【上海パークに行こう】その11 特別感満載!上海ディズニーランドホテル・キングダムクラブ

Facebook

前回は上海ディズニーランドホテルの概要をお届けしましたが、今回はこのホテルの上級クラス「キングダムクラブ」に絞ってご紹介します。
今回宿泊して実感しましたが、はっきり言います。

「この価格でこのサービス、素晴らしい!!!」

と言えるぐらい、素晴らしい体験をしてきました。
どんなところだったか、以下で詳しくご紹介します!

1.キングダムクラブとは?

上海ディズニーランドホテルの上級クラスであるキングダムクラブ。
東京でも上級クラス「アンバサダーフロア」(ディズニーアンバサダーホテル)、「スペチアーレ・ルーム&スイート」(ミラコスタ)などがありますが、それらと同じくものと考えてください。
専用ラウンジで様々なサービスが受けられるのが大きな特徴です。

こちらがキングダムクラブラウンジ!これは中央のソファー席ですが、これ以外にテーブル席がいくつもあります

その割には価格はリーズナブル。
私が宿泊したのは土曜日だったので少し高く、3565元(サービス料込み)でした。
が、決済時の2016年9月時点で計算すると、およそ5万5000円(円安進行中の12月時点のレートで計算し直すと6万3000円)。
東京で最もお安いアンバサダーホテルの通常クラスの土曜日宿泊料金が5万円から、アンバサダーフロアの料金が7万7000円からであることを考えると、世界のディズニーホテルの中で最もお安く泊まれる上級クラスと言えそうです。
(香港ディズニーランドホテルにもありますが、7万3000円からでした)

さぁ、いよいよ以下でどんなサービスを受けられるのかご紹介しますよ!

2.キングダムクラブはチェックインから違う!

チェックインは、ロビー階にあるフロントで「キングダムクラブに宿泊します」と予約メールを見せて伝えるところからスタートします。
そうするとキャストさんがいそいそと7階にある「キングダムクラブラウンジ」に案内してくれます。
キングダムクラブラウンジに着くと大きな机に案内され、そこでコンシェルジュさんによる専用チェックインがスタート!
フカフカの椅子に座って受けられるので、パークに行っていた私にはすわり心地良く、助かりました…。
しかも丁寧な英語で説明してくれるので安心です。
その際にキングダムクラブラウンジで受けられるサービスの案内もしてくれますよ。
この時点でパークに行っていない場合は、パスポートの発行もしてくれます(ホテルで発行する場合はルームキーとパスポート一体型です)。
また、パーク内やホテルの予約制レストランを利用したい場合はこちらで代行予約をしてくれます。

こちらがキングダムクラブのご案内。中央付近に食事のご案内、一番下がパジャマミッキーが登場するベッドタイムストーリーです

3.ラウンジの食事は豪華!

チェックインが終わると、いよいよキングダムクラブラウンジを利用できるようになります。
私が行った時は朝7時から22時まで空いており、空いている時間帯はドリンクサービスが受けられる他、時間帯によっては食事もいただけます。
私が行ったときは、

7〜11時 朝食
14〜16時 ティータイム
17時〜19時半 ディナータイム(カクテルタイム)

で食事の提供がありました。
特にディナータイムはアルコールも無料で提供されます。
少なくともビールとワインがありましたが、それ以外もあるのかな?

ディナータイムは到着が終了5分前で料理が少なかったため、自分が取った分のお皿をご紹介します。
びっくりしたのは握り寿司や天ぷらもあったこと。
サーモンのお寿司が一つ残っていたのでいただきましたが、普通に美味しかったですよ!

