「ディズニー」カテゴリーアーカイブ

【舞浜に行こう】準備編(5) どう手に入れる?パスポート

Facebook

入園するためには必ず必要になるパスポート。
バケーションパッケージのようにパスポートが付いて来る場合は問題ないですが、そうでない場合はなんらかの方法で手に入れる必要があります。
パターンは二つ。
「確実に入園できるものを手に入れる」か「できるだけ安く手に入れる」かに分かれるでしょう。

1.確実に入園できるものを手に入れる
(1)オンラインストアで購入する
いつでもどこでも購入でき、しかも日付指定も可能。
平日18時から入園可能なアフター6パスポート、土日祝日15時から入園可能なスターライトパスポートも購入可能です。
問題はチケットをプリントアウトしないといけないこと…ご自宅にプリンターはありますか?

(2)ディズニーストアに行って日付指定券を購入する
当日窓口で引き換え不要な本券でもらえます。
ここなら、ご自宅にプリンターがない方でも問題なく購入可能ですね。
問題はディズニーストアが近隣にない方…!!

日付指定しておくことで、例えば遠方にお住まいの方でパーク到着が午後になるという場合、入場制限していても問題なく入園できます。
三連休や長期休暇期間などに行かれる方はぜひ活用しましょう。
どちらも2ヶ月前の同日から発売しているので、完売しないうちに早めに購入するのが吉です。

2.できるだけ安く手に入れたい
(1)福利厚生を活用する
「マジックキングダムクラブ」など、勤務先の福利厚生で割引になるチケットをお持ちならぜひ活用しましょう。

(2)金券ショップで購入する
割引幅は低いですが、金券ショップで購入するというのも一手です。
誰でも購入可能ですし。

(3)学生ならキャンパスデーパスポート
冬場〜卒業旅行シーズンに毎年発売されているキャンパスデーパスポート。
コンビニでも購入できるので便利ですね。

(4)見逃すな!地域限定割引
関東在住だと、平日限定でパスポートが安くなるキャンペーンを以前行っていました。
また、「⚪︎⚪︎県民の日」に合わせてパスポートが安くなることもあります(最近はあまり実施されていないかな)。
ぜひお住まいの地域のお店や駅に張られるポスターを注意して見てみてください。

(5)ファンダフル・ディズニーに入会する
東京ディズニーリゾート公式ファンクラブであるファンダフル・ディズニー。
年会費が3240円(税込)かかりますが、パスポートが年3回まで割引購入(2016年1月現在大人500円引き)できます。
1回6人まで購入可能なので、例えば年2回大人4人で行けば元が取れる計算です。

(6)その他にもこんな割引
私の母がコープかながわに加入しているのですが、コープかながわでも特別割引キャンペーンを行っていることがありました。
(行くときには母に買ってきてもらっていました)
身近なところでキャンペーンを行っていることもあるので、注意してみてください。

※注意!2016年10月からのルール
2016年10月より、指定日に入園する場合、日付指定されている券もしくは当日窓口発売されるパスポート以外での入園ができなくなるルールがスタートします。
(例外:年間パスポートとオリエンタルランド株主用パスポート)
日付指定されていないパスポートでは入園できなくなってしまいますのでご注意ください。
第一弾として、2016年10月から12月までの土日祝日に適用されることが発表になっています。

確実に入手するか、できるだけ安く入手するか、いくつか方法はあります。
うまく活用して、賢くパークで遊びたいですね。

さて、次は持ち物!
えっ、持ち物…遠足じゃあるまいし。
何の話かというと、パークへ持っていくと便利なもののご紹介です。

【舞浜に行こう】準備編(4) とはいえ便利なバケーションパッケージの魅力

Facebook

ホテル+パスポートの組み合わせと比較すると、やはり割高に感じるバケーションパッケージ。
でも、バケーションパッケージならではのよいところもたくさんあります。
予算が許せば、ぜひ利用したいもの。
今回はそのバケーションパッケージの魅力についてご紹介します。

1.時間指定なしファストパス
バケーションパッケージといえばこれ、ともいうべき便利なファストパス。
時間指定がないので、予定に合わせて自由に利用できます。
プランによっては枚数の多いプランもあるので、予定に合わせて選んでくださいね。
アトラクション大好きな方にはファストパスが発見できなくなる午後以降の利用が効率的でよいかもしれませんね。

ただ気をつけなければいけないのは、プランによって利用可能なアトラクションが異なること。
特に両パーク通しての一番人気・「トイ・ストーリーマニア!」で利用できるファストパスがついたプランは少ないようです。
ディズニーホテル宿泊者の方は15分前入園をフル活用しましょう。

2.初日から自由に行き来できるパスポート
一つのパークにじっくり滞在する場合、あまりメリットのないように思えるこの特典。
場合によっては力を発揮します。

例えば…、
「1泊2日で遊びにきました。
初日はシーにいるのですが、明日は夕方には舞浜を出ないといけないので、夜のショーはどちらか一方。
ランドのエレクトリカルパレードが見たいんだけど…。」
というときには威力を発揮しますね。
また2泊3日の滞在で、3日目は気に入ったアトラクションがどちらのパークにもあって両方乗りたい、というときにも使えます。

3.人気のショーの場所取り不要!
お子さんの運動会の場所取りで何時間も待つ!
それはうんざり…というお父さん方は多いことでしょう。
パークのショーも良席で見る場合、2,3時間は待つことはザラ…。
子どもたちはアトラクションで遊んでいるのに、自分だけ場所取りというのも嫌ではありませんか?
プランによってはショー鑑賞券もついているので、その心配も不要!
たっぷり遊んで、開始時間が近くなったら指定の鑑賞場所へ向かいましょう。
雨天中止になった場合は、ファストパスチケットとしても使えるので無駄がありませんね。

