カテゴリー別アーカイブ: よさこい

「甲」がない!

Facebook

昨日甲信越地方のお祭りをアップするのに各HPを巡って情報収集していました。
「信」(長野)と「越」(新潟)はあるんですが、「甲」がないんですよ!
確かに03年元旦の高知新聞の特集になったよさこいマップには山梨はなかった。
よさこい(系)祭りがない県4つのうちの1県だった。
そのうち香川にはできた。
鹿児島も「YOSAKOI大ハンヤ」がある。
ないのは徳島山梨だけ?か??
徳島にない理由は何となく分かる。
阿波踊りがあるから。
しかし山梨にないのはなぜでしょな?
地域的特性がありそうだ。
もしくは古くからのお祭りで十分地域の均整が取れ、回っていけるのかもしれない。
どうなんだろう?
もしかしたら私が落としていただけなのかもしれないので、情報もっている方、ください。

やりがいという生き方

Facebook

最新号の「日経WOMAN」に「にいがた総おどり祭」の事務局の方の生活が掲載されています。
女性・20代だそうです。
事務局・常勤として働いていることからの苦労はもちろんのこと、1ヶ月の収入から支出まで千円単位で掲載されている点が興味深いです。
たぶん事務局で、常勤として働いている方の生活ってこんな感じだと思うんですよ。
それは(常勤ではないですが)今まで調査でお世話になったお祭り実行委員会の方々もこんなハードな生活をされていましたし。
病弱な私はついていくのが大変でした。
それでも、自分が現在そういう道を目指したい、と思っているので、この条件の中でもやりたいのかと改めて考えさせられる次第です。
今就いている仕事の後に自分がこのような仕事に就くためにはどうすればいいのか、日々を生活しながら考えています。
確かに稼げないし、不規則な生活だし、今の私から考えれば問題だらけです。
それでも誰かと一緒に喜んだり、悲しんだり。
一緒に何かをやるという経験から自分が成長していると感じること。
人を喜ばせること。
周囲を元気にさせること。

私の生活体験の中でこれらの経験が自分の中で一番価値あるものだということを学びました。
それができそう、というのがこういう職業だと考えているので、ある意味覚悟を決めて飛び込もうという時には飛び込めるかも知れません。
みなさんもぜひ「日経WOMAN」の最新号読んでみてください。
後ろから2,3枚めくったところにあります。
表紙に「結婚特集」とあるやつです。

意外な結果?

Facebook

ソーラン結果出ましたね。
大賞は「新琴似天舞龍神」ですか。
祝V2!
私はここの踊りを去年の「よさこい東海道」で初めて生で見ましたが、確かに構成がよく、音楽がよく、踊りがよく。
メリハリの利いた演舞がとても印象的でした。
今年はどんな演舞だったのだろう?
気になるなぁ。
その他ですが、一番気になるのはファイナル進出ならなかった「平岸天神」と「北大・縁」かな。
特に平岸は衝撃的ですね。
どんな演舞か気になる。
今年は道外チームの活躍も目立ちましたね。
5位には「AOMORI花嵐桜組」(青森)、8位には「笑”」(愛知)。
どちらも見たことないので、見てみたい。
今村組は今年もファイナル進出ならなかったんだね。
毎年ブロック2位じゃない?
めげずに来年こそは進出して欲しいな、と思う私。
個人的には「美勝女隊」(佐賀)が一次審査員賞をもらっていたのに驚いた!
そんなにすごいのか「美勝女隊」!
何気に九州のチームなのに見たことがないので見てみたい。
携帯投票では「市立船橋高校吹奏楽部THEヨサコイ」が1500票あまり獲得してましたね。
平岸より多いのにびっくりした。
何故だ?不思議。
いずれにしても、私は実際の演舞を見てみないと何とも言えませんが。
だって、演舞は実際に見て心動かされるものでしょう。
やはりここが原点だと思うんです。
なので早く生で演舞が見たいな。
これが要は結論なんだけどさ。