その後も大津通にしばらくいたのですが、やはり遠くに行きたくなり、再び地下鉄に。
乗換し、40分ほどで着いたのは「バリ・バリ平針パレード会場」です。
名古屋市の東にあるこの会場、一度来たことがあるのですが、まぁ応援がすごい!
地元のみなさんで結成された盛り上げ隊なる人たちが会場内の随所にいて、手拍子など盛んにしてくれるんです。
他の地元のみなさんもつられてどんどん声援や手拍子が大きくなる!
しかも踊り子さんが地下鉄の地上出口に上がって来ると、地元マダム十数名による「ようこそ~!」の声と拍手!
いやはや、これはいい気持ちで踊れますね。
こちらの会場は方言の応援横断幕がどんと出ていたり、シニア専用スペースが用意されていたりとかなり工夫されているようです。

こちらでも数十分ほど滞在し、再び大津通へ。
大津通の演舞が終了した時間でタイムアウト。
名古屋駅へ戻り、再び行きと同じルートで帰宅中です。
ちなみに、青春18きっぷは5枚綴りですが、1枚あたりの価格は2370円。
自宅最寄り駅から名古屋まで、通常片道で5940円。
ということは、4分の1以下で私は往復してきたのか…!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です