カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

【舞浜に行こう】当日編(22) パークを満喫! その15 障がいがあっても楽しめる!パークのバリアフリー指南

Facebook

パークといえば、元気に動き回るイメージがありませんか?
では、車いすの方など、体が不自由な方は楽しめないのか…?

そんなことはないですよ。体が不自由でも、パークを満喫することは可能です。
もちろん、体験するのが難しいアトラクションはありますが、基本的にパーク内はバリアフリーのところも多く、十分満喫できますよ。

車いすの方以外にも、例えばご高齢の方や妊娠中の方と行く機会はありそうですね。
今回は広い意味で、身体に不自由があってもパークを楽しむ方法をご紹介します。

1.まずは情報を仕入れよう

公式サイトトップ→ヘルプ/アクセス と進むと、「バリアフリー」のコーナーがあります。
ここには障がいに合わせて、以下の項目に分けて紹介されています。

・車いす
・肢体不自由
・視覚障がい
・聴覚障がい
・発達、知的、精神障がい
・サービスドック連れ
・食事制限のある方

ずいぶん細かく分かれていますね。
身体が不自由な場合だけでなく、発達障がいなどにも対応されているとは。
食事制限のある方は、パークのレストランにある低アレルギー食では対応できない方に限り、お弁当の持ち込みが可能ということで、電子レンジやレトルト食品を温めることが可能なレストランの一覧が載っていました。
食事制限のある方だけでも勉強になるなぁ。
各ページにはアトラクションのバリアフリー情報や付き添いの有無などが記載されています。
自分の乗りたいアトラクションのバリアフリー状況を確認してパークへお越しくださいね。
また、これらの情報は問い合わせをすれば事前に冊子やCD、点字の地図などを送付してくれますよ。

また、各アトラクションについて「暗い」「突然の大きな音・光」など、小さなお子さんが苦手な項目についても紹介されています。
もしお子さんがこれらについて苦手な場合は、このページを事前にチェックしておくといきなり泣かれずに済むと思いますよ。

2.さぁ、パークへ行こう

1)車いすを借りる

高齢のおじいちゃん・おばあちゃんと行く場合、車いすがあると疲れたときに座ってもらえるし良いかな…ということはありませんか?
車いす、借りれますよ〜。
パークに入ってすぐの「ベビーカー&車いすレンタル」で借りましょう。
自力で動かすものもあれば、電動車いすもありますよ(電動車いすを借りる場合、飲酒はNG)。
用途に応じてどうぞ。

2)ゲストアシスタントカードを手に入れる

「ゲストアシスタントカード」とは、障がいをお持ちの方や怪我・病気、ご高齢・妊婦の方など身体的機能が低下している方に発行されるカードです。
これを持ってアトラクションやグリーティング施設に行くと、列に立って並ぶのではなく、別のところで待機することが可能です。
順番が来たら呼んでもらい、アトラクションorグリーティングへ、という流れ。
アトラクションは本人+同伴者3名、グリーティング施設では本人+同伴者9名まで一緒に使うことができます。
カードの発行は、両パークの各アトラクション、メインストリート・ハウス、車いす&ベビーカーレンタルなどへ行き、対象者本人+同伴者全員のパスポートを提示して発行してもらいます。

立って待つのは身体への負担が大きいもの。
障がいをお持ちの方はもちろん、特に出産前にパークを楽しみたい!という妊婦の方や高齢のおじいちゃん・おばあちゃんと一緒にパークへ、という方には使えるのではないでしょうか。
なお、別の場所で待機している間に別のアトラクションへ…という使い方はマナー違反!
マナーを守って使いましょう。

3)アトラクション・ショーを利用する

アトラクションを利用するときは、「1.まずは情報を仕入れよう」でご紹介した各障がいごとのアトラクション利用規定を参考に利用します。
特に車いすの方の場合、車いすに乗ったまま利用できるアトラクションもあれば乗り場まで歩けることが条件になっているアトラクションもあるのでよくご確認ください。
2)で紹介したゲストアシスタントカードを持っているときには、キャストさんに提示して利用します。

また、ショーやパレードを見るときは、車いす専用の観覧場所があります。
前に遮るものがなく、見やすくなっている観覧場所です。
ランドのパレードルートおよびシーのハーバーショーの詳しい場所はガイドマップを参考に。
それ以外のショーについてはショー会場のキャストさんに確認しましょう。

4)トイレに行きたいときは

車いす優先トイレがパーク内の各トイレに併設されています(レストラン内のトイレなど、一部ないところもあります)。
オストメイト仕様になっており、場所によっては多目的シート(着替えなどができる)も併設していますよ。
詳細な場所についてはガイドマップを事前に確認しておくと安心ですね。

5)視覚・聴覚に障がいがあってもアトラクションの世界を満喫!

