タグ別アーカイブ: 上海ディズニーランド

香港?上海?あなたにオススメなのはこちらのパーク!

Facebook

これまで、それぞれ数回にわたり、香港&上海パークのオススメ理由や東京パークとの比較をお届けしてきました。
最後に、香港パークがオススメな人と上海パークがオススメな人を、これまで私が来訪した経験からご紹介します。

<香港がオススメな人>

(1)ショーが好き

個人的には香港のショーの方が参加型で楽しめる気がします。
歌やセリフが英語なことが多く、耳なじみがあるのも香港の良いところかな。
上海も良いのですが、セリフも歌も中国語だとハードルが少し高い…!

私が好きな「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」があるのも香港!素晴らしい生歌が聴けますよ

(2)たくさんのキャラクターに会いたい!

ミッキー、ミニーをはじめ、たくさんのキャラクターに会えるのが香港の魅力!
ミッキー&ミニー、アナ&エルサ、ダッフィー&ジェラトーニなど、日本ではまず会えないペアと写真が撮れるのも魅力です。
しかも、今ならミッキー&ミニーは、
・2017年スプリングカーニバル
・2016年香港デニムスタイル
・グリズリーガルチウエスタンスタイル
の3種類のコスチュームで会える(写真が撮れる)ようです(4/12時点情報)。
バリエーションが豊富なのも香港の魅力です。

こちらがウェスタンスタイルのミッキー&ミニー!東京ではなかなかお目にかかれないですね

(3)グッズに目がない

香港のグッズは日本人の好みに合わせているものが多い気がします。
かわいいグッズが多いこと!
特にダッフィー達のグッズはシーズンごとに20種類ぐらいずつ発売されます。
香港パークは2年連続赤字決算ですが、昨年度決算の好材料は物販が過去最高の売上だったこと。
絶対日本人が貢献していると思います。

そう、香港パークは散財天国…いつも財布の紐が緩んでしまいます

<上海がオススメな人>

(1)アトラクション&新しいものが好き

最新パークだけあり、世界初アトラクションが多いのは上海!
バイク型のトロンのコースターなど、斬新なデザインのものもありますよね。
香港も香港にしかないアトラクションはあるのですが、最新テクノロジーを駆使したものは上海に負けると思います…。
現時点で上海にしかないアトラクションは以下の通り。

・トロン〜ライトサイクル・パワー・ラン(近未来系バイク型コースター)
・キャンプ・ディスカバリー(良くディズニー作ったな!というぐらい怖いアスレチック(難易度別で優しいものもあります))
・パイレーツ・オブ・カリビアン〜バトル・オブ・サンケン・トレジャー(東京の「カリブの海賊」とは全くの別物!)

カリブの海賊はぜひご自身で乗って体験していただきたい!迫力満点のアトラクションですよ

(2)待ち時間少なくキャラクターに会いたい!

キャラクターにたくさん会えるのは香港と同じくなのですが、待ち時間が短いのは上海な気がします。
特にいわゆるディズニーキャラクター…グーフィーとか、グリーティングしている場所も分かりづらいからなぁ。ほぼ待ち時間なしで会えます。
例外は近年映画公開されたキャラクターとディズニープリンセス。
ズートピアのニックとジュディは登場すると列が一気に伸びますし、プリンセスは女の子に人気なだけあり、朝イチでない限りは3,40分は待つイメージです。

日本ではまだまだ認知度が低いマーベルのキャラクターにも会えます。こちらは紳士なキャプテン・アメリカ

(3)ディズニーホテルの宿泊がお手頃!

上海はホテルの相場が日本や香港より安い!
ディズニーホテルも日本よりお手軽に宿泊できます。
例えば低価格帯のトイストーリーホテルの場合、1室15000円ぐらいから宿泊可能。
高級価格帯の上海ディズニーランドホテルも30000円ぐらいから宿泊可能です。
ここが特に地方から東京へ行くより上海に行った方がオススメという所以。

トイストーリーホテルのレストランはこの可愛らしさ!これでお得に泊まれるのは嬉しいですね

もちろん、どちらもオススメというのもありますよ。
香港&上海ディズニーランドホテルのクラブレベルは、快適なおもてなしをしてくれますし、パジャマのキャラクターに会えるのも魅力です。
また、混雑も日本ほどではないのでゆったり回れるのも両パークの魅力。

以上が香港&上海パークのオススメポイントでした。
もちろん好みは人によりけりですが、自分の好みに合ったパークに行ければより楽しめること請け合いです。
ぜひ、身近な海外のパークである香港・上海に行ってみませんか?

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

【上海パークへ行こう】その17 地方在住者こそ東京より上海がオススメ!?(5)料金以外で上海パークをオススメする4つの理由

Facebook

3.料金以外で上海パークに行くのがオススメな理由

(1)最新アトラクション&東京にないアトラクションの宝庫!

