生足魅惑の…(よさ研ジャパンツアー丸亀編その2)

Facebook

丸亀は港町だということをすっかり忘れていました。
よく考えてみたら、瀬戸内に接しているわけだし。
というのを思ったのがその名も「みなと公園」会場。
ステージの左をふと見たら、岸壁、そしてすぐ青い海。
あぁ、気持ち良さそう~。
丸亀は飲食も充実していました。
やたら見かけたのがかき氷屋で、会場の屋台からワゴン販売まで、道端を含め各地にありました。
もちろんみなさんこの暑さで多くの方がかき氷を持っている!
各地のB級グルメもあったらしいのですが、普段よさこいを見に来ているときの私は固形物はほとんど食べず(あえて言えば、森永の「アイスボックス」を2つ食べました・爆)。
それでもうどんは食べないといけないだろうということで、屋台のぶっかけうどんを食べることに。
ようやくここで香川の名物を食べることができました。
丸亀で気になっていたものの一つに「総踊り」がありました。
香川のみなさんは総踊りで何を踊っているのだろう?
香川の総踊りって聞いたことないしな。
何をやっているのか気になったので、一番遅くまでやっている駅前の「ミモカ会場」に向かいました。
最終チームの演舞終了後、実行委員長さんの掛け声で一斉に踊り子集合。
ステージは奥行きがあるので…たぶんたくさんの踊り子がいるのであろう。
そしてかかった曲は…、
「ブルーハーツ」の曲でした(曲名が分からない)。
なるほど、高知も升形などでやっている総踊りは普通の音楽が流れてみんな適当に体を動かして楽しむという総踊りでしたものね。
そういう意味では、高知の流れを引いているのかな。
…私は途中で流れたT.M.Revolutionの「Hot Limit」にのりのりでした。
「妖精たちが夏を刺激する~生足魅惑のマーメイド♪」
のんきに歌っている場合じゃないって(笑)。
会場は最後に流れた桑田佳祐カバーによる、モーニング娘の「LOVEマシーン」で最高潮。
みんなで、「日本の未来はウォウウォウウォウウォウ♪」なのです。
そんな感じで(どんな感じ?!)、私の丸亀滞在12時間は過ぎて行きました。
もちろんその後は夜行バスに再び乗り、とんぼ帰りです(爆)。
と、ここまでで丸亀のお話は終了。
その3は…いよいよ丸亀一番のお楽しみの話なのです(フフフ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です