根付く姿

Facebook

なぜか朝4:45に起床。
6:18新横浜発の電車に乗って、名古屋へ。
そんなに急がなくても鈴鹿には間に合うのですが、こんなに早いのはJR東海ツアーズの日帰り名古屋プランのせい…。
(行きが早朝の新幹線だと格安になる)

名古屋駅でノンビリモーニングを楽しみ、いよいよ鈴鹿へ!
乗るのが2度目ぐらいの近鉄で、見慣れない車窓を楽しみながらどんぶらこ。
乗り継ぎしながらメイン会場の最寄駅・平田町駅に到着しました。
なんと単線の終着駅…なんてのどかな雰囲気なんだ。
ただ到着した時間は10時過ぎ、すでに日は高く暑い!
駅から会場まで徒歩5分なのに、汗が滴り落ちてきます。
始まるまで時間が少しあったので、メイン会場に隣接するショッピングモールで涼んでいたぐらいです…!!

始まる頃にようやくメイン会場の弁天山公園に出ることに。
ただ、困ったことに観客席に日陰が全くないのですよ。
やむなくステージから2,30メートル離れた木陰から見ることに。
競争率が高く、ステージを横から覗き込むような形で見ることになりました。
しかも前には地元ケーブルテレビのカメラの三脚…見づらい。

まずはキッズコンテストを1時間半ほど、その後一般の演舞へと移っていきました。
鈴鹿はよさこいのみならずダンスチームなども参加しているので、多彩な印象がありますね。
そして地元のチームも結構多い。
全部で88チームの参加があるのですが、鈴鹿のチームは37!
4割は地元チームということですね。
この規模でこんなに多いというのは、結構すごいことでは。
学校、ダンススクール、一般のよさこいチームと、バランス良く構成されている印象がありました。

これいたところから一生懸命拡大した図…これ以上拡大すると荒くなってしまうので断念です
これいたところから一生懸命拡大した図…これ以上拡大すると荒くなってしまうので断念です

さて、離れた木陰から望遠デジカメで撮るのはいいものの、iPadから撮るのは厳しい。
やむなく1時間だけ我慢して日向に出ることにしました。
ヒィィィ、身体中から汗が吹き出る!
まるでサウナにいるようです…ある意味ダイエット的な。

近くなると拡大せずに済みます。10メートルぐらいはステージに近づいたはず
近くなると拡大せずに済みます。10メートルぐらいはステージに近づいたはず

13時近くなり、私は移動。
鈴鹿はメイン会場のほかにあと4つ会場があるのですが、うち2つは鈴鹿市東部の白子地区にあるんです。
帰りの電車の都合上、私はバスで白子へと移動。
30分ほどのローカルバスの旅と相成りました。

整理券を持ってバスに乗ったのはかなり久しぶりな…貴重な経験です
整理券を持ってバスに乗ったのはかなり久しぶりな…貴重な経験です

白子へと移動した私がまず向かったのはサンズ会場。
ショッピングモールの会場で、平置き駐車場の一部が会場となっていました。
モール内には踊り子さんがたくさん…分かる、暑いからね。
外の会場も暑かったもの。
会場には大型テントはあるものの、すでに多くの方が入っていたので私は屋根のない前方で見ていました。
やはり地元チームが多いからか、観客のみなさんも鈴鹿の方が多いように感じました。
それだけ地元に根付いていることだと思います。すごいな!

白子は海に近いからか、メイン会場より空に開放感があるように感じます
白子は海に近いからか、メイン会場より空に開放感があるように感じます

さらに同じ白子地区にある駅前会場へ。
駅前の商店街が通行止めになっていて会場としているのですが、地元の夏祭りも併催。
地元の方々による遊び系屋台や地元飲食店の出店がいくつか立ち並んだ先に会場がありました。
地元の子供たちで盛り上がっているのもいい感じ。
ここは歩道が屋根ありだったので、ようやく日陰で涼しく見ることができました。
助かる…!!

白子駅前会場は昔ながらの商店街!日曜日だからか閉まっている店が多かったように感じました
白子駅前会場は昔ながらの商店街!日曜日だからか閉まっている店が多かったように感じました

楽しくなってきたところで私はタイムアップ。
そう、15時までしかいられなかったんです…!!
やむなく駅へ向かう私。
なぜなら…このあと結婚式二次会に参加するためです。

鈴鹿ももっと堪能したかった。
でも地元のみなさんに根付いているところが垣間見え、嬉しくなった一日でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です