Let's 村祭り!

Facebook

「村」ですよ、村。
関東人の私は、普段村に接する機会がない!
(注:神奈川県にも「清川村」という村があります)
それがこのたび村でよさこいがあると聞いては、行ってみたくなるのが性!
というわけで、初潜入。
長野県白馬村の「YOSAKOI・花・白馬」に行ってきました!
そもそも避暑地・白馬でよさこいが行われていることにびっくりです。
それも今年7回目!
白馬駅に到着すると…、駅前のロータリーでお祭りの準備中。
今回の会場は駅のロータリーなんです。
この段階では、どのようにお祭りが開催されるのかまだよく分からず。
夕方になり、いよいよお祭り開始!
よさこい…は始まらず、まずは地元中高生の吹奏楽演奏。
次は…地元の太鼓。
次こそ…盆踊り。
なぜかチームのみなさんも、観客のみなさんも輪になって踊りだす!
やぐらはなく、即席ステージで地元出身の演歌歌手の方が歌う中、白馬の盆踊りと炭坑節をみんなで踊りました(注:私は踊ってない)。
盆踊りの後こそは…バンド演奏。
まだかいな、引っ張るなぁ。
ようやくよさこいがはじまったのは、開始から約2時間後でした。
始まったとたんに会場周辺にいたみなさんがきゅきゅっとステージに吸い寄せられる!
すごい…白馬のみなさんは熱心ですね。
子どもたちのチームが多いので、お子さんの応援にいらしている方も多いのでしょうが、そのみなさんも、すべてのステージが終了するまで離れません。
チームも13チームと少なく、演舞時間も1時間少々なのもあるかもしれませんが。
特に信州大の「和っしょい」のみなさんの演舞の時には終了後、大声援が送られていました。
よさこいの審査発表までの間も、
・太鼓
・盆踊り
・歌謡ショー
と盛りだくさん。
商工会(たぶん)が出している露店も大賑わいで、すっかり村のみなさんの社交場と化していました。
観光地なので、普段夜遅くに(外で)こんな騒がしいことはないのでしょうね。
なんと、のどかな村祭りという感じです。
最後の審査発表まで終了したのは22時半。
そのころにはさすがに人は減っていましたが、まだまだ大変な賑わいでした。
駅前のお土産物屋さんもお祭り終了まで開けておく気遣いが素晴らしいです。
すっかり村のパワーを思い知らされた4時間半となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です