「ディズニー」カテゴリーアーカイブ

【舞浜に行こう】当日編(29) パークを満喫! その22 知っておくと便利なパークの便利なもの・こと

Facebook

パークへ行くと、あんなことができたらいいな、と思うことがありませんか?
その中でもこれまできちんと取り上げてこなかったものを中心に、今回は一挙ご紹介!
来園時には絶対使えるあれから、いざというときに役立つものまで取り上げました。

1.入園前後のあれこれ

(1)アトラクション待ち時間

各アトラクション待ち時間を示すボードは両パークに1カ所ずつありますが、圧倒的に便利なのは公式スマホサイトの待ち時間情報。
アトラクションはもちろんのこと、キャラクターグリーティングやレストランの待ち時間まで分かります。
ショーについては、中止が決定したら「中止」と記載されるので、開催場所より離れたところにいても開催状況を把握できますよ。

ただ、こちらのサイトはパーク内でしか見れないのが難点。
最初の閲覧時に位置情報を取得する旨の表示が出るからです。
じゃあ自宅で「土曜日のこの時間はどのぐらい混んでいるのか把握したい」ときにはどうすればいいのか…。
そんなときに利用したいのは、非公式のアプリ。
アトラクションとキャラクターグリーティングの待ち時間を教えてくれるアプリがいくつかあります。
非公式とはいえ、提供されている情報は同じようなので参考になりますよ。

(2)お金をおろしたい…

あっ、財布に現金がない…。
そんなときはATMを利用しましょう。
ランドはワールドバザール、シーはエントランス付近に三井住友銀行のATMがありますよ。
21時まで空いているそうなので、お土産を買うのにお金が…というときにも使えますね。
三井住友銀行以外で下ろしたい場合は、イクスピアリもしくは東京ディズニーランドホテル内にATMがあります。
どこの銀行のカードでも使いやすそうなのはイクスピアリのセブン銀行かな。

しかもランドは「三井住友銀行浦安支店東京ディズニーランド出張所」で、窓口もあるんです!
窓口は15時までの営業なのでご注意を。
なお、口座も開設できるそうですが、現在は浦安市民もしくは関係者ではないと開設できないそうです。残念…!!

(3)うちの犬を預かって欲しい

ワンちゃん、ネコちゃんを連れてきたけど、パーク内に入れることはできない…(盲導犬などは入れます)。
そんなときは両パークにあるペットクラブへ。
ペットクラブでは、飼い主がパークで遊んでいる最中、ペットのお世話をしてくれます。
途中、パークから出てきてペットに会うことができたり、エサをあげる時間を指定することができたりと要望にも応えてくれるようです。
利用は1ヶ月前から予約が可能で、当日でも空きがあれば受付してくれるそうです。
なお、利用には狂犬病の予防接種を受けた証明など、必要なものがいくつかあります。
詳細は公式サイトの「ヘルプ/アクセス」にある「来園時に便利なサービス」からご確認を。

2.あぁ、困ったあんなことやこんなこと…

(1)転んで怪我した!

「熱中症になった」「気持ち悪い」「転んで血が出た」など急な怪我や病気は、「救護室」で応急処置をしてもらうことができます。
看護師さんが常駐しており、簡単な手当てをしてくれるそうです。
ただ、お医者さんはいないので、あまりにもひどいときはタクシーで近隣の病院に行ったほうがよいでしょう。
救護室は両パークに4箇所ずつありますが、一部の救護室は常に空いているわけではないようです。
詳細はキャストさんに確認しましょう。

(2)子どもがいない…!!

お子さんが迷子になったら、まずは近くのキャストさんに相談を。
他のキャストさんと連携してお子さんを探してくれます。
もしお子さんが保護されていたら、両パークの「迷子センター」にいるはずです。
なお、迷子センターに行けるのは小学生まで。
中学生以上はケータイで連絡を取り合うか、両パークの「メインストリート・ハウス」の伝言サービスを利用しましょう。

(3)スマホ落とした!