視覚に障がいがあると、どんな乗り物に乗っているのかを音や匂い、感覚で判断することになると思いますが、乗り物のモデルに触って確認することもできます。
両パークのメインストリート・ハウスでは、アトラクションのスケールモデルを展示しています。
これからどんな乗り物に乗るのか、触って確認できますね。
ここにはキャラクターのスケールモデルもあるので、ミッキーはこんなキャラクターなのかと触って確認できますよ。
しかも音声案内付きの触地図もあるので、パークの全体像もつかめます(音声案内なしの触地図はパーク内の数カ所にあります)。
また、事前にパーク紹介CDや触地図ガイドブックを送ってもらうこともできますよ。

聴覚に障がいをお持ちの方に嬉しいのは、アトラクション紹介が載っているストーリーペーパー。
アトラクションの世界観やナレーションの一部が紹介されているので、音がなくてもアトラクションの世界観に入り込めますよ。
各アトラクションで配布されていますので、キャストさんに声をかけましょう。
また、ショータイプのアトラクションの一部では字幕表示システムを貸し出してくれるところもあります。
こちらも利用時にはキャストさんに声をかけてくださいね。

6)ゆとりを持って楽しむコツ

障がいをお持ちの場合は、健常者のみの場合よりも特にゆとりを持って楽しむとよいですね。
そのためのポイントを私なりの視点でご紹介します。

・余裕を持ったスケジュールと優先順位付け
・トイレの場所を事前に確認
・休憩できそうなレストラン、ベンチのチェック
・お土産は午前中に購入し、コインロッカーなどへ(午後に入ると混む)
・レストランは事前予約しておくと安心

3.障がいがあってもパークを満喫しよう

障がいをお持ちでも楽しめるのがパーク!
障がいをお持ちの方のみならず、妊婦の方や高齢の方も上記を参考にぜひパークの世界観を満喫してくださいね。

次回は、つい探したくなる?隠れミッキーについてです。

【舞浜に行こう】当日編(21) パークを満喫! その14 ストーリーを知るともっと楽しめる!パークのバックグラウンドストーリー

Facebook

パークに行ったら、あのアトラクションでキャーキャー楽しんで…。
と、お友達と楽しむ分にはそれでも問題ないと思いますが、もっと楽しめる方法がありますよ!
それは、パークのバックグラウンドストーリーを知ること。
パークのアトラクションからレストラン、ショップ、はてまた通りまで、何らかのストーリーを持っています。
今回はそのうちごく一部をご紹介!

(1)タワー・オブ・テラー(シー)

ニューヨークにある、世界的な文化財収集家であるハイタワー3世が世界中から集めた珍しい品物を展示しているホテルハイタワー。
これらの珍しいものを前に、ハイタワー3世は記者会見を開きました。
そこでハイタワー3世は、南洋で集めたという「シリキ・ウトゥンドゥ」をという偶像を粗末に扱ってしまいます。

しかし記者会見後、ハイタワー3世は忽然と姿を消します。
最後に目撃されたのはホテルのエレベーター。
乗車した直後、エレベーターから爆発音がしたのですが、ハイタワー3世の姿はありませんでした。
エレベーターに残されたのは、シリキ・ウトゥンドゥのみ…。

のちにニューヨーク市保存協会による保存活動が行われ、一般の人たちにも見学ツアーが行われるようになりました。
私たちがアトラクションに乗れるのも、その見学ツアーがあるからなんですよ。
あ、エレベーターにはお気をつけあれ…

という感じのアトラクションです。
ここで海外パークに通じる豆知識を2つ。
実はアメリカにも同じアトラクションがあるのですが、こちらは設定が異なります。
アメリカでは、アメリカ版「世にも奇妙な物語?」のテレビ番組・「トワイライトゾーン」がテーマになっているんですよ。
日本人には馴染みが薄い番組ということで、シーではオリジナルストーリーが作られたという珍しいアトラクションです。
設定が違うともちろん中も違いますよ(落ちるのは共通ですが…)。
もしアメリカに行く機会があったら、ぜひぜひ。

