カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

【舞浜に行こう】当日編(16) パークを満喫! その10 困った時のお土産指南(男性向け編)

Facebook

パークに行くと、「お土産」という言葉がついて回りますね。
ご近所に、学校のお友達に、家族に、いろいろあるかと思います。
この中で最も困るのは、「お父さんなど年上の男性」ではないでしょうか。
私も、うちの父に何を買っていくか、と問われたら困りますもの…。

そこで、予算別に男性向けお土産をチョイスしてみることにしました。
お誕生日や父の日にもちょうどいいものもあるかも?!
ご参考にどうぞ。
(値段、商品内容等は2016年2月時点)

1.1000円未満

(1)スナック系お菓子

お菓子というとチョコレートクランチなど甘いものが多いですが、つまみ系のものもたくさんありますよ!

代表的なものとして、
・おせんべい
・パスタスナック
・コーンスナック
などがあります。
特におせんべいは小分けされていない600円ぐらいのものから小分けになっていて凝った入れ物に入っている1500円ぐらいのものまで様々。
おじいちゃんへのお土産にもいいですね(歯が心配な場合は見本を確認し、ソフトせんべい的なものを選びましょう)。
パスタスナックは小袋に入っているので、ビールのおつまみにも適しています。
コーンスナックはうまい棒的なもの。お子さんと一緒に食べるのにもよいですね。
パスタ・コーンスナックどちらも800円台です。

それ以外にも、「ザ・つまみ」的なものもあります。
・サラミ
・柿の種+ピーナッツ
・小魚+ピーナッツ
サラミは「トイ・ストーリー」のウッディが描かれたもので、2本入り。570円かな。
ミッキーモチーフのサラミもあり、こちらは1本210円!
柿の種+ピーナッツは何故か柿の種とピーナッツが別々の袋に小分けされているもの。
「柿ピーだ」と言ってプレゼントすると、最初に開けたときに「柿の種だけ!?」「ピーナッツだけ!?」とびっくりされるので注意が必要です。
でも1袋に1口ぐらいの分量なので、チビチビと食べれてそれはそれでいいのかも…。
小魚+ピーナッツは安心してください、一緒になって小分けされているので…。

(2)ゴルフボール

ゴルフをするお父さんにぴったりなのがゴルフボール。
ミッキーがボールにワンポイント的に描かれています。
2個入りで900円だったかな(うる覚えでごめんなさい)。

(3)ハンカチやミニタオル

女性向けのハンカチが多いパークですが、男性ビジネスマンが持っていても違和感のない、緑の落ち着いたチェックのハンカチなどもあります。
同じようなものにミニタオルもあるので、好みに合わせて選びましょう。
値段はどちらも800円ほど。

類似品にビジネスでも問題ない靴下もありますよ。
こちらも一足800円ほどです。

2.1000円台

(1)パンツ

えっ!?と思うかもしれませんが、夕方になるとパークの衣料品店ではパンツの前に人だかりができています。
プレゼントのために選ぶ人もいれば、カップルで選んでいる人も。
見ているパンツは…派手!
普段は絶対に手に取らないような、キャラクターが大きく描かれたパンツを品定めしているんですね。

私の友人にコワモテのお父さんがいるのですが、20歳ぐらいのお嬢さんがパークでのお土産にと買ってきてくれるのはいつもキャラクターが描かれた派手なパンツだそうです。
コワモテのお父さんが派手なパンツ…想像しづらい。
でもはいてしまえば分かりませんから、ある意味いいのかも。

もちろん、地味なものもあるのでご安心を…。
タイプはトランクスやボクサータイプなど、いろいろあります。
値段は1300〜1800円。
形やデザインにより幅があります。

3.3000円以上

(1)ネクタイ

キャラクターがワンポイント的に描かれたネクタイ。
結構種類あるんですよ〜色違いを含めて常時10種類ぐらいあるんじゃないだろうか。
5000〜6000円するので、お誕生日や父の日のプレゼントにいいかもしれませんね。
(余談ですが、パークには有料でラッピング袋も販売しています。ネクタイなら一番小さな200円の袋でいけるかな)

ちなみにうちの相方は2,3本買って持っていますが、「気分を上げたいときに」パークで買ったネクタイをしていっています。

(2)ネクタイピン

ネクタイと同じような話ですが、ミッキーモチーフのネクタイピンもあります。
そこまで派手なデザインではないのでご安心を。
ネクタイピンは3000円台なので、ネクタイほど出せないが…という場合にどうぞ。

こうあげていくと、結構男性向けのお土産になるものがパークには結構あります。
お土産に適したものがないんじゃないか…と行く前から心配しなくて大丈夫ですよ。
これ以外にも個々人の趣味に合うものはあるはず。
ぜひ、パークでいろんなお店を覗いてみてください。

