【上海レポ】ジャック・スパロウ登場のスタントショーはどんな感じ?

Facebook

上海ディズニーランドには海賊たちをテーマにしたエリア「トレジャー・コーブ」があります。
ここには「パイレーツ・オブ・カリビアン」のアトラクションに加え、ショー施設もあります。
そのショーの名は、

「アイ・オブ・ザ・ストーム〜キャプテン・ジャック・スタント・スペクタキュラー」

といいます。長っ!(笑)
パイレーツ・オブ・カリビアンの映画を見ていなくても楽しめるスタントショーです(見ておいた方がより楽しめるかと)。
今回はこちらがどんなショーかご紹介します。

1.アイ・オブ・ザ・ストーム〜キャプテン・ジャック・スタント・スペクタキュラーとは?

海賊をテーマにしたエリア「トレジャー・コーブ」で行われているショーで、ジャック・スパロウを主人公に海賊たちと海軍将校との戦いをスタントを交えて描いているものです。
スタントショーですが、コメディ要素もあり、そこかしこでクスッとなるシーンがありますよ。

本ショーの特徴としては二部形式になっていること。
前半は立ってプレショーを見、後半は席について本格的にショーを見ることになります。
プレショー終了後移動すると、すでに前方では後半のショーがスタートしている…という感じで進んでいきます。

場所は「トレジャー・コーブ」の「エル・トリート・ファンダーゴ」というシアターです。
1日10回程度行われており、他のアトラクションなどの合間を縫って行くのが良いかと。
ただ、上海ディズニーランド内はかなり広いので、奥の方からだとかなり移動時間がかかりますよ。
時間には余裕を持って移動しましょう。
所要時間は前後半合わせて30分間です。

場所はこちら。エントランスから早足で10分、そうでない場合は15分ほどかかりますよ

2.ショー内容をご紹介!

通常は写真でご紹介し、最後に動画をご紹介するのですが、今回はいきなり動画を見ていただいたほうがいいかと思います。
というのも、このショーは全編会話が中国語…!
何をしているのかは動きで分かりますが、そうでない部分は何となくでしか分からないという…!
特にプレショーはサクッと見るぐらいになってしまうかと思います。

プレショー

本編

3.注意点

(1)混雑時は早い段階で定員に達してしまう?

特に混雑した土日の午後は20分前ぐらいには定員に達してしまうことも…私も何度か入れなかったことがありました。
どうしてもこの回しか見れないという場合は、30分前に行っておくと安心です。

逆に朝イチや最終回に近い時間は直前でも入れることが。
混雑状況に応じて柔軟に変えていきましょう。

後半の舞台。オープニング時は幕が降りていますが、しかるべき時に開いて…
ステージが現れます。どんなスタントが観れるかは現地で見たほうがいいかな?

(2)中国語スキルがないと…!

本ショーは上でもお話しした通り、全編中国語です。
コメディ要素もあるのですが、会話のみで笑いが起こるところは何が起きたのか分からず…周りの中国人のみなさんは爆笑しているので、中国語ジョークかもしれません。

プレショーは前方の通路をうまく活用して行われます。が、こここそ中国語が分からないと理解が…!

中国語オンリーというところが外国人にはハードルが高い…でも東京のパークに来た外国人のみなさんも同じことを思うのかな?と感じた瞬間でした。
スタントは結構凝っているので、1度見てみると良いかと。
うまく予定を調整しながら見に行きましょう!

迫力を味わうならやはり前方で見るのがオススメ。その場合は、早めに列に並びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です