ひょうたんからよさこい

Facebook

毎年彩夏祭の週の日曜は初めのお祭りに行っています。
昨年はうらじゃ@岡山。
今年はさすがにそんな遠いところまで行きませんが(爆)、初めてのところに行きます。
小田原に程近い大井町で開催される「大井よさこいひょうたん祭」です!
大井も結構古いお祭り。
チラシには第22回とあるのですが…ほんとによさこいが22回目なのだろうか?
ほんとなら朝霞より古いですよね…分からん。
そして、大井も地元チームが多い!
参加30チームのうち、(たぶん)3分の2が地元チーム!
これはすごい…何人ぐらい参加しているのだろう。
6月末現在の大井町の人口が18000人だそうなので…。
…こういうことばかり気になる私です。
今回の大井は、おなじみ弥雷!のビジターメンバーとして活躍されている直さんが大井町の協議会に所属されていることもあり、その縁で行くことに決めました。
大井の不思議は直さんに教えてもらおう。
お知り合いのチームは、「さがみ信用金庫 翔舞」「舞友伝」といったところでしょうか。
あと、ムナ先生が「南風連」で参加されるかな。
ちなみになぜ大井はひょうたんなのか…。
JR上大井駅にひょうたん棚があり、そこからひょうたんの町になったのだそうです。
ひょうたん棚もちゃんと見なくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です