さて、次回は、世界にたったひとつのお土産を!
パークで記念に残るグッズを作りましょう、というお話です。

【舞浜に行こう】当日編(15) パークを満喫! その9 みんなで試してみる?お揃いグッズ

Facebook

今回からはしばらくグッズのお話をしていきます。
お土産天国の日本のパークは色んなグッズがありますよ。
お子さん向けのおもちゃから大人が持てるバッグまで、またお土産向けのお菓子の種類も豊富です。
目移りしてしまいますよ!
今日はそのうち、最近のパークで特に増えてきた「お揃いグッズ」についてご紹介します。

あそこにもそっちにも!お揃いコーディネート
パークを歩いていると、高校生や大学生ぐらいの子たちがお友達同士で全く同じコーディネートをしている人たちをよく見かけるようになりました。
服はもちろん、髪型まで揃えて…!!
みんなでパークに行った思い出をLINEやInstagramに載せるのかな?

とはいえ、大人が上から下までそれをやるのは恥ずかしい…。
できる人はいるかもしれませんが、私にはちょっと無理だなぁ。

そんなときは、ちょっとだけ取り入れてみましょうか。
ちょっとなら、そこまで恥ずかしくはない。
Tシャツなどはキャラクター違いのものもあるので、好きなキャラクターのものを買うのもありですよ。

それでは、以降簡単に取り入れられるものからご紹介しますね。

1.パスポートホルダー
入園に使用したパスポートやファストパスを入れておくのに使うパスポートホルダー。
バケーションパッケージで入園される場合はオリジナルのものがついてきますが、そうでない場合は買うか自分の財布に保管するか、どちらかとなるのではないでしょうか。
最近はパスポートホルダーも多彩な種類のものが出ています。
おなじみミッキーなどのキャラクターものからオサレなディズニープリンセスのもの、トイ・ストーリーの個性的キャラクターのものまでいろいろ。
1500〜2000円とちょっと値が張りますが、パークで遊ぶぞ〜というテンションが上がります。
電車通勤される方なら、帰宅後も定期券入れとして使えますよ。
最近は、リール式でビヨーンと伸びるものも登場しているので、改札口にタッチするのもラクラクです。
余談ですが、私は東京ディズニーランドホテルオリジナルのパスポートホルダーを愛用しています(2016.2現在、販売しているか未確認)。
リール式ではないのですが、パスポートが入る部分より一回り大きいファスナーポケットがあり、ポケット時刻表やばんそうこう、回数券などを入れられて便利なんです。

2.Tシャツ、トレーナーなど上に着るもの
目立つグッズの代表格であるTシャツやトレーナー、パーカー。
友人同士でキャラクター違いのものを着ている方も多いですね。
Tシャツなら2000円台で購入できるので、楽しい思い出にもなりますよ(トレーナー、パーカーは4000〜5000円台)。
特に夏場は汗をかいてしまうので、着替えたい時にもすぐゲットできます。
大きなキャラクターモチーフが中心ですが、女性向けはオシャレなものもあり、普段にも着れそうな感じなものも。
そういえば、私は以前パークでラプンツェルのピンクのロングワンピースを買いましたが、違和感なく街中で着れています(すでに販売終了)。
あと、女性で普段レディースSもしくはMサイズの方は、パークでTシャツを買う時は子どもの150サイズでも問題ないかもしれません。
何も記載がなければパークの洋服は男女兼用サイズなのですが、私はいつも150サイズでぴったりです。
しかも同じデザインなら子どもサイズのほうが安い…!!

3.カチューシャ、ファンキャップ
頭につけるものは結構ハードルが上がりますね。
ミッキーやミニーちゃんの耳のカチューシャならまだしも、ファンキャップは目立ちますよ〜。
2016年2月時点、ランドのアナ雪イベントで販売されているスヴェンのファンキャップも目立つだろうなぁ(暖かそうだけど)。
ファンキャップはトイストーリーやディズニーキャラクターのものが多いかな。
目立ちたいという方はぜひお試しください。
ファンキャップは3000円台で販売しています。
ちなみに私は過去に魔法使いのミッキーのファンキャップを買ったことがありますが、大勢の人を前にした司会やマラソン応援で目立たないといけないときに活用しています。
そういう買い方もありかと…!!