スマホに限らず、落し物をしたときにはお近くのキャストさん相談するか、両パークの「メインストリート・ハウス」へ。
結構な確率で見つかりますよ。
我が家も過去にデジカメを落としたことがあるのですが、翌日には無事に戻ってきました。
帰宅してから気付いたときには、両パークの遺失物センターに電話しましょう。

3.楽しさをおすそ分け

(1)おばあちゃんに手紙を送ろう

両パークにはポストが10箇所ずつほどあります。
ここから出すと、パークから投函した証のスタンプを押してくれますよ。
スペシャルイベントごとにスタンプは変わるので、自分宛に出すのも一興です。
ハガキや切手はパーク内の一部ショップで販売しています。
「ハウス・オブ・グリーティング」(ランド)、「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」(シー)の両文房具店では、手紙を書く机も用意されていますよ。

12/15以降に行かれる場合は、年賀状をパークで投函するのもオススメ。
年賀のスタンプを押してくれるので、特別感が増す年賀状になるからです。
年賀状に限らず、クリスマスカードなど、季節物のカードを送るのもありですよ。

(2)お土産は自宅に送りたい

お土産を買いすぎたので自宅に送りたい、あるいは直接プレゼントする先に送りたいときには、パークの宅配サービスをどうぞ。
両パークの宅配センターおよび一部の店舗では配送サービスを行っています。
注意点は、
・夏場にチョコレートなどを送りたいときはクール便対応
・ガラス製品はNG(と言われたことが)
というところかな。
詳細はキャストさんに確認を。

また、アンバサダー、ミラコスタ、ランドホテルの3つのディズニーホテルに宿泊している場合は、ショップで購入した物を無料で部屋まで荷物を運んでくれるサービスがあります。
これも活用すると便利ですよ。
(チェックアウト当日は対象外、また2016年6月開業の東京ディズニーセレブレーションホテルはサービス自体実施なし)

というわけで、パークの便利なあれこれ知識をご紹介しました。
頭の片隅に入れておくと、いざというときに便利なはず!
いざというときにご利用ください。

次回は子ども連れシリーズということで、3歳未満の子どもと行ったときの楽しみ方や便利なあれこれをご紹介します。
ちょうど対象年齢のお子さんとパークに行く機会があるので、それらの経験を交えてご紹介予定!

【舞浜に行こう】当日編(28) パークを満喫! その21 いざというときに!パークのトイレ事情

Facebook

人間ならば重要なトイレ。
そりゃあ日に何度も行くところだから、重要ですよ。
今回はパークのトイレ事情について、最新事情から混雑時のトイレはどこに行けばいいのかまで様々な角度からご紹介!
なお、私が女子につき、男性のトイレ事情は分からないのであしからず…。

1.パークのトイレ最新事情

(1)ウォシュレット付きトイレが登場

従来のパークのトイレはウォシュレットも暖房便座もない、ごく普通のものでした。
夏はいいのですが、冬に座ると(ヒャッ!)と飛び上がりそうになる冷たさ…。

これが、最近は一部トイレでウォシュレット対応便座に変わっています。
暖房便座や音姫(擬似流音装置)もついて、トイレが快適になりました。

現在、支障がないように1箇所ずつ順々にトイレを改装しているようです。
すべてのトイレが変わるまでもうしばらくかかりそうですが、完了した暁にはさらに快適トイレライフになりそうですね。

(2)ミッキー泡石鹸

昨年、洗剤や日用品を製造しているメーカー「花王」がオフィシャルスポンサーになりました。
アトラクションとしては、「スプラッシュ・マウンテン」(ランド)、「トイストーリー・マニア!」(シー)のスポンサーですが、もう一つ「ハンドウォシングエリア」のスポンサーにもなっています。
屋外の手洗い場のことで、目玉はここで手をかざすとミッキー泡石鹸が出てくるというものです。
手洗いが楽しくなるのでぜひご家族でいらした際には試していただきたいのですが、残念なことにハンドウォシングエリアは両パークに1箇所ずつしかない…。

でもがっかりしないで!
ミッキー泡石鹸はトイレの一部手洗い場にも設置されています。
基本的には、手洗い場の中でも一段低くなった子ども用手洗い場のみに設置されています。
なので、大人が使いたいときはお子さんたちが使っていないときに…。

2.オムツ替えのポイント

赤ちゃんのオムツ替えベッドはどの女性用トイレにもあります。
が、基本1つしかないので、混雑するときは混雑するという…。
そんなときは、男性用トイレへ!
すべてのトイレについているわけではありませんが、それぞれ数カ所のトイレにあるようです(詳しい場所はキャストさんへ確認を)。
世のイクメンよ、パークに行ったら率先してオムツ替えを!

なお、パークには「ベビーセンター」がありますよ。
オムツ交換はもちろん、授乳や離乳食を食べさせることもできます。
ランドには2箇所(ワールドバザール、トゥーンタウン)、シーは1箇所(メディテレーニアンハーバー、「タワー・オブ・テラー」横に授乳室付きのオムツ替えコーナーもあり)あります。

3.混雑時はどこのトイレに行けば空いている?

