神戸で地元力を見る

Facebook

神戸まつりのため、始発の飛行機で神戸へ向かった私。
人に会う用を済まし、三宮の東遊園地前付近のパレードルートに着いたのは11時前。
ここはパレードのスタート地点なのですが、神戸まつりのパレード待ちの人たちでものすごい人!
どうしようかと思いながらも、何とか見れそうな場所を確保しました。
が、確保したのは良かったものの、パレード前に行われるダンスパフォーマンスの演舞のスタート場所はもう少し先であることに気づきました…。
うわ、やっちゃった…。
しかし、後ろも結構な人で、動くに動けず。
この会場でパレード前に行われた唯一のよさこい演舞、地元の「颯爽JAPAN」さんの演舞は後ろから見るだけになってしまいました…ごめんなさい〜。

その颯爽JAPANさんの演舞。ちゃんと見れず仕舞いでした…うう(涙)
その颯爽JAPANさんの演舞。ちゃんと見れず仕舞いでした…うう(涙)

今回私が訪れた神戸まつりは様々なところでイベントが行われていますが、よさこいで固まって演舞をしているわけではなく、ダンスや音楽のイベントの合間に行われている感じ。
だから、演舞会場が広範囲にわたっています。
今回も数カ所に散らばっていたのですが、時間が重なっているなど、全てを見れるわけもなく…。
そのため、よさこいを見るのはもう1ヶ所のみと決めていました。
そのもう1ヶ所は最初にいた東遊園地前から歩いて10分ほど、神戸の大丸前にあるダンスアベニュー会場です。
こちらでは、「魚崎結舞」「よさこい匠」さんという地元の2チームが演舞をされていましたよ。
30人入ったらキツキツのステージで踊りづらそうでしたが、前も後ろもたくさんの観客のみなさんに囲まれ、楽しそうに演舞をされている様子が印象的でした。

神戸まつりはよさこい中心のお祭りではなく、サンバやマーチングバンドのパレードが中心になっています。
なのでよさこい関係者としては物足りなかったですが、かなり大型のお祭りなので華やかな印象とそれだけ人が集まるお祭りのポイントはどこなのだろうか?というところを中心に見ていました。
私は、やはり地元のみなさんの出演が圧倒的に多いのがポイントなのかなぁと感じました。
周りの話を聞いていると、地元の「○○さんが出るから」とやってくる人が多いこと!
みなさん、ご家族やお知り合いの晴れ姿を見に来ているということですね。
よさこいのお祭りも地元のみなさんが「○○さんの勇姿を見たい!」と来てくれることが第一歩なのかと。
そんなお祭り作りに私も貢献していかないとね、と思った神戸のひと時でした。

到着時間を時間を間違えると、よさこいの演舞のときでもこの人だかり!参りました…。
到着時間を時間を間違えると、よさこいの演舞のときでもこの人だかり!参りました…。

あっ、ちなみに私が神戸まつりに来たのは東京ディズニーリゾートスペシャルパレードと、別所で実施されていた東京ディズニーシー15周年記念展示でした…(すいません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です