「私が私を変える」

Facebook

昨日読んだ本の「トリガー」の続き。

「あなたは最大限の努力をしましたか?」を問い続けて自分を変えるというのは印象的なことだった。

その続きで、後半部分を読んで、自分自身を変えることについて学びがあったので、その部分をシェアしようと思う。

「今の1時間を最大限楽しむために努力しましたか?」

著者のマーシャル・ゴールドスミスは上記質問を1時間ごとに自分自身へ声がけすることで変われるという。

本当に!?と思うのだが、これが本当らしい…。

というのも、現在に生きることを思い出す第一歩になるとか。

しかもスマホのアラームで1時間ごとに鳴らす仕組みを…なんと。

しかし、意志の力に頼るのではなく、仕組みの力を大切にすることが何よりというのが1番の納得どころかも…。

「私が私を変える それが100%のトリガーに」

自分の行動のために問いかける言葉。

・私はする気があるか?

・その問題は今直面している問題か?

・必要な投資か?

・ポジティブな違いを作り出しているか?

・ポジティブな違いを作れる問題か?

行動できない時にこの言葉を投げかけよう。

人生に向けて「最大限の努力をしたか?」

①明確な目標設定

②目標達成に向けて進歩

③人生の意義

④自身の幸せ

⑤良い関係を構築

⑥心からのエンゲージ

以上について、私は最大限の努力をしたか?

なにかと自分に問いかけることで、自分の目指すところを明確に…!

「最大限の努力」は個人がコントロールできることについてフォーカスする、重要なワードなのかも。学びの大きな本でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です