カテゴリー別アーカイブ: 香港ディズニーレポート

香港?上海?あなたにオススメなのはこちらのパーク!

Facebook

これまで、それぞれ数回にわたり、香港&上海パークのオススメ理由や東京パークとの比較をお届けしてきました。
最後に、香港パークがオススメな人と上海パークがオススメな人を、これまで私が来訪した経験からご紹介します。

<香港がオススメな人>

(1)ショーが好き

個人的には香港のショーの方が参加型で楽しめる気がします。
歌やセリフが英語なことが多く、耳なじみがあるのも香港の良いところかな。
上海も良いのですが、セリフも歌も中国語だとハードルが少し高い…!

私が好きな「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」があるのも香港!素晴らしい生歌が聴けますよ

(2)たくさんのキャラクターに会いたい!

ミッキー、ミニーをはじめ、たくさんのキャラクターに会えるのが香港の魅力!
ミッキー&ミニー、アナ&エルサ、ダッフィー&ジェラトーニなど、日本ではまず会えないペアと写真が撮れるのも魅力です。
しかも、今ならミッキー&ミニーは、
・2017年スプリングカーニバル
・2016年香港デニムスタイル
・グリズリーガルチウエスタンスタイル
の3種類のコスチュームで会える(写真が撮れる)ようです(4/12時点情報)。
バリエーションが豊富なのも香港の魅力です。

こちらがウェスタンスタイルのミッキー&ミニー!東京ではなかなかお目にかかれないですね

(3)グッズに目がない

香港のグッズは日本人の好みに合わせているものが多い気がします。
かわいいグッズが多いこと!
特にダッフィー達のグッズはシーズンごとに20種類ぐらいずつ発売されます。
香港パークは2年連続赤字決算ですが、昨年度決算の好材料は物販が過去最高の売上だったこと。
絶対日本人が貢献していると思います。

そう、香港パークは散財天国…いつも財布の紐が緩んでしまいます

<上海がオススメな人>

(1)アトラクション&新しいものが好き

最新パークだけあり、世界初アトラクションが多いのは上海!
バイク型のトロンのコースターなど、斬新なデザインのものもありますよね。
香港も香港にしかないアトラクションはあるのですが、最新テクノロジーを駆使したものは上海に負けると思います…。
現時点で上海にしかないアトラクションは以下の通り。

・トロン〜ライトサイクル・パワー・ラン(近未来系バイク型コースター)
・キャンプ・ディスカバリー(良くディズニー作ったな!というぐらい怖いアスレチック(難易度別で優しいものもあります))
・パイレーツ・オブ・カリビアン〜バトル・オブ・サンケン・トレジャー(東京の「カリブの海賊」とは全くの別物!)

カリブの海賊はぜひご自身で乗って体験していただきたい!迫力満点のアトラクションですよ

(2)待ち時間少なくキャラクターに会いたい!

キャラクターにたくさん会えるのは香港と同じくなのですが、待ち時間が短いのは上海な気がします。
特にいわゆるディズニーキャラクター…グーフィーとか、グリーティングしている場所も分かりづらいからなぁ。ほぼ待ち時間なしで会えます。
例外は近年映画公開されたキャラクターとディズニープリンセス。
ズートピアのニックとジュディは登場すると列が一気に伸びますし、プリンセスは女の子に人気なだけあり、朝イチでない限りは3,40分は待つイメージです。

日本ではまだまだ認知度が低いマーベルのキャラクターにも会えます。こちらは紳士なキャプテン・アメリカ

(3)ディズニーホテルの宿泊がお手頃!

上海はホテルの相場が日本や香港より安い!
ディズニーホテルも日本よりお手軽に宿泊できます。
例えば低価格帯のトイストーリーホテルの場合、1室15000円ぐらいから宿泊可能。
高級価格帯の上海ディズニーランドホテルも30000円ぐらいから宿泊可能です。
ここが特に地方から東京へ行くより上海に行った方がオススメという所以。

トイストーリーホテルのレストランはこの可愛らしさ!これでお得に泊まれるのは嬉しいですね

もちろん、どちらもオススメというのもありますよ。
香港&上海ディズニーランドホテルのクラブレベルは、快適なおもてなしをしてくれますし、パジャマのキャラクターに会えるのも魅力です。
また、混雑も日本ほどではないのでゆったり回れるのも両パークの魅力。

以上が香港&上海パークのオススメポイントでした。
もちろん好みは人によりけりですが、自分の好みに合ったパークに行ければより楽しめること請け合いです。
ぜひ、身近な海外のパークである香港・上海に行ってみませんか?