また、このアトラクションは香港の「ミスティック・マナー」というアトラクションとも深い関わりがあります。
ハイタワー3世も、「ミスティック・マナー」のヘンリー卿も、どちらも世界中の文化財を収集している人たちの集まりである「S・E・A」のメンバーなんですよ。
ヘンリー卿も、世界中の珍しい品物を集め、アトラクションにて展示しています。
香港の「ミスティック・マナー」のアトラクションに入ると、「S・E・A」メンバーの記念写真があるので探してみてくださいね。ハイタワー3世もいますよ。
ちなみに、香港のはタワー・オブ・テラーのような絶叫マシンではないので、落下や回転が苦手な方でも安心です(高所恐怖症の私でも乗れます)。

(2)トゥーンタウン(ランド)

ディズニーの仲間たちが住む街・トゥーンタウン。
元々カリフォルニアのディズニーランドでは、多忙なミッキーたちがパークの近くに住みたいと、パークに隣接するオレンジ畑をキャラクターの住む街にできないかと提案したそうです。
その後、街が造成され、ゲストが誰でも来れるように開放したのがトゥーンタウンと言われています。

東京のトゥーンタウンにもミッキー、ミニーの家などキャラクターたちが住む家が立ち並んでいますね。
どこのお家もキャラクターの個性を生かした特徴的なお家になっています。
ぜひ観察してみてください。
また、家が立ち並ぶエリアとは別に商店や役所などが並ぶエリアもあります。
ここには3匹のこぶたが営む強風でも吹き飛ばされることのない家を建てる会社「スリーリトルピッグ・コンストラクション・カンパニー」や、3匹のこぶたのわらの家や木の家を吹き飛ばしてしまったオオカミ・ビックバッドウルフの営むひと吹きで家を解体する会社「ハフィン・パフィン・レッキング・カンパニー」などがあります。
しかし3匹のこぶたの会社は成功したものの、強風でも吹き飛ばされない家が建ってしまったため、ビックバッドウルフの会社は成功できなかったとか…。
でも、映画の街・トゥーンタウンでは、アニメーションの撮影時に強風が必要になるので、ビックバッドウルフはようやく成功できたそうです。
ここには、他にもいろんなキャラクターの商店があるそうですよ。
トゥーンタウンの奥の方にありますので、行ったら探してみましょう。

(3)ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ(シー)

昔は小さな漁村だったメディテレーニアンハーバー。
ここの奥にある要塞(フォートレス・エクスプロージョン)に世界中の探検家や冒険家、研究者が集まってきました。
要塞が世界的な学会に譲渡されたためです。
ここで研究される海洋技術などに誇りを持っていた、村の大地主であるザンビーニ兄弟、私財を投じてホテルやレストラン、商店などを次々に整備していきます。
それが現在のメディテレーニアンハーバーになったというわけです。

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテは元々ワインやオリーブの圧搾所として使われていたところを、兄弟の名前を冠したレストランに改装しました。
そのため、中にはそのころの名残りである醸造の様子も見られますよ。
また、レストランの周辺にはぶどうやオリーブの栽培も行っているので、ぜひ見てみましょう。
レストランを正面に見て左側に広がっているのがぶどう畑です。
また、近くの「ディズニーシー・トランジット・スチーマーライン」からはワインの輸出を行っていた名残りも見られますよ。
アトラクションを待っている時に探してみてください。

今回ご紹介したのはごく一部ですが、パークにはすべてのアトラクションにこのようなストーリーがありますよ。
その一部はパークの公式サイトの各アトラクション・レストラン紹介のページや、ものによっては公式ブログに掲載されているので、見てから行くとより理解が深まると思います。
ぜひ、パークに流れるストーリーを感じながら、歩いてみましょう。

次は…、もしかしたらこういう機会もあるかもしれない。
体が不自由な方でも楽しめる!パークの楽しみ方です。

【舞浜に行こう】当日編(20) パークを満喫! その13 移動手段じゃない!?ディズニーリゾートライン

Facebook

JR舞浜駅を降りて、シーに行くのに乗るディズニーリゾートライン。
そのほかにも、オフィシャルホテルに宿泊された場合、ホテルミラコスタやランドホテルに宿泊した方が遠い方のパークに移動されるのに利用する感じでしょうか。
でも、移動手段と考えるよりも、リゾートラインはそれ自体を楽しむ手段という方があっている気がするんです。
それはなぜか?
今回はちょっとパークを出て、ディズニーリゾートラインの魅力についてご紹介します。

1.舞浜駅⇄シーは歩こうよ!

