【上海パークに行こう】その10 ラグジュアリー感満載の直営ホテル!上海ディズニーランドホテル

Facebook

先週末、再び上海ディズニーランドに行ってきました。
前回はトイストーリーホテルに宿泊しましたが、今回はもう一つの上海ディズニーランドホテルに宿泊しましたよ。
ラグジュアリー感の高い、素敵なホテルでした。
今回はどんなホテルかご紹介します。

1.上海ディズニーランドホテルとは?

上海ディズニーランドホテルは上海のディズニーホテルの中でも上級クラスのホテル。
客室数はトイストーリーホテルの約半分(400室)ですが、トイストーリーホテルにはないラウンジやレストラン、室内プール、カンファレンスルームなど、高級感のある施設が多いのが特徴です。
今回行ってみて感じましたが、トイストーリーホテルと比較し、とても落ち着いた印象。
内装も、宿泊している人も、キャストさんもです。
中国の方の平均月収を考えたら、ここに泊まれる人はかなりリッチな方だからでしょうか。

チェックイン時にもらったホテル案内図。こちらでは結婚式もできますよ!

高級感のあるホテルですが、東京のディズニーホテルと比較し、価格はそれほど高くはありません。
平日ならば1650元からと、およそ3万3000円で宿泊できる感じです(以降2016年12月時点のレートで計算、宿泊料の他に15%のサービス料が必要)。
ディズニーホテルで最も安いアンバサダーホテルの一番お部屋&安い時期と同じか少し高いぐらいかな。
休前日(土曜日)だと4万5000円ぐらい。
同じくアンバサダーホテルが5万円からなので、そちらと比較すると少し安いですね。
現在円安進行なのでかなり割高ですが、円高になると東京よりもかなり下がると思います。
(私が今回のホテルを予約した時のレートと比較すると、9月の決済時のほうが日本円で7000円ぐらい安かったです…)

パークへは無料シャトルバスに加えて、なんと無料フェリーでも行けます!
というのも、パークとホテルの間には湖があり、ここをフェリーが運行しているんですね。
所要時間は5分ほどですが、優雅な気分を味わえますよ。
また、ホテル側の船着き場はホテルの敷地ではなく「ウィッシングスターパーク」という大型公園で、散策するにも気持ちよさそうです。
(ホテルに入るにはガードマンのいる門をくぐる必要があります、公園開園時はルームキーまたは予約時に送付されるメールが必要)

正面玄関はこちら。パーク行きと地下鉄ディズニー駅行きのシャトルバスはここから出ています

2.お部屋をチェック!

今回宿泊したのは最も客室数の多い通常クラスのお部屋(あとスイートルームが数室あります)。
価格はお部屋の階数と眺望によって変わるシステムです。
ここからは写真でお送りします。

こちらがベッド!何だかプリンセスのお話に登場しそうなベッドです
このベッドの頭上のところ、実はキラキラ光るんです…一度しか光らせることができず、写真は撮れませんでした…
ベッドとベッドの間にある鏡にはミニーちゃんの装飾!これかわいいな
テレビ台にはポットやペットボトルが水が4本、引き出しの中にはコーヒーや紅茶が入っています
ファンタジアミッキーの絵も飾られていました。この絵も素敵だなぁ
エアコンの吹き出し口もミッキーフェイス!さらに上の壁紙もミッキーたちです。凝っているなぁ
机と椅子。後ろに一人がけソファーがありますが、2人で過ごすには少々困りました
ここからは洗面台。右がお風呂、左がトイレで同じところにあります。ここが唯一困ったところだな
こちらがお風呂。そうだ、もう一つ困ったことにシャワーの水圧が弱かった!
トイレは日本のTOTO製。トイストーリーホテルは海外メーカーのものだったので、なんか日本人に優しいすわり心地だった気が
クローゼットにはナイトガウンが。これもトイストーリーホテルにはなかったものです
このスリッパが履き心地抜群!噂に聞いていましたが、確かなフワフワ感でした
最後にカーテンもミッキーフェイス!布団にもミッキーフェイスがあったので、本当に凝っていますな

3.ショップ&レストランをチェック!

ランドホテルにはキャラクターダイニング「ルミエールのキッチン」があります。
今回は利用していませんが、ミッキー、ミニーなどと朝食、夕食時間帯に会えるようですよ。
また高級レストランの「オーロラ」はホテル最上階の8階にあり、眺望も良く、落ち着いたところだそうです(こちらも行けず、コースで一人1万ぐらいからとのこと)。

ホテルのロビー階には気軽に寄れるラウンジ「バッカス・ラウンジ」がありました。
バーのような感じで、夜は多くの席が埋まり、多くの方がお酒を嗜んでいましたよ。
ちょっとお腹が空いた時には隣の「バレエ・カフェ」へ。
パン、スイーツを中心とした軽食が並んでいました。
ここでシーザーサラダを購入しましたが、普通に美味しかったです。
店内に席もありますが、テイクアウトすることも可能ですよ。

バッカス・ラウンジの看板。映画「ファンタジア」に登場するバッカスから取られています
手前の方を撮っているのでこんな感じですが、奥は結構お客さんがいました
バレエ・カフェはかなり空いていたなぁ。遅くまで空いているようなので、小腹が空いた時にどうぞ

グッズはロビー階の「ティンカーベル・ギフト」で購入できます。
パークグッズもありますが、ホテル限定グッズが充実しています。
危うく買ってしまいそうになるグッズ多数…。

ティンカーベル・ギフトの外観。小さいながらも開放感があり、過ごしやすい感じでした

今回は行けませんでしたが、フィットネスクラブや温水プールなど、施設充実!
2泊ぐらいしないと他の施設は堪能できないかな。
次こそは!!

お庭にあるハクナ・マタタオアシスはお子さんたちの楽しい遊び場でした。それ以外にもお子さん向け室内プレイルームもあります

というわけで、今回は上海ディズニーランドホテルの概要をお届けしました。
トイストーリーホテルと比較し、ゆっくり泊まれるのがこのホテルの特徴かと。
ホテルを堪能するだけの滞在も良さそうだなぁと感じました。

そして、次回は、今回私としても初となるパークホテルの上級クラス(コンシェルジュクラス)に宿泊してきました。
上海ディズニーランドホテルの上級クラス「キングダムクラブ」について、どんなサービスを受けられるのか、その舞台となるキングダムクラブラウンジをご紹介します!

そしてこれがロビーに飾られていたクリスマスツリー。なんとモダン!

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

「【上海パークに行こう】その10 ラグジュアリー感満載の直営ホテル!上海ディズニーランドホテル」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です