【香港レポ】パークにも近く香港島で安く滞在したい…を叶えるホテルは?

Facebook

1人で香港パークに行くときは香港市内のホテルに宿泊している私。
これまでの宿泊経験を考えると、パークへ行くのにはトンチョン線の「オリンピック駅」周辺に宿泊するのが便利だという結論に達しています。

◆これまで宿泊したオリンピック駅周辺ホテル(リンク先は日頃お世話になっているTDRナビさん)
ドーセットモンコック香港
シルカ・ウェスト・カオルーン・ホテル
メトロプレイス・オリンピック・ホテル

今回は香港島に宿泊したかったので、トンチョン線の終点であるホンコン駅周辺で探しました。
が、周辺は「フォーシーズンズ」「マンダリン・オリエンタル」など著名で値段の張るホテルばかり!
そんな中、今回宿泊した「ミニホテルセントラル」は比較的駅から近く、お手頃ホテルの部類に入るかと思いますのでご紹介します!

1.こんな方にオススメ

・香港島に宿泊したい
・でもパークへ行きやすいところに泊まりたい
・一人で泊まる
・荷物は少なめ
・お手頃なホテル希望

2.どんなホテルか

ホンコン駅から徒歩10分ぐらいのところで、オシャレな感じのホテル。
ロビーはオシャレソファがたくさん置いてあり、ここでくつろぐ人も多かったです。

オシャレなロビー。結構ここでくつろぐ人が多かったです。自動販売機もここにありますよ

お部屋は白が基調で清潔な印象。
ただ、ビックリなのはトイレとシャワールームがガラス張り…ここが一人で泊まる方にオススメという理由の一つです。

入るとベッド、奥がガラス張りのシャワールームとトイレが…!
トイレと洗面台。かなりコンパクトな構成ですね
シャワールーム。水圧などは問題なしだったけど、バスマットがないので要注意…!
入口付近に鏡台やドライヤーなどが固まっています。スーツケースはベッド下に入れることができますよ

すぐ近くには「ランカイフォン」というナイトスポットがあります。
バーが何店舗もあり、夜になると通りにまでガンガン音楽が流れているようなところ。
欧米系の人が多くいました。
とはいえ、ホテル周辺は静かなのでご安心を。

ホテル入口。周辺は学校や香港記者クラブなどがあり、ランカイフォンが近い割には夜は静かです。

3.注意点

(1)アメニティは多くが有料

歯ブラシをはじめ、スリッパなどは部屋に置いてありません。
必要な場合はロビーの自動販売機で買うことになります。
欧米系の人が多く泊まっていたからでしょうか…。
そのため、必要なアメニティはお忘れなく…。

(2)最短ルートは階段のみ!荷物が多い場合は注意

香港島は歩いて数分で急坂になる地域がほとんど…。
そのため、ホテルへの最短ルートは階段のみになります。
大きなスーツケースを持って来る場合、転がしてこれる坂もありますが、プラス5分ぐらいかかりますのでご注意を…。

ホンコン駅を下車し、A出口へ
駅の入る「IFCビル」をA2出口から出て、突き当たりを右へ進みます
長い通路の突き当たりにビルの入口があるので、入らず右へ
左に降りる階段があるので、ここで降ります。奥にはエレベーターもありますよ
降りたらまっすぐ歩きます。シティバンクを過ぎ…、
マークス&スペンサー前の信号を渡り、さらにまっすぐ歩きますが…、
ここが階段!大きなスーツケースがあると厳しいです…傾斜も厳しいですよ
「PeakTram」はこちら、と書かれたところで左に曲がるのですが…、
また階段が!この階段を登り切ったところがホテルなのであと少し!!

パークのみの場合は九龍半島での宿泊で問題ないと思いますが、香港市内も満喫しようとなると、香港島での宿泊もありかと。
ただ、パークへの交通の便を考えると、トンチョン線ホンコン駅周辺は今回ご紹介したホテルぐらいしかお手頃価格のホテルがありません。
香港島もめぐると楽しいので、宿泊先を検討する際の1つにどうぞ。

香港島に行くと体験できることとして、市場の中を走る2階建トラムとか…
バスで3,40分ほどのところにある「スタンレー」は南部の落ち着いた海岸沿いの町です
スタンレーマーケットで花文字を書いてもらいました。私とうちの相方の名前を。
香港のファミレス?「チャーチャンテン」に行くのもありですね
香港ならではの濃いミルクティーと香港のソウルフード「出前一丁」を使った麺料理を食べましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です