【上海レポ】パークから近く安いホテルに泊まりたい!3泊で1万円ほどで泊まれるホテル

Facebook

2017年11月に上海に行った時は、パークから2駅の「Zホテル」に泊まりました。
その時の様子はこちら

1室5000円を切る価格で、快適に泊まれ、周辺環境も良かったので中々気に入りました。
今回は同じエリアにある「Home Inn」というホテルに宿泊。
こちらも価格の割にはお得に泊まれ、快適に過ごせましたよ!

1.こんな方にオススメ

・とにかく安く泊まりたい
・パークから出来るだけ近いところがいい
・駅近ホテル希望
・タクシーを使わなくても各所に移動できるホテルが良い
・周辺に色んなお店が揃っていると最高
・地元の人たちの生活が垣間見えるところに泊まってみたい

2.どんなホテルか

最寄駅となる「秀沿路」駅から徒歩2、3分。
通りに出るとドンと「Home Inn」と書かれている建物があるのですぐに分かると思います。

どうやらビジネスホテルチェーンのようなこちら。
ホテルは4階建で、今回4階に宿泊しました。
思った以上に室内は広く、設備は整っていましたよ。

ベッドはダブルサイズ!ずいぶん大きいなぁ
反対側は机。無料のお水もありますよ!
洗面台とトイレ。奥がシャワールームです

3.パーク&空港への道のり

(1)パーク方面

地下鉄11号線で2駅、4元です。
特に迷うことなく、スイスイ行けると思います。
なおパーク行き始発は7:01です。
6時台はないのでご注意ください。

始発で乗車してもかなり前で並べました!平日ならかなり楽に前方で並べそうです

(2)空港方面

空港からは、
浦東国際空港駅→(地下鉄2号線)
→竜陽路(Longyang Road)駅→(地下鉄16号線)
→羅山路(Luoshan Road)駅→(地下鉄11号線)
→秀沿路(Xiuyan Road)駅
で、所要時間はおよそ1時間5分、料金は7元です。
または、空港から竜陽路駅までマグレブ(リニアモーターカー)の利用で所要時間40分、料金は44元となります(マグレブの航空機利用者割の場合)。
乗り換えが2回と多いですが、竜陽路駅も羅山路駅も乗り換えはまだ分かりやすいのでそこまで負担にはならないかと思います。
(竜陽路駅の手前、広蘭路駅で一度電車を降り、乗り換えする必要があります)

地下鉄路線図。空港に行くのに乗り換えが多いのが難点…マグレブを組み合わせると良いかと

4.周辺環境はこんな感じ

ホテル1階は大型スーパーがあります。
スナックや飲み物はここで調達しましょう。
朝7時から22時まで開いています。
量り売りの野菜など、日本とは違った食生活を垣間見ることができるのも楽しいものです。

そのほか、コンビニや麺類のお店、肉まんのスタンドなどは徒歩5分以内に集中!
ケンタッキーやマクドナルドもありますよ。

前回もお世話になった小吃のお店。今回も写真に撮って指差し注文です
肉まん2個で3元!50円ぐらいです…
上海といえば焼き小籠包も有名!4つで5元でした
麺料理屋にも行ってきました。熱干面と書いてある写真の料理を注文していたのですが…
こちらが出てきました。あっさり系で美味しかったのですが、これだったのか…?
ホテル周辺案内図を作ってみました。近隣に集中していて、夜もそれなりに人出がありますよ

5.価格は…

3泊で597元(決済時点の日本円で10056円)でした。
サービス料15%込なので、1泊3300円ほどといったところ。
かなり格安に泊まれますよ!

6.注意点

(1)支払いは現金のみ

こちらのホテル、実は事前決済ではなく当日支払いでした。
前回Zホテルに宿泊した際、デポジットが現金のみだったことを思い出し、現金を多めに用意して支払いに臨んだら…やはり現金のみでした(正確にいうと現金と銀聯カードのみ)。
そのため、現金を多めに用意しておきましょう!
なお、こちらのホテルはデポジットはないものの、お釣りはチェックアウト時にもらえるシステムです。

(2)エアコンの効きが悪い!?

エアコンのリモコンの反応が悪いのか、エアコンがつく日とつかない日が…。
パークから戻るとたいてい窓が開いていて室内が冷えているのに…。
全くつかないのは初日のみで、そのあとは何回か試すとつくので安心しました。
本当にダメな時はフロントに言いに行った方が良さそうです。

(3)シャワーの水圧がとにかく弱い…

シャワーの穴はたくさんあるのですが、切り替え式のためか全ての穴から出てこず、しかも水圧が弱い…。
髪の毛が長い方の場合、洗髪に時間がかかると思います。ご注意を!

これが噂のシャワー。私はそこそこ髪の毛が長いので、洗うのに時間がかかりました…

ちょいちょい残念なところはありますが、個人的に決定的にダメなところはなく、この価格ならありかな?という感じです。
地元の人たちの生活も垣間見えるところで、暮らすようにパークに通ってみませんか?

ホテルライフに加え、一般の人たちの生活も垣間見えるのが魅力のエリア。朝一緒になって肉まんを買うのも楽しいですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です