【舞浜レポ】ワゴンじゃない!?新エリアにポップコーン専門店がオープン

Facebook

東京ディズニーランドの新エリアはレストランは1カ所しかありませんが、ワゴンはいくつかあります。

ただ、その中でも異彩を放っているお店が。

それが「ビッグポップ」というお店です。

ここは舞浜パーク初の「ポップコーン専門店」。

えっ、専門店ってどういうこと!?

今回はこちらをご紹介します。

1.ビッグポップとは?

東京ディズニーランドの新エリア、トゥモローランドにオープンしたのが「ビッグポップ」です。

ここはワゴンではなく専門店というのが最大の特徴。

何が違うのかというと、

・通常のポップコーンワゴンの数倍の大きさの大型店舗

・複数のフレーバー、ポップコーンバケットの取り扱い

・ここのみの特別な大きめコーンで製造

というのが異なる点です。

場所は「ベイマックスのハッピーライド」の左隣。

お店自体もかなり目立ちますよ。

なお、202010月時点で、レストラン予約が必要となります(当日行っても並べません)

事前に予約をするのをお忘れずに。

2.店内はどんなところ?

店内はトゥモローランドという場所柄、宇宙っぽい内外装ですが、所々にポップコーンの要素が散りばめられています。

写真でご覧ください。

外からポップコーンを作っている様子を見れます。ちなみに売り場とは完全に分離しており、さながらキッチンといったところ
ちょっと見づらいですが、天井のライトはポップコーン型!流石ポップコーン専門店…!
店内からも製造の様子が見れます。ライブキッチン感が…!
キッチンの隣に販売カウンターが。ポップコーンバケットが後ろに並んでおり…
カウンターの下からポップコーンを取り出します!パークでは新しい…!

3.どんなポップコーンを扱っているの?

ポップコーンはいわゆる「グルメポップコーン」と言われる高級ポップコーンと同じ種類のものを使っているのが大きな特徴です。

パークで通常販売されているものより少し大きめです。

そしてフレーバーは、

・クッキークリーム

・ストロベリーミルク

・キャラメル&チーズ

3種類あります。

いずれもこの店舗限定のフレーバーです。

なお、ポップコーンの価格は少し高めで、紙のレギュラータイプで500(通常ワゴンでは400)となるのでご注意を。

フレーバーはこちら。正しくは「BBポップコーン」という名前なんですね

また、ポップコーンバケットは新エリア記念の美女と野獣およびベイマックスのものに加え、トイストーリーやプーさんという4種類のポップコーンバケットを取り扱っています。

これまで1ワゴン1種類のバケットしか扱ってなかったので、このフレーバーが欲しいけどポップコーンバケットは違うのが欲しいという場合には選択肢が広がりそうです。

ここで取り扱っているポップコーンバケット。ちなみに美女と野獣のバケットは光ります!

我が家は3種類全てのポップコーンを購入しました。

グルメポップコーンメーカー(ギャレットポップコーンなど)のはアメリカのものということもありちょっと味が濃い目ですが、パークのは日本人の味覚に合わせて食べやすくなっているのが大きな特徴かと。

私はクッキークリームが一番気に入ったかな。

ただ、現状レストラン予約をして行かないとならないというのがネックサクッと買えるのがいいんだけどなぁ。

(お陰で列は短めで買えるのですが)

もう少し落ち着いたらレストラン予約も不要になるかと思うので、そうしたらぜひ。

レギュラータイプも専用デザインのケースに。でもしけりやすいので早めに食べるかジップロックへ…!

Post Author: summy

ディズニー、よさこい、見切れ写真など、ともかく何でも面白がってやっちゃうSummyのブログです。 次はこんなことも、あんなことも?!と面白がってご覧ください。 Let's Fun to the WORLD!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です