もう雨はいらんって!

Facebook

自宅を出て6時間。
どんぶらこっこと普通電車にゆられ、塩尻にやってきました。
長野はそれほどよさこいが行われている地域がありません。
お祭りとしても昨年私が行ったYOSAKOI安曇野、白馬のYOSAKOI・花・白馬、そしてこのGEMBAよさコンぐらいしか私は知らないぐらいです。
駅に着くと…何もなし。
地図を見る限り、駅から程近いところのようだったのに…。
と思ったら看板が。
その通りに行くと…ようやく会場が見えてきました。
しかし開会式と同時にが…それも結構強い。
オープニングで太鼓の演奏があったのですが、開催するかどうか見合わせ。
少し様子を見て弱まったところで演奏開始…と思ったらまた雨。
大丈夫か??
しかし、太鼓の演奏のみなさんが雨雲をどかしてくださったようで、その後は夏空!
日焼け止めを塗りながらの拝見と相成りました。
これを拝見している限り、やはり安曇野市のチームのみなさんの力を感じました。
さすが今年で8回目!
慣れていらっしゃるところを感じます。
さらに安曇野市以外のチームでも今回初めて拝見したところがいくつかありました。
木祖村や松本市といったところでも行われているのですね。
でも松本市は信州大学「和っしょい」があったっけか。
でも他の地域のよさこいの特色をそれほど強く引いていないところが面白い。
地域色を出しているところもあれば、楽曲は借り物だがチームカラーを前面に出しているところなど、それはそれで面白い会でした。
そして変わり鳴子の楢子。
会場で木曽漆器の職人さんによる直販ブースがありました。
びっくりしたのは、ブースで壊れた楢子を直してくれるコーナーがあったこと!
このサービスいいね!
こういうのがあるなら、ものを大切にしてみんな使うだろうなぁ。
そして私も楢子を買いました。
それがこの写真。
narako

それも、
「それは来年用の試作品だからね~」
といって職人さんに売ってもらった新作楢子。
う、嬉しいです…。
漆塗り、金のキツネの絵柄が入った楢子。
大切にします~!!
帰りは特急でらくちん。
途中、八王子で花火大会を愛で、まんまるい月も眺め。
うーん、風流、風雅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です