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

【香港パークへ行こう】その4 地方在住者こそ香港パークがオススメ(4)東京と香港、どちらが安く行ける?大調査(後編)

Facebook

3.東京に行くより安くなる?大調査!(続き)

(3)新千歳空港:流石に遠いし…??

続いては新千歳空港。
香港までは5時間かかるので、流石に東京のほうが低くなりそうですが、いかに…。

期間は米子、鹿児島と同じく5/10(水)〜13(土)の4日間の場合、大人2人子ども1人(9歳)で行ったときの比較です。
香港はキャセイパシフィック航空、東京は日本航空とフルサービスの航空会社で比較しました。

●フライトスケジュール
東京(羽田)5/10新千歳17:00発-羽田18:35着、5/13羽田13:30発-新千歳15:00着
香港 5/10新千歳16:30発-香港20:40着、5/13香港9:20発-新千歳15:20着

●航空券代
東京:83940円(日本航空公式サイトにて予約、諸税込)
香港:127790円(予約サイト「サプライス」にて予約、諸税、燃油サーチャージ込)

●空港〜パークの移動
東京(リムジンバス、ディズニーリゾート方面行き):往復4160円(大人830円、子ども420円)
香港(タクシー):往復約3600円(香港国際空港に掲示してある主要施設タクシー代目安 120香港ドル(片道)より)

●ホテル
東京(ディズニーアンバサダーホテルに宿泊):110000円(一室当たり、水・木曜日各33400円、金曜日43200円)
香港(ディズニーハリウッドホテル宿泊):約82500円(21日前までの早割予約、3泊計:5500香港ドル、サービス料10%込み)

●パークチケット(2デーパスポート、5/11,12(木、金)に入園)
東京:35000円(大人13200円、子ども8600円)
香港:約25575円(7/14までの特別割引、大人629香港ドル、子ども447香港ドル)

●合計
東京:233100円
香港:約239465円
→あれ!?差は6000円!?

どちらもフルサービスの航空会社ということもあり少し高めですが、それでも差は6000円ほど東京のほうが安くなる結果となりました。
思ったほど航空券代で差がつかず、香港のほうが安くつくホテルやパークチケットで差が吸収されてしまいましたね。
北海道からだと流石に距離がありますが、これなら東京でなくとも香港に行ってみようかな…となるかもしれません。

(4)関西国際空港:格安航空会社の雄同士で比較すると…

最後は関西国際空港。
上海の時はフルサービスの航空会社で行っても格安航空会社で行ってもそれほど差がつかず、比較的お手頃に行けるという結果でした。
さて、香港の場合はどうでしょう…?

期間はこれまでと同じく5/10(水)〜13(土)の4日間の場合、大人2人子ども1人(9歳)で行ったときの比較です。
ここでは格安航空会社といえばここ・関西国際空港を拠点にしている「ピーチ」で比較します。
※ここだけ東京は成田便となるので注意が必要です。

●フライトスケジュール
東京(成田)5/10関空11:10発-成田12:35着、5/13成田18:55発-関空20:35着
香港 5/10関空8:50発-香港11:45着、5/13香港15:50発-関空20:35着

●航空券代
東京:28450円(ピーチ公式サイトにて予約、諸税込)
香港:64640円(ピーチ公式サイトにて予約、諸税、燃油サーチャージ込)

●空港〜パークの移動
東京(リムジンバス):往復12260円(大人2450円、子ども1230円)
香港(タクシー):往復約3600円(香港国際空港に掲示してある主要施設タクシー代目安 120香港ドル(片道)より)

●ホテル
東京(ディズニーアンバサダーホテルに宿泊):110000円(一室当たり、水・木曜日各33400円、金曜日43200円)
香港(ディズニーハリウッドホテル宿泊):約82500円(21日前までの早割予約、3泊計:5500香港ドル、サービス料10%込み)

●パークチケット(2デーパスポート、5/11,12(木、金)に入園)
東京:35000円(大人13200円、子ども8600円)
香港:約25575円(7/14までの特別割引、大人629香港ドル、子ども447香港ドル)

●合計
東京:185710円
香港:約176315円
→あれ、香港のほうが1万弱安い結果に!

