【舞浜レポ】ついに復活!東京ディズニーランドの「トムソーヤ島」へ行こう

Facebook

コロナの休園から徐々にアトラクションなどが復活してきた東京ディズニーランド・ディズニーシー。

しかし、全てのアトラクションが復活するまでには時間がかかり、202111月にようやく最後のアトラクションが復活しました。

(ショー系アトラクションが一部まだですが)

それはランドの「トムソーヤ島」、シーの「アリエルのプレイグラウンド」です。

どちらもエリア内で子どもなどが遊べるところで、ソーシャルディスタンスの観点からずっと閉鎖されていました。

が、今回一部エリアは入場不可として復活することになりましたよ。

さぁ、どこまで遊べるようになったのか?

今回はランドのトムソーヤ島およびトムソーヤ島へ渡る「トムソーヤ島いかだ」の2つについて現状をご紹介します。

(2017年にご紹介したトムソーヤ島の様子はこちら)

1.トムソーヤ島とは?

東京ディズニーランドのウェスタンランドにある「トムソーヤ島」。

アメリカ河に浮かぶ島で、「トムソーヤの冒険」のごとく、子どもたちが元気に遊び回れるような施設がたくさんあるところです。

島に渡るには「トムソーヤ島いかだ」に乗って向かいますよ。

なお、島に渡れるのは日中のみ。

特にこの季節は日が短いので、渡れる時間は特に短くなります。

「キャンプ・ウッドチャック」手前にあるいかだの乗り場からトムソーヤ島に渡れる時間は私が行ったときで10:0015:45

かなり短いので行きたい場合はお早めに

2.トムソーヤ島いかだに乗ろう

トムソーヤ島いかだは所要時間1分ほどで渡れるもの。

今は115人ほどを乗せてトムソーヤ島といかだ乗り場を往復しています。

いかだにソーシャルディスタンスの枠や立つ場所の目安になる点は用意されていませんが、みなさん周りと感覚を開けながら乗っていました。

ちなみに私が行った14:45頃で5分待ち。

乗り場に行ったら、ちょうど次の回でと言われて少し待ちました。

だいたい5分間隔で運行しているようです。

3.今、トムソーヤ島で入れないところは

202112月時点でトムソーヤ島内で入れない箇所は以下の2箇所。

・サムクレメンズ砦の一部

・岩山の一部

入れない箇所は室内部分がある程度の距離になり換気が難しいところ、と言った感じです。

トムソーヤ島のスプラッシュマウンテン側にある水車小屋は換気ができるからか普通に入れたので、室内でも換気が容易なところは問題なく入れるという感じかと。

また、コロナ前にはあったトムソーヤ島地図の配布もなくなっていました。

以下では地図と写真でご紹介します。

東京ディズニーランドガイドマップより、トムソーヤ島全体図。63番がいかだ乗り場で、いかだはトムソーヤ島のAEDマークのところに到着します。ここから時計回りで私は移動しました
いかだに乗ってトムソーヤ島へ。島から戻るいかだとすれ違い中(逆光でごめんなさい…)
いかだ乗り場から進むと樽の橋が。私、この橋で酔うことをすっかり失念…渡った後に酔いました(かなり揺れる)。ちなみにここからはダッフィーとともにお届けします
橋を渡ると岩山が。入れないようになっており、警備のキャストさんが近くに立っていました
続いてサムクレメンズ砦へ!
砦の中は入れなくなっていましたが…
ここには昔キャンティーンというカウンタータイプのレストランがありましたが、今は自動販売機に。あとトイレも利用可能です
さらに奥に進むとインディアン居住地が。一部は入れるようです
岩山のうち、屋外になっているところは歩けます。お子さんの格好の遊び場になってました
スプラッシュマウンテン側にある水車小屋。屋内ですが、こちらは入れます
ツリーハウスも登れます!上へと進むと…
12月上旬ということもあり、まだ紅葉が!
こちらは吊り橋。ここを渡って帰りのいかだ乗り場へと戻りました

一番通って楽しいところ(サムクレメンズ砦)が入れなくなっているのは致し方ないところムムム。

でもお子さんたちは遊べるところで元気に走り回っていました。

元気なお子さんのパワーを発散させるにはこういうところが一番なのかもしれません

ちなみに所要時間は、トムソーヤ島内を歩いていかだで往復して計40分ぐらいで戻ってきました(いかだの待ち時間含む)

大人が歩いても島内を歩くだけで、 季節を感じる散策にもなりますよ!

自然を感じるいい時間になりました。歩いて体もリフレッシュ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。