(1)ランド

私のイメージでいくと、アドベンチャーランド、ウェスタンランド、エントランスに近い側のトゥモローランドのトイレが混んでいるような気がします。
アドベンチャーランド、ウェスタンランドについては、それほど規模の大きなトイレがないというのが理由だと思いますが。
トゥモローランドについては、規模は大きいものの、ファストパスアトラクションが集中するエントランス側のトイレは少々混んでいる気がします。
とはいえ、平日ならばそこまで大行列というわけではないと思います。
ゆとりを持って入れるのはエントランス近くのトイレかな。
日中にエントランス付近にいるときは利用する価値がありますね。

(2)シー

シーで混んでいるトイレは、私のイメージだとこの3箇所。
・「ヴェネツィアン・ゴンドラ」乗り場近く
・「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」アメリカンウォーターフロント駅下
・マーメイドラグーン
「ヴェネツィアン・ゴンドラ」近くのところはハーバーも近く、ショー前などは混雑。
「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」駅下は午後になるとロープ張られるぐらい混むことがあるんだよなぁ…。
近隣のトイレは「タワー・オブ・テラー」の左側にあるので、待てない場合はそちらに行ったほうがいいかも。
マーメイドラグーンのトイレは1箇所しかなく、しかも室内でお子さん向け施設が多いこともあり、いつも混んでいる気がします。
特に雨の日は注意!

(3)そもそもここは混んでいる…。

私が特に混んでいると思うのはカウンタータイプのレストランのトイレ。
要はファストフード式のレストランです。
特に大型のレストランだと、昼間は大行列になっていることも。
そういうときは、素直に近隣のトイレに行きましょう。
個人的には、ランドのトゥモローランドにある各レストランは要注意です。

そしてもう1箇所気をつけないといけないのはシーの「ブロードウェイ・ミュージックシアター」のトイレ。
「ビッグバンドビート」をやっているショー施設です。
入場後に行くと…同じことを考える人が多く、トイレは大行列!
入場する前にトイレは済ますことをオススメします…。

というわけで、パークのトイレ事情についてご紹介しました。
人間の生理現象なので、行かないという手段はあまり考えられないもの。
上手く利用して、快適に過ごしてくださいね。

次回は、知っておくと便利なサービスあれやこれや。
郵便の話やお金の話…をします!

【舞浜に行こう】当日編(27) パークを満喫! その20 シーならでは!アルコールいろいろ

Facebook

シーといえば、ランドとは違い、アルコールが飲めるのが特徴ですね。
アルコールが好きな方にとってみれば、嬉しいことこの上ないのでは?
私はノンアルコーラーですが、アルコールを嗜むうちの相方は来園するたびに2、3杯は楽しく飲んでいます。
というわけで、今回はシーのアルコール事情について。
さて、どんなものが飲めるのかな?

1.どんなアルコールが飲めるのか?

2016年4月時点で、ワゴンを含む36のレストランのうち、アルコールを取り扱っているのは半数の18。
パークのレストランで提供されているアルコールには、大まかに以下の種類があります。

・ビール
・カクテル類
・ワイン
・日本酒
・焼酎
・梅酒
・紹興酒

ビールやカクテル、ワインなど洋酒類が多いのは分かりますが、日本酒や紹興酒といったお酒もあるんですね。
(日本酒、焼酎、梅酒についてはシー唯一の日本食レストランである「レストラン櫻」、紹興酒については中華の「ヴォルケイニア・レストラン」のみの取り扱いなのでご注意を)
ビール、カクテル類、ワインについては多くのレストランで取り扱っていますよ。
特にカクテル類は季節限定でたくさんの種類が発売されています。
春以降の新商品としては、グレープフルーツやグアバ、マスカットなどのフルーツ系のカクテルがたくさんの登場していました。
お店によってカクテルは様々なので、ホームページで確認をしてこれが飲みたいというのを決めてから行くのが良さそうです。
また、4月15日からスタートした、シー15周年を記念したワイン(赤、白、スパークリング)も登場。
こちらは記念メダルがもらえるようですよ。

ちなみに、パークで最も安いアルコールはビュッフェレストランの「セイリングデイ・ビュッフェ」で提供されている「レモンティー&エルダーフラワーカクテル」の520円のようです(Summy調べ)。
ワゴンで販売されている生ビールで600円、マゼランズなどの高級レストランやラウンジの生ビールで770円だったので、居酒屋感覚でいくと高くつく、ということですね…。