距離がある分、同じピーチでも航空券代は倍以上の差がついたのですが、ホテル代やパークチケット代で相殺されてしまいましたね。
ただ、ピーチの香港便は時間的にちょうどよい!しっかり遊べるのは魅力です。

なお、上海の時はフルサービスの航空会社でも格安航空会社でも、値段がほぼかわりませんでした。
香港でフルサービスの航空会社に変更した場合、
東京 209700円(日本航空、60540円、5/10関空6:40-羽田7:40、5/13羽田13:00-関空14:15、空港からのバスは羽田便のものに変更)
香港 約203925円(香港航空、92550円 5/10関空7:00-香港9:50、5/13香港12:50-関空18:05)
という結果に。
流石に距離がある分、フルサービスと格安航空会社で差は開きましたが、フルサービスでも東京へ行くより安く収まる結果となりました。

今回も4箇所の空港から出発した時の比較を行いました。
東京へ行くより場所によっては2,3倍の時間がかかりますが、費用的にはあまり東京に行くのと変わらない、もしくは安く上がることにびっくりしている方もいるかもしれませんね。
確かにフライト時間は長いですが、日本のように充実した時間を過ごせますよ。
ぜひパークに出かける時は東京だけではなく、香港もご検討下さいね。

さて、ここまで行ってきた短期集中連載の「地方在住者は上海/香港パークに行こう」シリーズ。
次回はまとめとして、上海/香港がオススメなのはこんな人!をご紹介します〜!

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

【香港パークへ行こう】その3 地方在住者こそ香港パークがオススメ(3)東京と香港、どちらが安く行ける?大調査(前編)

Facebook

3.東京に行くより安くなる?大調査!

さぁ、いよいよみなさん気になる費用面についての比較をしていきましょう!
今回も4つの空港でガチ比較です。

(1)米子空港:東京へ行くのも飛行機でないと…

まずは私も就航にビックリした、鳥取県の米子空港から。
米子は東京に行くにも飛行機でないと大変なので、比較し甲斐がありそうですよ!

ゴールデンウィーク明け、5/10(水)〜13(土)の4日間の場合、大人2人子ども1人(9歳)で行ったときの比較です。
対象は航空券代、空港〜パークまでの交通費、ホテル、パークチケット(2デー)の4つ。
(香港ドルは1香港ドル15円で計算)
米子空港から香港へは香港航空、東京へは全日空で比較しました。

●フライトスケジュール
東京(羽田)5/10米子17:00発-羽田18:30着、5/13羽田14:55発-米子16:15着
香港 5/10米子17:10発-香港19:55着、5/13香港12:00発-米子16:10着

●航空券代
東京:90840円(ANA公式サイトの「旅割」にて予約、諸税込)
香港:102430円(予約サイト「サプライス」にて予約、諸税、燃油サーチャージ込)

●空港〜パークの移動
東京(リムジンバス、ディズニーリゾート方面行き):往復4160円(大人830円、子ども420円)
香港(タクシー):往復約3600円(香港国際空港に掲示してある主要施設タクシー代目安 120香港ドル(片道)より)

●ホテル
東京(ディズニーアンバサダーホテルに宿泊):110000円(一室当たり、水・木曜日各33400円、金曜日43200円)
香港(ディズニーハリウッドホテル宿泊):約82500円(21日前までの早割予約、3泊計:5500香港ドル、サービス料10%込み)

●パークチケット(2デーパスポート、5/11,12(木、金)に入園)
東京:35000円(大人13200円、子ども8600円)
香港:約25575円(7/14までの特別割引、大人629香港ドル、子ども447香港ドル)

●合計
東京:240000円
香港:約214105円
→2万強香港のほうが安くなる結果に!

