【香港レポ】生歌&ダンスが魅力!「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」

Facebook

前回は香港ディズニーランドのレギュラーショー「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」についてご紹介しました。
今回はもう一つのレギュラーショー「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」をご紹介します。
このショーがスタートして1年強経過しましたが、未だに人気で、特に土日の時間帯によっては満席になってしまうほどです。
私も数え切れないほど見ていますが、その度に素晴らしいショーだと実感していますよ!

今回も動画をご用意していますので、実際にこんな感じなのかな?というのを感じていただけると幸いです。

1.「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」とは

・ミッキーが主人公で、本から飛び出してきたオラフ(アナと雪の女王)を元に戻してあげるべく、ディズニーのさまざまな物語を冒険して行くストーリー
・各場面で歌われる曲はほぼ生歌!
・会場はファンタジーランドの「ディズニー・ストーリーブック・シアター」
・1日4〜7回開催
・所要時間は30分
・中での会話はほぼ広東語!が、客席から見て右側に英語字幕があるので、何を話しているか知りたい場合は右側に座るのがおススメ
・ミッキー&フレンズは、ミッキーとグーフィーのみ登場なので注意(ミニーちゃんなどは登場しません)

そうなんです、ミニーちゃんやドナルドたちは登場しないのです…こちらはパレードで堪能しましょう

2.「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」のここがおススメ!

(1)生歌が素晴らしい!

このショーの特徴といえば、なんといってもほぼ生歌であるということ。
しかも英語!(よかった、馴染みがある)
特に、アリエル、ラプンツェル、メリダ(メリダとおそろしの森)の3人が登場するシーンやティアナ(プリンセスと魔法のキス)のレストランのシーンは特徴的な美しい歌声を聞かせてくれます。

アリエル、ラプンツェル、メリダが登場し、ハーモニーを効かせる場面は鳥肌モノ!

(2)ダンスも素晴らしい!

こちらに登場するダンサーさんはどの方も素晴らしいダンス!
キレキレのダンスを見せてくれますよ。
特にティアナのシーンは歌声とダンスが合わさり、とても素晴らしいハーモニーです。
これはおススメですよ。

プリンセスと魔法のキスは日本ではそれほど馴染みのない映画ですが、未見でも楽しめるので心配なく。あらすじを知っておくとより良いかな

(3)シュールなオラフが鍵を握る?

主役はミッキーですが、オラフがこのストーリーの鍵を握っており、ちょくちょく登場します。
しかも途中ではえーっ、という姿で登場…見ていた子どもたちもビックリです。
どんな姿かは…ショーを見てのお楽しみ!

ここではまだシュールではないオラフですが、この後シュールなオラフ登場!どんな姿かは現地にて…

(4)ストーリーが分かりやすい!

前述のようにショーは広東語で進行しますが、見ているだけで全体の流れはだいたい把握できます。
登場する映画のストーリーを知っておくとより楽しめますが…、知らなくてもなんとかなるかと。
ちゃんと会話を把握したい、という場合は右側から入場すると英語字幕側に座れますよ。

ミッキーがいろんなお話の世界を巡っているとことを忘れなければ大丈夫かと。ジャングルに雪は降っているかな……?

3.実際に動画を見てみよう

では、ここまでを踏まえ、動画を見てみましょう!

いかがでしたか?
広東語でも話の内容を追える気がしませんか?
歌やダンスも見どころですよね。

今回は小さい画面でしたが、これの魅力はぜひ現地で感じてみてくださいね!

最後まで魅力いっぱいで30分があっという間に経ってしまいます。ぜひ滞在中1回は見てみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です