やはり計算しないと気がすまないか

Facebook

先日、朝霞の彩夏祭こと「関八州よさこいフェスタ」の参加チームとタイムスケジュールが発表になりました。
今年は全部で76チームが参加(昨年は67チーム)。
昨年よりおよそチーム数1割増ですかね。
そのうち朝霞のチームは49チーム!
昨年は46チームですから…また増えたか。
そんな恐るべし鳴子大国朝霞。
ここ2,3年計算している朝霞のよさこい人口を今年も計算してみようと思います。
始めに断っておきますが、チームには朝霞市外の方も参加されている可能性が多分にあるかと思いますが、それは無視します。
それを考慮すると大変なことになるので…。
彩夏祭のHPに掲載されている参加チーム欄に各チームの人数も掲載されています。
これをエクセルにコピーして、スパッと計算。
49チームで3,889人の方が参加されます。
朝霞市のHPによると、5月1日現在の朝霞市の人口は126,632人
3,889÷126,632×100=3.07…
全朝霞市民のうち、およそ3.07%の方が彩夏祭の「関八州よさこいフェスタ」に参加されている計算になります。
ちなみに昨年計算した時には3.01%でした。
昨年は2チーム参加人数が不明だったので、それを考慮するとほぼ同じか、もしくは若干割合としては少ないぐらいかと思われます。
朝霞の人口はこの1年間で1,000人ほど増えているので、大体そんな感じでしょう。
以前、saruhikoさんに教えていただいた高知のよさこい人口は4.5%。
ちょっと古いので、今年はちゃんとデータを入手して再計算してみたいと思います。
が、それにしても朝霞のよさこい人口は高いですね!

Post Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です