なんと言っても、最新パークということもあり、最新技術を使った上海唯一のアトラクションが多い!
こんなアトラクションが上海限定&東京にないアトラクションです。

・トロン〜ライトサイクル・パワー・ラン(近未来系バイク型コースター)
・7人の小人のマイントレイン(東京ランド・ビッグサンダー・マウンテン風コースター)
・ロアリング・ラピッツ(急流下り!濡れますよ〜)
・ソアリン〜オーバー・ザ・ホライズン(2019年シーにオープン!空を疑似体験で飛ぶ)
・キャンプ・ディスカバリー(良くディズニー作ったな!というぐらい怖いアスレチック(難易度別で優しいものもあります))
・パイレーツ・オブ・カリビアン〜バトル・オブ・サンケン・トレジャー(東京の「カリブの海賊」とは全くの別物!)

(2)案外英語が通じる

中国だから、中国語が分からないと行けないのでは…。
いえいえ、そんなことはありません。
英語の分かるキャストさんが多いですよ。
パーク内では半分から3分の2ぐらいはおられるのではないでしょうか。
もし英語の分かるキャストさんでない場合は、近くにいるキャストさんがすぐに駆けつけてくれるのでご安心を。

では、英語も話せない場合は…??
大丈夫、それでもいけます!
レストランでも指差しや「No.◯ set please!(◯番のセットをください)」で十分通じますよ。
要は語学ができないから私は行けないと思う必要はないってことです。

なお、空港からパークへ向かうタクシーでは中国語しか通じないので、事前に紙に書いておきましょう。
上海パークのHP(北京語版)のホテル名をそのまま書けばOKです!

(3)ホテルでしっかりとしたおもてなしを受けられる

中国のイメージというと、無愛想なおばちゃんがほいって手渡ししてくれる感じ?ですかね。
しかし、特にホテルはみなさん良く教育を受けておられ、しっかりとした対応をしていただけますよ。
私が2016年12月に宿泊した上海ディズニーランドホテルの上級クラス「キングダムクラブ・ルーム」は非常に良かったです…キャストさんの対応が素晴らしかった!
しかも東京のホテルと比較しても大変お得に宿泊できます…オススメ!
(私のそのときの宿泊記はこちら)
ここまでホテルについて書いていますが、パーク内もそんなひどい対応をされることはないですよ。ご安心を。

(4)東京より空いている

確かにオープンしてしばらくは混んでいました。
今年の春節の時期は前売り券も完売になっていました。
ですが、流石にオープン特需も一巡し、混雑も落ち着いてきたようです。
対して、東京は相変わらず混んでいる!
特に今の時期は春休みシーズンで学生さんが多いです…。

混雑が苦手なみなさん、これを機に上海に行ってみましょう!
特に混雑を避けるなら平日がオススメです。
パークチケットも平日料金で安くなるし!(中国の休日が当たる場合は休日料金になるのでご注意を)

ということで、ここまで地方在住者こそ上海パークがオススメな理由を書いてきました。
どうでしょう?私もこれなら上海パークに行けそう…と思っていただけたのではないでしょうか。

さて、ここまで上海のことをお届けしましたが、来週は香港パークが地方在住者にオススメの理由をご紹介します。
上海で好評だった、旅費比較記事も登場しますよ!お楽しみに!!

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

【上海パークへ行こう】その16 地方在住者こそ東京より上海がオススメ!?(4)東京より上海パークのほうが安く行ける人は…!?

Facebook

2.旅費が東京に行くより安くなる可能性がある

(5)ここまでのまとめ〜上海の方が安く行ける条件

ここまで紹介した4つの空港以外にも、それぞれの空港を比較してみました。
以下の条件に当てはまるところが東京より安く行ける可能性があります。

・格安航空会社の上海便が就航している
・上海便が多い
・北部九州地方

格安航空会社&北部九州地方については、(1)の佐賀空港が典型的な例でした(佐賀に近い、福岡&長崎空港も北部九州地方ということで当てはまりました)。
この3空港から上海に飛ぶのと東京に飛ぶのとでは、飛行時間がほぼ同じという…!!
また、上海便が多い(4)の関西国際空港はフルサービスの航空会社を利用してもわりかし安く済むことが分かりましたね。

逆にかなり高くなってしまうのは、
・小松、富山空港など日本海側の空港
・上海便の就航本数が少ない空港
・国内線の東京行きが数社就航しており、競争が激しい
です。
小松、富山の両空港は、国内線は北陸新幹線と競合しているため、かなり安い…。
しかも上海便が週2〜4便と少なく、価格も高騰しがちです。
九州地方の鹿児島空港は東京(羽田・成田)行きだけで5社就航しており、フルサービスの航空会社同士で比較(東京は日本航空、上海は中国東方航空)しても、航空券だけで5万の差が…しかも上海便は週2便…それはきつい。

さて、ここまでは料金面で比較してきました。
次回は料金以外のところで、上海パークに行くのがオススメな点をご紹介しますよ!

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります