復活待たれる吾妻さん

Facebook

二宮が寒いことはよく分かっているので、ペタペタカイロを貼って出発。
我が家から二宮は1時間かからず行けるので楽ちん…さくっと二宮に到着しました。
会場と反対側に出て、吾妻山公園へ。
登りはじめにある300段の階段を登っていくこと15分、山頂に到着〜(注:通常は25分かかるそうです)。
雲が出始めていたので心配していましたが、何とか富士山を拝めました。
良かった良かった、ただ、やはり山頂の雪は少ないなぁ。
ちょうど見頃になっている菜の花とともにパシャリ。
買っていったパンを食べながら花見的?昼食となりました。

吾妻山公園の山頂から見た菜の花と富士山。二宮に来るときの楽しみです
吾妻山公園の山頂から見た菜の花と富士山。二宮に来るときの楽しみです

ノンビリ過ごした後は一気に下山!
ひたすら階段を下っていったらパレードのゴールのそばに着きます。
そこには給水所もあるのですが…何と!今年は二宮名物の給水ならぬ給豚汁はないのか!
自分はたべれないくせに、踊ってきたあとに暑い暑いと言いながら踊り子さんが給豚汁を食べる様子が好きだったのに…残念だなぁ。
会場は相変わらずクネクネとした曲がり角に坂道。
決して踊りやすい環境ではないと思うのですが、この狭いところがみんな好きなんですよ。
そして途中に挟むステージと、どうしてこういう構成になったのかと突っ込みたくなる二宮の会場です。
吾妻山公園は観光客の方が多かったように思いますが、よさこいの会場は地元のみなさんで賑わっていました。
部活の終わった中学生のふざける様子や近所にお住いのご家族さん同士の新年のご挨拶など、地域の交流の場となっている二宮の様子を見ることができました。

普段は静かな通りなのでしょうが、今日だけはたくさんの方で賑わっています
普段は静かな通りなのでしょうが、今日だけはたくさんの方で賑わっています

お知り合いのみなさんには立て続けに会えたなぁ。
スタートしてからは早速「猿楽」ふっくんさんを見つけ、「弥雷!」イワンさん、ヤンヤンちゃん親子を発見。
ミニ地方車では「弥雷!」QQQさん運転中。
「ちーむこなき」では「翔舞」の初代監督が踊っているのを発見!
早々に色んな会えるな、二宮…。
しかも今年も東京よりFさんご夫妻が!
本当によさこいにハマってらっしゃるなぁ…サザエを食べてご満悦だそうです。
よさこいミニ旅行も楽しいので、今年もぜひ各地でお会いしましょう!!

弥雷!のミニ地方車以外は町の広報車が地方車として大活躍!
弥雷!のミニ地方車以外は町の広報車が地方車として大活躍!

今日はだんだん天気が悪くなる予報の関東。
二宮も雲が増え、風が冷たくなってきました。
こうなるとひとところに佇むことはできず、ちょこちょこ動き回りながら演舞を見ることにしました。
そんな中、近くにいたカメラマンのがっきーさんも同じようにちょこちょこ動き回り…でもがっきーさんはいつも私以上に動いているからなぁ。
さらに、カメラマンのmnlpkjqさんにも初めてお会いできました。
よく私のことお分かりになったなあ…。

そして「ちーむこなき」ぺるさんはお嬢さんだけを躍らせて、ご自身踊らず。
どうしたのかな?と思って聞いたら、「2人目が…」とのこと。
おぉ、おめでとうございます!
予定日が夏なんで、今年のえっさホイには間に合わないと…あーっ、そうか、何と…!!

これが「お好み焼きを鳴子で引っくり返せそうな通り」。せ、狭いんです…。
これが「お好み焼きを鳴子で引っくり返せそうな通り」。せ、狭いんです…。

今年は例年より参加チームが多く感じた二宮。毎年これぐらいだったかな?
全チームの演舞終了後はなぜか「恋するフォーチュンクッキー」二宮バージョンの演舞。
私が行かなかった昨年は「妖怪ウォッチ」だったらしいのですが、一昨年はフォーチュンクッキー踊ってましたよね。
それが好評だったから復活したらしい…そんな理由で!
みなさん結構覚えているなぁ…なんの淀みもなく踊っている。
最後は「どっこいしょ」で総踊り。
はじのほうでは、「舞友伝」「乱気流」の一部メンバーさんで2013年に解散された「銀輪舞隊」さん十八番「どっこいしょ イカ踊りバージョン」で大盛り上がり!
「舞友伝」キムキムさん、ノリノリだなぁ。
チームでも煽りじゃなくて踊ればいいのに…。

すっかりイカ踊りがデフォルト?な舞友伝・乱気流有志のみなさん。目立ちます…!!
すっかりイカ踊りがデフォルト?な舞友伝・乱気流有志のみなさん。目立ちます…!!

終了後はあまりの寒さに早々に帰宅…年始から引いていた風邪がようやく治ったのに、またぶり返すわけにはいかないですからね…。

エンディングの挨拶で町長さんが言っていました。
「吾妻さんよさこいパレードは一旦休止となりますが、近いうちに場所や内容を変え、復活させるようにいたします」
その言葉の通り、復活、待っています!!

Post Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です