4.レストランも!特にお得なのはショーレストラン
バケーションパッケージには、プランによって食事券がついてきます。
予約不要で好きな時間に食べられるレストランもあれば、両パーク1の高級レストラン・シーの「マゼランズ」まで、様々なところの食事券がついてくるので、目的に合わせてプランを選びましょう。
特にお得なのは、ランドの「ショーレストラン」と言われるところ。
ランチ・ディナー合わせて4つのショーが開催され、食事しながら見ることができます。
しかもバケーションパッケージにはたいていS席が充てられます。
一般予約でS席を確保するのはかなり至難の技なので、ショーレストランでの食事付きプランの場合は有効活用しましょう。
S席なので、キャラクターも近いですよ〜。
ただ、どのショーも上演時間に対して食事の時間が短い…牛が草をはむようなスピードで食事する方はご注意ください。

5.ホテルが満室!でもバケーションパッケージなら…
前回も触れたように、ホテルのみ予約しようとする場合、人気の部屋を予約するのは至難の技…。
ただ、泊まれないと諦めないで!
バケーションパッケージなら希望のお部屋も空いている可能性があるからです。
少々価格が上がりますが、どうしても泊まりたいお部屋がある場合は検討の余地ありです。

例えば、私がこれを執筆する数時間前、GW明けの2016年5月14日(土)のミラコスタの予約状況を見てきました。
ホテルのみ:空きはスイートルーム(1室25万から!)のみ
バケーションパッケージ:ランクが一番下で割安な「トスカーナサイド」および眺めのよい人気の「ハーバーサイド」で空きあり(プランは「シー15周年&ディズニーイースター満喫プラン」の場合)
シーの海を眺められるお部屋は大変人気!
こういうお部屋をそこまで苦労せずに予約できるのは、バケーションパッケージのほうが楽ですね。

他にも、ソフトドリンクが滞在中無料で飲めるチケットや非売品グッズがもらえるチケットなど、様々な特典があります。
特にパーク初心者の方には大変便利かと思いますので、賢くご利用ください。

さて、次は宿泊するしないにかかわらず、すべての人に関係するパスポート購入方法です。

【舞浜に行こう】準備編(3) ディズニーホテルに泊まるならホテルのみ予約するのがよいわけ

Facebook

前回、ディズニーホテルに泊まるなら、バケーションパッケージもあるけれどホテルのみ予約するのがよいですよ、という話をしました。
では、なぜホテルのみ予約するのがよいのか?今日はそんなお話をします。
大きく3つありますよ!

1.時間の融通が利く
例えば、交通の都合で、舞浜への到着が午後になる場合。
例えば、最終日は交通の都合で午前中に舞浜を出なければならない場合。
バケーションパッケージで宿泊すると、滞在期間中はパスポートが付いてきてしまいます。
それはもったいない!
無駄にしないためにもホテルのみ予約するのがいいですね。
入場制限になってもパークに入れるのかは気になるところですが、ディズニーホテル宿泊者は入園が保証されているので入園直前でパスポートを購入可能ですよ。
小さいお子さんがいると、予定も変わることが多いかと思うので安心ですね。

2.ホテル滞在を楽しむ
パークで満喫して遊び、ホテルでは寝るだけ…。
これはもったいない!!
どのディズニーホテルも特徴があり、とても楽しめるところなので、到着日もしくは最終日はパークに行かず、ホテル滞在を楽しむのがオススメです。

特に面白いのはレストラン。
アンバサダーホテルなら、シェフミッキーのようなキャラクターダイニングでパークに入らずともキャラクターと楽しい時間を過ごせる
ミラコスタなら、時間が合えばパークに入らずともハーバーのショーを鑑賞できる
ランドホテルはキャラクターが出てきたりショーが鑑賞できたりしないけれど、美食やランドの雰囲気を感じられる
それそれのホテルで各パークのスペシャルイベントをモチーフとしたメニューが登場するので、それらを楽しむのもいいですね。
各ホテルのレストランは数千円のメニューが多いですが、ラウンジならそれほど値が張らずに食事をすることができますよ。

また、アンバサダーホテルやミラコスタは結婚式が行われており、特にアンバサダーなら土日を中心に結婚式を見れる可能性がありますよ。
お祝いの瞬間に立ち会えるのは嬉しいものですね。

3.バケーションパッケージより割安になる
ファストパス券などがついてきて便利なバケーションパッケージですが、その分割高なのは否めません。
ディズニーホテルに泊まりたい、でも少し費用は押さえたい…という場合はホテルのみ予約するのがよいでしょう。

ホテルのみ予約の場合の注意点

ただ、ホテルのみ予約する場合、ちょっとした問題も…。
6ヶ月前から予約開始なのですが、特に土曜や長期休暇期間はすぐに予約が埋まってしまうこと。
予約開始時刻の前からPC・スマホの前でスタンバイしていないといけないというわけです。
特に宿泊が土曜日の場合は要注意。
ただ、2016年4月より予約時に申込金が必要になることもあり、何日も抑えのため予約する人は減ったように思います。
それでも、特に人気のミラコスタは(土曜日の場合)スイートルーム以外満室が続いているようなので、早めに動くことに越したことはありません。
そういう意味では、同じ日にちでバケーションパッケージなら空いていることもあるので、どうしても希望のホテルがある場合はバケーションパッケージも見てみましょう。

今回はホテルのみ予約の場合に焦点を当てましたが、とはいえバケーションパッケージは便利!
なので、バケーションパッケージの良いところを次回はご紹介します。