距離は香港のほうが倍ぐらいありますが、航空券代は1万しか変わりませんでしたね。
ホテルとパスポートで香港のほうが安くなったため、相殺されて上記のような結果になりました。

なお、上海の比較のときでは、空き状況とホテルサービス(荷物運搬などがセルフサービス)の兼ね合いから東京のホテルは「東京ディズニーセレブレーションホテル」で比較していました。
今回のディズニーハリウッドホテルはフルサービスのホテルなので、比較はディズニーアンバサダーホテルにしています(ホテルの見た目も似ている)。
これを東京ディズニーセレブレーションホテルにすると、一気に4万減のため、東京の方が安くなる結果になります(同期間の東京ディズニーセレブレーションホテルは3泊で68800円)。

(2)鹿児島空港:より香港が近くなるところでは…

続いては鹿児島から!
こちらも米子同様、東京に出るには飛行機でないと時間がかかってしまいますね。

期間は米子と同じく5/10(水)〜13(土)の4日間の場合、大人2人子ども1人(9歳)で行ったときの比較です。
鹿児島は格安航空会社の香港エクスプレス航空が就航しているので、香港便は香港エクスプレス航空で。
東京へは同じく格安航空会社のジェットスターが就航していますが、空港からホテルへのリムジンバスの時間が合わないので格安航空会社とフルサービスの航空会社の中間?であるスカイマークにしました。

●フライトスケジュール
東京(羽田)5/10鹿児島15:05発-羽田16:50着、5/13羽田14:35発-鹿児島16:25着
香港 5/10鹿児島16:30発-香港18:40着、5/13香港12:50発-鹿児島17:00着

●航空券代
東京:54240円(スカイマーク公式サイトにて予約、諸税込)
香港:49370円(香港エクスプレス航空公式サイトにて予約、諸税、燃油サーチャージ込)
※香港エクスプレス航空は座席指定を行う場合、別途料金必要

●空港〜パークの移動
東京(リムジンバス、ディズニーリゾート方面行き):往復4160円(大人830円、子ども420円)
香港(タクシー):往復約3600円(香港国際空港に掲示してある主要施設タクシー代目安 120香港ドル(片道)より)

●ホテル
東京(ディズニーアンバサダーホテルに宿泊):110000円(一室当たり、水・木曜日各33400円、金曜日43200円)
香港(ディズニーハリウッドホテル宿泊):約82500円(21日前までの早割予約、3泊計:5500香港ドル、サービス料10%込み)

●パークチケット(2デーパスポート、5/11,12(木、金)に入園)
東京:35000円(大人13200円、子ども8600円)
香港:約25575円(7/14までの特別割引、大人629香港ドル、子ども447香港ドル)

●合計
東京:203400円
香港:約161045円
→えっ!?4万も香港のほうが安くついた!!

これはビックリですね。
航空券の時点で香港便のほうが安くなっている!
これはなぜかというと、本日(2017.3.23)まで香港エクスプレス航空で実施中の「往復チケットを購入すると往路10円セール」のためでした…。
格安航空会社はこんな感じでちょくちょくセールを行っているので、タイミングよく購入できるとこんな感じでかなりお得に旅できます。

ちなみに、東京行きをスカイマークからジェットスターに変更しても差は5000円ほど縮まるのみ…というのも、運賃がスカイマークとそこまで変わらないからです。

今回は米子と鹿児島で、東京パークと香港パークに行ったらどちらが安く済むか比較してみました。
米子も鹿児島も東京へ行くにも飛行機でないと大変ですものね…。
特に鹿児島は香港エクスプレス航空のセールもあり、かなり価格も下がりました…3泊4日で1人5万ちょっと!
これなら海外パークも手が届きそうではないですか?

さて、次回は東日本代表の北海道・新千歳空港と西の雄・関西国際空港で比較してみましょう!
前回の上海ではどちらもそこまで差がつかなかったですが、今度はどうでしょう??

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります