SUMMYの読書記録(2):積極的に楽しく生きる

Facebook

私の読書記録とオススメポイントをご紹介する本連載、今回は私よりも上の世代かつ男性には結構知られている?この方の本です。

1.中村天風「運命を拓く」

戦前〜戦後思想家として活躍した中村天風。
「心身統一法」という独自の理論を編み出し、政財界の大物を中心に支持を受けた人です。
中村天風の名前自体は知っていましたが、ある人にこの本を勧められ、興味を持ったので読むことにしました。

2.本書のポイント

本書で天風は「積極的に生きる」ことについて、あらゆる角度から説明しています。
特に心を積極的にして生きることや、苦しい中にあっても楽しいことを見出すことなど。
それ自体は知っていると言いがちなことをとにかく何度も述べています。
それは日々の仕事に流されて忘却することが多い私たちに向けて述べているのかな?と思うぐらいです。
でもそれぐらい何度も強調をしないと人の心は変容しないのだろうなぁ。
この本を一通り読むことが心の変容への第一歩となりそうです。

個人的には、
「晴れてもよし、曇りでもよし、富士の山」
「真善美」
が本書で気になる言葉だったかな。
自分としては、前向きに、楽しく生きるところを重点にしているつもりですが…。
どうしても日々の生活では怒りや悲しみなどに目が行きがちになってしまう自分自身への戒めになった書かと。
自分がご機嫌に生きることの大切さを改めて実感しました。

ちょっと頑固なおじいちゃんの説教っぽい感じはあるけど(爆)、上記を押さえれば読みやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です