サラダとサーモン、白身魚のフライなど。うちの相方は早々にビール2杯を注文…!
温かいオードブルとデザート。デザートは種類豊富だったので、たくさん取ってきてしまいました…

朝食は朝イチに行ったので種類豊富!
特にパンの種類が豊富でした。
そのほかにもおかゆや点心、注文式の麺類、同じく注文式の卵料理など、バラエティに富んだ料理を食べられます。

サラダコーナー。ハムの種類が豊富です
サーモンコーナー。奥のミニベーグルに挟めば、オリジナルベーグルサンドが作れます!
フルーツコーナー。奥では生搾りオレンジジュースを作っていました。これが美味しかった!
卵料理コーナー。オムレツや卵焼きなどをシェフが作ってくれます。諸般の事情で朝の卵料理を自粛している私には羨ましいったら…
ソーセージやベーコンなど。チキンソーセージという、ありそうでなかった料理を発見…!
おかゆコーナー。朝は食べられない…という方でも、これならいけそうですね
パンコーナー。ここは本当に種類豊富でどれも美味しそうでした!絞るのに苦労…
ワッフルなど。左上の料理が結局何だか分からなかったな。ラップサンド?
ヨーグルト類。台に置いてあったのはここまでですが、ラウンジの食事としては本当に種類豊富です
麺類は席でのオーダー式。指差しでOKでした。写真は台湾の麺料理
都合私が取ったのはこんな感じ。写真にありませんが点心もあります。飲み物のうち、コーナーor紅茶は席で注文です

今回ティータイムには行けませんでしたが、口コミサイト・TDRナビさんにあった口コミを総合すると、ディナータイムのデザートとほぼ同一の内容のようでした。

4.ラウンジからパークの花火が見える!

湖を挟んで向かいにある上海ディズニーランド。
夜の花火ショー「イグナイト・ザ・ドリーム」をキングダムクラブラウンジから見ることができます。
ただ、お城で映されるプロジェクションマッピングや噴水のパフォーマンスは見えず、ほとんど花火のみです。
パークで流れる音楽と同じものがキングダムクラブラウンジでも流れるので、冬の寒い時期には室内でぬくぬく観れるのはありがたい。
ただ、迫力はやはりパークでみたほうが満点です。

湖を挟んで対岸なので、流石に小さいのは否めません…でもラウンジには数組しかいなかったのでノンビリ見れました
花火はバンバン上がりますよ!湖に写る姿も合わせて楽しめます

5.今回のメインイベント・パジャマミッキー!

キングダムクラブ宿泊者限定で会えるパジャマミッキー。
夕食後に行われる「ベッドタイムストーリー」という読み聞かせの後に登場します(この日は21時10分スタートで、ミッキーは15分後に登場)。
キャストさんが子供たちに本を読んだ後、目隠しをするように伝えると、ミッキーマウスマーチが流れ、ミッキー登場!
パジャマにガウン姿とは、リッチな感じだなぁ。
一緒に写真も撮れますよ!カメラ持参で参りましょう。

この日はライオンキングの読み聞かせ。北京語だったので、全く内容は分からず…。
キャー、ミッキー!まずはお子さんのいるご家庭を優先で、大人だけのグループは後から撮れますのでご安心を

6.お部屋は通常クラスと同様

スイートルームに宿泊すれば別ですが、その他は通常クラスと同様のお部屋と思われます。
ただ、階数は7階なので、眺望は抜群!
ただ、私が泊まったお部屋はパーク側ではなかったので、それが残念…(窓から見えたのはホテルのカンファレンスルームでした)。

というわけで、キングダムクラブについてご紹介しました。
2食と優雅なサービスが受けられてこの価格なら全然ありかと!
次も泊まりたくなる、そんな滞在でした。
次は連泊で泊まりたいな…。

さて次回は、前回8月滞在時には見れなかったパークのショー「太極拳・ウィズ・キャラクター」についてご紹介しますよ。
もう、非常に良かったです、このショー!!!

こちらがラウンジの入口。たくさんキャストさんがいますが、赤ジャケットを着たコンシェルジュさんには特にお世話になりました

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

「【上海パークに行こう】その11 特別感満載!上海ディズニーランドホテル・キングダムクラブ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です