summy のすべての投稿

ディズニー、よさこい、見切れ写真など、ともかく何でも面白がってやっちゃうSummyのブログです。 次はこんなことも、あんなことも?!と面白がってご覧ください。 Let's Fun to the WORLD!!!!!

【WDWへの道36】パーク内で野菜を育ててる!?「リビング・ウィズ・ザ・ランド」

Facebook

ウォルトディズニーワールド(WDW)のエプコットはキャーキャー楽しむアトラクションだけでなく、ちょっとためになるようなアトラクションが多いのも特徴です。
各国の文化や食に触れられる「ワールドショーケース」をはじめ、ミニ水族館のある「SEAS館」など、日本のディズニーパークとは違った感じがあります。

今回ご紹介する「リビング・ウィズ・ザ・ランド」もその中のうちの1つ。
なんと、パーク内で野菜を育てているというアトラクションで、その様子を見学しに行こうというものなんです。
えっ、どういうこと!?
何だか気になりますね。
具体的にご紹介しますよ!

1.「リビング・ウィズ・ザ・ランド」とは?

エプコットの「フューチャーワールド」内ランド館にあるのが「リビング・ウィズ・ザ・ランド」。
同じ建物には世界中を旅できる人気アトラクションの「ソアリン」や先日ご紹介したキャラクターダイニング「ガーデングリル・レストラン」などがあります。

ここでは植物栽培の歴史とエプコットで栽培している植物などをボートに乗って見学できます。
いわゆる娯楽的なアトラクションとは異なりますが、栽培しているものもお国柄が出るなぁというところを見学できたりしますよ。

2.さぁ、アトラクションに乗って見学!

このアトラクションは20人乗りぐらいのボートに乗って進んでいきます。
まずは植物栽培の歴史を振り返り、その後畑へ突入!
育てているものの様子や日本との違いを見ながら乗ると面白いですよ。
ここからは写真でご紹介します。

出発直後、いきなりジャングルっぽいところに入っていきます…
冒頭は栽培の歴史ということで、アメリカの古き良き農家が登場。
ちなみに冒頭部分は「ガーデングリル・レストラン」から覗くことができます!
いよいよ栽培の様子を見にいきます!こんなものがあるよ、というパネルを見て…
いよいよ温室に突入!
これは「ひだうり(溝付きかぼちゃ)」。西アフリカ原産だそうで、日本では見ない形ですね
ドラゴンフルーツもこんな風になるんですね。見た目サボテンだなぁ。
続いて赤いトンネルに突入…
なんと養殖のいけすに突入!「ティラピア」というお魚らしい…植物だけじゃないとは
再び栽培ゾーンへ。キャストさんが何事もないような様子で野菜を見て回っています
ウィンターメロンって何だ?と思ったらトウガンのことでした…アメリカ人もトウガンを食べるのね
規則正しく整列したレタスたち!これらが「ガーデングリル・レストラン」で食べれるのね…!!
こんな育て方をしたら地震が起きた時どうするんだ…と思ってしまうのは日本人的発想だなぁ。吊るし栽培のスイカ
中には研究施設もあり、研究の様子も見学できます。ほんとディズニーは色んなものを持っているなぁ

3.「ガーデングリル・レストラン」と一緒に体験すると感慨深い!

ぜひここは以前ご紹介した「ガーデングリル・レストラン」とともに体験してもらいたい施設なんです。
というのも、ここで栽培された野菜などをガーデングリル・レストランで食べることができるから。
私は食べれませんでしたが、昼・夕食に登場するサラダはエプコット産サラダだそうなので。
朝食のフルーツサラダのメロンなどもエプコット産なのかな?(そこは最後まで分からず…)

4.混み具合は…

10〜20分待ちで乗れるという口コミを見ていたのですが、私の行った時(6月上旬)は40分待ちという時間帯もありました。
ファストパスプラス対象アトラクションなので、他のアトラクションとの兼ね合いでファストパスプラスを取得するのも手だと思います。

一番オススメなのは朝のエクストラマジックアワー(直営ホテル宿泊者は指定日に一般開園より早く入場できる)を利用し、「ソアリン」の後に行くこと。
同じ建物内にあるのでスムーズに移動できます。
(しかもソアリンは人気アトラクションのため混む!)
その後に「リビング・ウィズ・ア・ランド」に行くと待ち時間なしでスムーズに乗れますよ。
続けてこちらも同じ建物内の「ガーデングリル・レストラン」に行ったら最高に手持ち無沙汰感のない回り方ができます(実際にはレストラン予約まで1時間弱空いたので、他のアトラクションに行きました)。

私は自宅でも植物栽培をしている都合、植物栽培の様子を興味深く見ていくことができました。
しかも日本にはない作物や育て方が異なる作物など、国による違いも見れて楽しかったです。
かつ絶対に落下する心配がないので(笑)、高所恐怖症的にも安心して乗ることができました。
いつものパークとは異なる毛色のアトラクション、オススメですよ!