2.アルコール提供レストラン・ワゴンの種類は主に2パターン

(1)ワゴンやカウンターサービス、バフェテリア式

自分で席を探して食事するワゴンやカウンターサービス(いわゆるファストフード式)、バフェテリア(カウンターで並べられた料理を取り、最後に会計)式の場合は、アルコールはプラスチックカップで提供されることがほとんど。
セルフなので、その分次に紹介するテーブルサービス式のレストランよりは価格は少し安めです。
ただ、アルコールの種類は少なく、ワゴンだとカクテルかビール1種類のみというところも多くなっています。
ビールが飲みたかったのにカクテルしかない、ということがないよう、取り扱い店舗はきちんと確認したほうが良さそうです。

(2)テーブルサービス式

テーブルに案内されて注文を取りに来てもらい、料理などをテーブルまで運んでもらえるのがテーブルサービス式。
ここでは食事メインのレストランとお酒をノンビリ嗜むラウンジの2種類があります。
お酒の種類は豊富で、
・「テディ・ルーズベルト・ラウンジ」「マゼランズ・ラウンジ」はオリジナルを含めたカクテル全般が豊富
・「レストラン櫻」はシーで唯一日本酒、焼酎、梅酒あり
など、特徴のあるところも多いです。
ゆっくり色んなお酒を嗜みたい場合はこれらのレストランが良さそうですね。
なお、テーブルまで運んでくれる分、同じ生ビールでも少々高め。
雰囲気を楽しむものだということで、割り切ったほうが良いかと。

3.アルコールに合うおつまみ類

(1)ワゴンやカウンターサービス、バフェテリア式

それぞれのレストランに合わせていろんなおつまみ類がありますよ!
アルコールと合わせて検討しましょう。
例えば、レストランではこんなものがあります。

・メキシカンの「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」ではトルティーヤチップスやタコス
・スモーク料理の「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」ではチョリソー
・イタリアンの「カフェ・ポルトフィーノ」ではロティサリーチキンやコールドミート

ワゴンの店舗でもアルコールとおつまみの両方が置いてありますよ。
アルコールを提供していない店舗のものがおつまみにぴったり、ということもあります。
例えばポップコーン。
キャラメルなどの甘いものが定番ですが、カレーやブラックペッパーなど、甘くないものもあります。
軽いおつまみが良ければ、ポップコーンも選択肢にどうぞ。

(2)テーブルサービス式

レストランの場合は料理と一緒に楽しむことが多いのでしょうが、アラカルトでチーズや生ハムなどを扱っているレストランもあります。
和食の「レストラン櫻」なら、豚の角煮や串揚げ盛り合わせなどがおつまみにちょうど良さそうですね。

ラウンジになるとさらに豊富で、凝ったものもたくさん。
「テディ・ルーズベルト・ラウンジ」の場合、
・スモークサーモントラウトと海老の生春巻き
・プロシュートとサラミとドライフルーツ
・ベジタブルのホットサラダ、アンチョビソース
・カマンベールチーズのフォンデュ、バケット添え
なんていうメニューがありました。
ナッツやサラミだけじゃないんだなぁ。
お酒のあてになるもの以外にも、サンドイッチなどの軽食やデザートもありますよ。

4.飲む人はここに注意!

(1)アルコールの提供のないレストラン

レストランだからアルコールがある…と思いきや、ないレストランもいくつかあります。
例えば、カレーを扱う「カスバ・フードコート」。
タンドリーチキンなどアルコールに合いそうなメニューがあるのですが、なぜかアルコールは扱っていないです。
(2016.4.19 21:45追記
イスラム圏の設定だからアルコールを扱っていないのでは?という報告が。
確かにそうだ…)

最も注意が必要なのは「ホライズンベイ・レストラン」。
キャラクターと会える「キャラクターダイニング」と通常のレストラン、2つのエリアに分かれていますが、キャラクターダイニングではアルコールは飲めません!
通常のレストランではアルコールがあるから…というノリでいくと失敗しますので、アルコールを飲みたい方はご注意を。
また、ダッフィーのショー「マイ・フレンド・ダッフィー」を実施している「ケープコッド・クックオフ」もアルコールを扱っていません。
キャラクターが登場するレストランではアルコールは取り扱っていないと覚えておきましょう。

(2)そもそも飲み過ぎは…

これはパークだけの話ではないですが、飲み過ぎには注意!
ちょっと考えてみてください。
「冒険とイマジネーションの海」であるシーに泥酔している人がいたら…引くでしょう。
酔っ払いに絡まれて…というのもされた側は嫌になるので、あくまでお酒はほどほどに。

というわけで、シーのアルコール事情についてご紹介しました。
特にカクテル類は何これ?というものもあるので、いろいろ試してみるのが楽しそうですね。
また、夢と魔法の楽しい場ではお酒も楽しく、ほどほどに。

次回は…これも気になる・パークのトイレ事情!