ちょっと派手なのは…だけど、ちょっとはキャラクター気分になりたい女子のみなさん、「パッチン」はどうでしょう?
うまく説明できませんが、「パッチン」と止める髪留めです(パークでの販売名も「パッチン」なので…)。
リボンや帽子など、ちょこっとでキャラクターに変身できますよ。
これなら1000円前後で購入可能です。

4.番外編 バッグ
キャラクターがドン、と描かれたバッグ。
パークにいると持っている方が多いこと!
たいていキャラクター好きのみなさんが持ってらっしゃいますが、御多分に洩れず私も持っています…。
でも私の持っているのは、そこまでキャラクタードン、ではなくデザインとしてキャラクターが描かれているものが多いかな。
言われてあぁ、というようなタイプです。
ちなみに私が現在通勤バッグ的に使っている黒いバッグは、香港ディズニーランドで買ったミニーの型押しされたバッグ。
これならディズニーで買ったかどうかなんて分かりません。
みなさんにも持てる!(笑)
オシャレにキャラクターが描かれたものや幾何学模様的に描かれたものもあるので、そういうバックなら挑戦してみませんか?
バッグは3000円台のものが中心です。
リュックもあるのでリュック派の方にも。

という感じで、まずは身につけるグッズをご紹介しました。
派手なものも多いですが、奥ゆかしい方も身につけられるグッズも多いですよ。
次回の来園時は、ちょっと目立ってみませんか?

次回は…お土産にオススメグッズをご紹介!
しかも悩ましい?男性編!

【舞浜に行こう】当日編(14) パークを満喫! その8 予約しなくても美味しいものたくさん!パークのレストラン 後編

Facebook

前回は予約不要で1000円以内で食べれる食事をご紹介しました。
ご紹介したもの以外にもいくつかあるので、お好みのものを見つけてくださいね。
今回はちょっとリッチに、1000〜2000円でお腹いっぱいになるレストランをご紹介!

【ランド】

1.グランマ・サラのキッチン(クリッターカントリー)

ランドで最も奥にあるレストランのうちの1つ。
小動物の国・クリッターカントリーに住むサラおばあちゃんのお店です。
こちらでは家庭の洋食ともいうべき、オムライスやハンバーグ、ビーフシチューなどが味わえます。
それぞれ、サラダとドリンクがセットで1400〜1600円。
ボリュームもあるので、育ち盛りのお子さんも満足ですね。
スペシャルイベント開催時には、テーマに沿ったスペシャルセットが登場することも多いです。
2016年2月現在、オラフをモチーフにしたスペシャルセットが販売されていますよ。
また、スイーツメニューも多いので、ドリンクとともにのんびりしたい時にぜひ!

2.チャイナボイジャー(アドベンチャーランド)

アドベンチャーランドで中華!?
なぜなら、このお店はかつて海賊船でコックをしていた中国人シェフの孫が開いたお店だからです。
こちらでは、数種類のラーメンが味わえます。
タンタン麺や白湯麺などがありますが、私は2016年2月現在のシェフのオススメセットになっている「豚角煮と麻婆豆腐のあんかけ麺」がいいな…。
シェフのオススメセット以外はセットメニューがないので、好きなものを追加していく形になりますが、単純に麺類+ドリンクで1500円ぐらいです。
サイドメニューには豚角煮ライスや肉まんなどもあります。
デザートの杏仁豆腐とマンゴープリンはキャラクターモチーフ!
これはかわいい…!!
テラス席が多く、夏と冬は快適な席が少ない傾向にありますが、季節や時間を選んで屋外で過ごすのもありですね。

【シー】

3.カフェ・ポルトフィーノ(メディテレーニアンハーバー)

パスタを中心としたイタリアンレストランです。
パスタ単品での注文も可能ですが、メイン料理にサラダとソフトドリンクのなど3種類のセットをつけることができ、合わせて1800円ぐらいで食べることができます。
パスタの苦手な私のような人にもロティサリーチキンがありますよ。
同じぐらいの値段で食べれるのでありがたいです。
また、ここはデザートも数種類あります。
ドリンクを注文すれば、800円ぐらいで優雅にデザートタイムを過ごせるのでオススメです。

4.ユカタン・ベースキャンプグリル(ロストリバーデルタ)

パークの一番奥にあるお肉を中心としたレストランです。
隣がレイジングスピリッツとインディージョーンズなこともあり、探検家をモチーフとしています。
なので、かなりガッツリ系!
ワンプレートに鶏または豚などのお肉・ライスがのっており、サラダとドリンクがついて1300〜1500円ぐらいです。
ランドのショーレストラン「ダイヤモンドホースシュー」と同じく、「プリマハム」がオフィシャルスポンサーなのでボリューミーなんだろうなぁ。
こちらもデザートが数種類あり、ドリンク含め700円ぐらいでデザートタイムが楽しめます。
しかもデザートはレストランのテーマに沿った、冒険家的なハンマーや斜面にかけたハシゴをモチーフとしていますよ。

ここまで5回にわたり、パークの食についてご紹介しました。
予算やお腹の空き具合、またテーマに合わせて多彩なメニューがありますよ。
ぜひ、いろんなものを試してみてくださいね。

ようやく食のお話が終わったところで、次は…グッズだ。
いろんな切り口でグッズのお話をしますよ!