いわばEテレ(NHK教育テレビ)的なアトラクション。たまには変わったアトラクション体験をしてみませんか?

そのゆるさに脱帽

Facebook

よさこいの用で松戸市内は何度か来たことがありますが、北小金駅には下車したことがない私。
常磐線で新松戸駅から一駅水戸方面に進んだところにあります。
問題は、幸田よさこいの会場は最寄り駅から徒歩20分かかるということ…!
グーグル先生のお世話になりながら進んでいきます。
一軒家の住宅街が続くものの、途中にはイチゴ栽培のハウスや畑も…のどかな地域です。
そのうち、電柱という電柱にはよさこいポスターが!
赤のポスターが電柱に連なる様子はいちいちおかしい…!

これが幸田よさこいのポスター。ちなみに「こうだ」ではなく「こうで」と読みます
電柱をよくご覧ください。赤いのがポツポツ見えるでしょ?上のポスターが電柱ごとに貼ってあるんです…!

そろそろ着くかな、と左を見ると、よさこいの集団とおぼしきカラフルな集団発見!
近づいていくと…、ピンクのちょうちんが鮮やかな公園にたどり着きました。
その隣の道路がよさこいの会場で、通りに腰をかけている人もちらほら。
とりあえず公園に入ってスケジュールなど分かるものを探そうとキョロキョロしていたら、「同心ず」よっちゃんさん発見!
「同心あそこにいますので!」と言われ、テントの方向には…おやおや、病弱妹ことあいらさんだ。
しかもよく見たら、いつもの衣装ではない同心ず多数…どうやら「心羽流」さんとの掛け持ちが多いらしい…ん、ミツルさんまで掛け持ちとは!!

その後はあいらさんと一緒に演舞鑑賞。
正直申し上げて、町内会の夏祭りによさこいが紛れ込んじゃった、という雰囲気の幸田よさこい。
司会席は2人がけ折りたたみテーブルに屋根がわりの雨傘(!)。
スピーカーはよさこい会場でよく見かける四角い黒のスピーカーではなく、町内放送などを流す拡声器みたいなやつ。
町内会で開催されるよさこいといえば、私は先月富士見町内会祭り(埼玉県朝霞市)に行きましたが、あそこより小規模で町内会感が強い…!
富士見町内会祭りだって、司会者席はテントの中にあったし、スピーカーは黒い大きなやつでしたよ。
あれは規模の大きい町内会祭りというのもあるでしょうが。
見に来ている人も、いわゆる近所のみなさんで、よさこいカメラマンさんも2,3人ぐらいでした。普段のよさこいのお祭りとは違いますね。
みなさんはお住いの町内会の盆踊り大会によさこいが紛れたというイメージをしていただくと分かりやすいのでは。
個人的にはここで久しぶりのツボ感が…!

見ている人たちはこの左にある日陰スペースに集中。日も高く暑かったからね…

会場では同心ずを始め、「礼神伝シャル響」さんの助っ人だった総長ことおのさんなどと談笑。
同心ずはお祭りで無料支給されるチューハイを美味しそうに飲んでいました…同心ずにぴったりなお祭りね。
演舞は各チーム2回ずつで、2回目が審査。
審査は観客席に座っている人にお願いするという…そこか!
大きなお祭りではやらないようなことをいけしゃあしゃあとやるところがますますツボだなぁ。
参加が9チームなので演舞は2時間ほどで終了。
その後の審査発表と総踊りを合わせて3時間ぐらいのお祭りでした。

いやはや、久々にこの手のゆるいお祭りに行ったなぁ…!!

あとは地元チームが多ければ最高だったのですが…松戸のチームは1チームのみ。ぜひ地元からチームを!!

情報がなくても行くのが…!!

Facebook

9月2週目ってよさこいのお祭りが少ないんですよね…。
関東近郊だと山梨・北杜と今回私が行くところしか把握しておらず…。
来週はたくさんあるのにね…3連休だからかな。
で、私が行くのは千葉・松戸の「幸田よさこい」です!

松戸といえば、7月の「新松戸まつり」。
数年前によさこい演舞は終わってしまいましたが、10月の「松戸まつり」。
この2つが松戸でよさこい演舞のあるよさこいのお祭りでしたが、もう一つ「幸田よさこい」というのがあります。
が、お祭りのHPがないので、情報がないったらありゃしない…。
とりあえず今年で10回目らしいというところは判明。
かつ、「同心ず」が参加するということも判明。
あと、最寄駅から遠いことも判明(徒歩20分)。
でも、それは先週の小田原・ダイナシティも同じだったから大丈夫か。

でも、情報がない中で行くというのは研究者的にはワクワクドキドキ。
情報がないところを整理して見れるのは何かを解き明かすようで楽しいんですよ。

流石に10チームしか参加しないそうなので、お知り合いのみなさんもそう多くないか…よさこいカメラマンさんはいそうだけどなぁ。
行かれるという方はぜひぜひお声がけくださいね〜。

(写真は雰囲気が近そうなイメージのある埼玉・よさこい岩槻(2015年))