年に1度でも、会いたくて

Facebook

私はたいてい、お祭り開始時間ぎりぎりに到着するように会場に向かいます。
理由は、待つのが手持ちぶさただからなのですが。
しかし、今日に限って30分早く小田原に着く!
電車の接続がよすぎたのです…遅刻するよりはいいか。
というわけで、珍しく駅前のカフェでお茶しながらのんびり小田原の街へと繰り出しました。
まずは、駅前会場へ。
ここはこれまでなかった会場ですね。
駅のロータリー前で、デッキの真下。
小田原は朝雨が降ったらしいのですが…、万が一降ってきてもこれなら大丈夫ですね。
そしてこの会場には…おぉぉ、フリーのフラフ、相模屋さんだ!
高知でも会いましたが…衣装姿でお会いするのは本当に久しぶりですね!
そしてまさかの「舞踊工場」とは。
うさぎちゃんの衣装でも、舞踊工場ならば全く違和感なし(面白チームですからね)。
場所柄フラフを振れない相模屋さんと一緒に舞踊工場の演舞を見た私でした。
1時間弱のみの駅前会場を出た後は街中の栄町会場、そしてえっさホイのメイン会場でもあり産業祭りのメイン会場でもある小田原城へと向かいました。
えっさホイは産業祭りのメインイベントという位置づけなのですが、産業祭り自体もすごいのですよ。
小田原の地元企業や商店のみなさんが多数出店して、おいしいものがたくさん!
今年は東日本大震災で被害に遭われた各地のみなさんの出展も多数で、食べるところに困りません。
(やっぱ、私も箱根富士屋ホテルのパン、買えばよかった…→「弥雷!」のうえさん)
そして小田原といえば、特に多数のみなさんにお会いできる!
「弥雷!」御一行:おすぎさんの「Summyちゃんがくると祭りって感じだわ~」にみんなで同意するところが弥雷!って感じですよね。10周年、おめでとうございます!そのうち9年、私も弥雷!とお付き合いさせていただいてますね。あっ、弥雷!うちわ&黒棒、いただきました!
「ちーむこなき」:ぺるさん、久しぶりにお会いできて嬉しかったです~!最後の涙にはびっくりしましたが、その他楽しいよさこい話についてはまた別の機会に語りましょう!かたぎりさん、最後に後ろで踊ってたのみっけ!&えみりんずでもみっけ!こなきも10周年おめでとうございます!また連絡します~!
「さがみ信用金庫 翔舞」:初代監督、今年も翔舞で演舞してくださっていて感激でございました。まだまだ踊っていてくださいね~。えみりんずと2チーム掛け持ちでは喉もダメになるのでは…仙台までに治してくださいね!
「よさこい舞友伝」:キムキムさん、一目見て意識したんだろうな、とは思いました(笑)。でも、今年も生歌健在で嬉しかったです。そしてキムキムさん、久々に踊っている~!!
「乱気流」:ムナ先生、会えなくて残念~。今年も素敵な演舞でございました。今度こそお会いしましょうね~!
「大井町ひょうたん~」:まさか帯状疱疹の理由がそれとは…涙美豚さん、ご自愛を(いや、反復勉強を?)。
「十六夜」:旗坊さんもお久しぶりでした!高知では私の滞在時間が短いばかりにお会いできなかったんですよね…すいません。
「舞ルネサンス」:とみ~さん、会えなかったけど演舞はちゃんと見ましたよ~!
「えっさホイ実行委員会」:Hさん、今年もお元気そうで何よりでした。毎年スタッフされているのを見て嬉しくなる私です。
カメラマンの本家HAKKOさん:お久しぶりでした!お元気そうでなによりです!そしてえっさホイのタイムスケジュール、ひそかに頂戴していました。ありがとうございました。
見物にいらしていたおぐちゃんさん:そう、「よいやさぁ」のことは知ってました!(←関東のよさこい情報サイトです。みなさん、見に行きましょう!)また、いろいろと情報交換させてくださいね!
何だか会った人の話で終わってしまった感が(爆)。
ちなみに、今年の産業祭り、たぶん今までで一番の人出だったかもしれません。
なぜかというと、これまでえっさホイのパンフレットをもらいそびれることはなかったのですが、あやうくもらいそびれそうになったのです!
危ない危ない…私の収集物が(爆)。
会場もかなりの人!
産業祭りもすっかり定着してきたのかなぁ、そう思いました。
えっさホイも今年で13年目、小田原にちょっとずつ定着してきたのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です