舞浜駅からシーまでは、リゾートラインでしか行けないと思っている方もいるかもしれませんね。
ノーっ、そんなことはないですよ。
歩いても15分ぐらいで到着します。
小さなお子さんがいるとか足の不自由な方がいる場合はさておき、健康な大人は歩きましょうよ。
道もそれほど難しくありません。
歩いている途中で運営会社のオリエンタルランド本社前を通るので、心の中で「キャストさん今日もよろしくお願いします」と言ってから通りましょう。

そうすると、ホテル利用者しかリゾートラインの利用価値はないのか…。
…いや、違います!
リゾートラインは、リゾートという名前だけあり、「乗ることを楽しむ」路線と考えた方がいい気がします。
どんなところで楽しむか?
次項でご紹介しましょう。

2.リゾートラインを楽しむ3つのポイント

(1)特別ラッピング車を楽しむ

リゾートラインでは、季節に合わせて特別ラッピング車を運行しています。
2016年冬シーズンは豪華に2本のラッピング車が!
特に「ダッフィー&フレンズライナー」は外側だけでなく、車内の座席やつり革まで特別仕様に!
座席はダッフィーのぬいぐるみと同じ生地のフワフワ仕様。
これは感激もの…!

ここまで徹底的にやることは珍しいですが、2016年冬シーズンのもう一方の車両である「アナ雪ライナー」もアナ雪主要キャラが車内外に描かれた特別仕様です。
なお、2016年春シーズンは、上記2本に代わり「ディズニー・イースター」「シー15周年記念」の2本のラッピング車の運行が決まっています。
「ダッフィーライナー」は2016年3月25日、「アナ雪ライナー」は2016年3月18日まで。
パークに入らなくても、ちょっと乗りに行くだけでも楽しい車両です。

(2)キャストさん対応を楽しむ

パークの駐車場やバックヤードを歩くキャストさんが、リゾートラインに向かって手を振ってくれる姿がよく見られます。
また、シーのバックヤードでは遠方の仕事場までキャストさんを運ぶバスがたまに運行しているのですが、そちらに乗っているキャストさんも手を振ってくれる!
手を振ってくれるだけでこんなに嬉しくなり、心がほっこりします。

また、時期によっては駐車場担当キャストさんがカラーコーンで作ったミッキーを見ることができます。
なんと現在(2016年3月9日現在)ちょうど完成品が展示中。
リゾートラインから見れるそうですよ。
ランド側リゾートパーキングにはミッキー、シーのパーキングにはダッフィーがいるそうです。
展示は2016年3月18日まで。急げ〜!

(3)特別プログラムを楽しむ

最近、パークではシーズンによって「謎解きプログラム」が各所で行われています。
特に閑散期となる冬に活発に行われている傾向が…。
謎解きプログラムはパークに入園もしくはホテルの特別プランの申し込みが必要なものが多いですが、リゾートラインで行われるものは入園も予約不要!
1日乗車券付きのものを購入すれば、手軽に参加できます。
謎解きが好きな方にはオススメです!(実は私は苦手…)

リゾートラインは、パークへ行くのに実はそんなに乗る機会のないもの。
リゾートラインもアトラクションの一つとして数えればとっても楽しく乗ることができますよ。
一回の乗車で260円で気軽に楽しめるので、パークへ入園するお金はないけど…というときでもオススメです。
パークへ入園した後、取れるファストパスがなくなりどこもかしこも混んでいる、というときに乗りに行くと空いているのもリゾートラインの特徴かもしれませんね。
その場合は、後で戻ってこれるよう、出口でハンドスタンプを押してもらうのを忘れずに!

次回は、またしてもパークへ戻ります。
パークのあらゆるものには、ストーリーがある…そんなお話です。