【香港レポ】生歌×アクロバットで堪能!ライオンキングのミュージカルショー

Facebook

みなさん、ディズニー映画「ライオンキング」を見たことはありますか?
映画を見たよという人もいれば、DVDなどで後日見たという人もいれば、劇団四季が行なっているミュージカルで見た、という人もいるかもしれませんね。
私は…例のごとく動画が苦手なので、絵本やウィキペディアで概要を把握しております(爆)。

香港ディズニーランドでは、そのライオンキングをショーで楽しむことができます。
30分という短い時間ですが、見所はきちんと押さえられており、十分楽しめますよ。
しかも、生ならではの迫力も!

今回はこのショー「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」の魅力をご紹介します。

1.「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」とは

・映画「ライオンキング」のストーリーに沿ったミュージカルショー
・歌、ダンス、アクロバットなどでライオンキングの世界観を表現
・所要時間は30分、1日4回程度開催(なお、たいていスタートが遅れるため、通常5分ほど遅れて終了するので注意)
・会場は広く、基本的に満席で入れないということはないと思われるが、前方のよい席で見たい場合は20〜30分前には会場で並んでおくこと
・会場は暗くなり、恐ろしい場面もあるので、怖がりのお子さんは注意

円形劇場で、どこで見ても同じように楽しめますよ

2.「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」の魅力

(1)ショーには欠かせない!生歌を堪能

このショーはメイン(主役級)のダンサーさんが生歌で映画でも使われる数々のテーマソングを披露します。
みなさんも聞いたことがあるという歌が多いはず!
ぜひ楽しみに聞いてくださいね。

歌い手によってショーの印象が変わってくるのもまた魅力です。2デーパスポートで入園されるなら日を変えて見るのもおススメです

(2)そう来るか!なアクロバットなどにびっくり

このショーではアクロバットや特殊効果を使った演出が所々に登場します。
特にショー後半は見所がいっぱい!
見逃さないようにね。

(3)巨大な動物たちにびっくり!?

ライオンキングはサバンナのストーリーなので、キリンや象などの大型動物も登場!
お子さんたち、ビックリしないでね。

(4)ダンサーさんたちとハイタッチ

前方席や通路側の席に座っていると、運が良ければダンサーさんがそばを通り、ハイタッチすることができます。
これが案外嬉しいんですよ〜ぜひダンサーさんとハイタッチしましょう。

不定期ですが、私が「リズムおじさん」と呼んでいるアトモスフィア(ミニショー)の方々が開始前に盛り上げてくれることも。これもまた楽しい!

(5)ライオンキングのストーリーを把握していれば言葉が分からなくても大丈夫

香港パークの他のショーは広東語メインで進行するのですが、このショーのみ英語メインで進行します。
広東語の発音に苦戦する私としては、英語の方が助かる…。
…じゃあ英語が分からないといけないのか、ということもありませんよ。
見ていれば大体どんな内容なのか分かりますからね。
語学に自信がない方は、事前にライオンキングのストーリーを把握しておきましょう。

3.それでは、動画を見てみよう!

ポイントを押さえたところで、動画を見てみましょう。
どんなストーリーかな?お楽しみに〜。

なお、撮影場所は最前列?のように見えますが、前は車椅子席で、私の見た回ではいらっしゃらなかったため、実質最前列となっています。

というわけで、今回は香港ディズニーランドのショー「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」をご紹介しました。
動画だけでもかなりの迫力を感じていただけたのでは?
これは生で見ていただきたいので、気に入った方はぜひ香港ディズニーランドへ見に行きましょう〜。

迫力を感じるなら是非前方席で!おススメですよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です