【香港レポ】香港ディズニーランド2度目の再開!注意点は…?

Facebook

いよいよ9/25より香港ディズニーランドがコロナ後2度目の再開となります。

今回は前回とちょっと異なることが

日本からはまだ行けませんが、9/25以降の入園状況について香港ディズニーランドのプレスリリースや公式サイトをもとにまとめます。

1.入場の概要

9/25()から再開の香港ディズニーランド。

コロナ後1度目の再開となった202067月のときと異なるのは、毎週火・木曜日が休園となることです(祝日および特定日は開園することも)

5日開園というのはこれまでのディズニーパークにはなかったものかもしれませんね。

そして入園には事前予約が必須となります。

予約方法は一般の方と年間パスポート保持者で異なるので、以下でご紹介していきます。

2.入園方法

(1)一般の方

一般の予約は9/23()12時から公式ウェブサイトにてスタート。

7日後までの入園予約が可能です。

事前に購入済チケットなどが必要になります。

(2)年間パスポート(マジックアクセス)保持者

年間パスポート保持者は一般の方より1日早い9/22()より先行スタート中。

8日後までの入園予約が可能です。

また、年間パスポート保持者と一緒に一般の方が入園する場合は、一緒に予約が可能です。

(入園は同時が条件)

なお、一般の方の予約人数は年間パスポート種別により異なります。

シルバーおよびゴールドカード:本人を除く4人まで

プラチナカード:本人を除く5人まで

3.パークの楽しみ方は

ソーシャルディスタンスをとって楽しむように工夫がされているようです。

以下のプレスリリースの写真を見る限り安心して楽しめそうかな?

香港ディズニーランドプレスリリースより香港ディズニーランドのコロナ対策。シアター系アトラクションも席の間隔を開けるなど対策が取られているようです

また、キャラクターグリーティングも再開するようですが、セルフィーで撮る形に変更となっています。

世界的にグリーティングが再開しているところはセルフィーになっているので、これは当面の流れになるのかな。

同じく香港ディズニーランドプレスリリースより。キャラクターと2mぐらい離れてセルフィーかな?

そして個人的に気になるショーは当面休止になるようです。

(休止スケジュールに「フェスティバル・オブ・ライオンキング」「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」が…)

なお、香港ディズニーランドのリニューアルしたお城「Castle of Magical Dreams」のオープン、および香港ディズニーランド15周年記念イベントは2020年末に延期となるようです。

写真を見る限り工事の囲いは取れているので、外観はすでに完成している様子。

香港ディズニーランドInstagramより。かなり緑が映える、きれいなお城ですね!

4.年間パスポート(マジックアクセス)の有効期限延長について

年間パスポートの有効期限は券種にかかわらず、110日延長されることになりました。

これは当面の間週5日開園となる分も含めた日数延長とのこと(7月からの再休園期間は70日程度)

ということは、祝日や特定日の開園なども鑑みると、20213月までは週5日開園なのかもしれませんね。

香港政府からのテーマパーク営業制限は18日より解除されていましたが、運営状況の調整からかそれより1週間遅れての再開となりました。

(同じく香港のテーマパーク・オーシャンパークは18日に再開)

1回目の営業再開のときとの大きな違いはやはり週5日開園でしょう。

なぜ水曜日は営業なのかよく分かりませんが(パーク、水曜日かなり空いていると思うけど…)、それで運営効率が良くなって営業に負担がかからないなら受け入れるほかないかな。

こうなると、次は日本からの観光客入国可能時期が気になりますね。

来年には行けるようになりますように

何と言っても今年は香港ディズニーランド15周年記念イヤー。なんとしても祝いに行きたいぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です