【舞浜レポ】「テーブル・イズ・ウェイティング」でキャラクターやダンサーさんたち触れ合おう

Facebook

キャラクターはショーなどで見るだけではなく、触れ合うのもまた魅力です。
通常はキャラクターグリーティングで触れ合うことになりますが、また別の形で触れ合うこともできます。
その一つがシーのレギュラーショー「テーブル・イズ・ウェイティング」のバックヤード。
なんとこのショー、ショー出演前のキャラクターやショーダンサーさんたちと触れ合えるんです。
どうやって、どこで触れ合えるのか?楽しみ方をご紹介しますよ!

1.テーブル・イズ・ウェイティングを裏から見る魅力

・出番前後の様子が見られる
出番前のミッキーはどんな風にして過ごしているのか…。
そんな姿が見れるのが裏側。
こちらに手を振ってくれるのはもちろん、ふざけたり、ミニ寸劇が始まったり。
ここでしか見れない姿を見ることができます。
ぜひここでは手を振り返しましょう!

きゃー、ミッキー!かわいく手を振ってくれますよ
デイジーとプルートは何か楽しそうに話しをしていますね

・ショーの裏方さんの様子が見られる
裏にいるのはキャラクターやダンサーさんだけではありません。
ショーを支える裏方さんもまた頑張っておられます。
ショーのあの演出はこんな風に行なっているのか!そんなところも見れますよ。

このショーの主役・ルミエールとダンサーさんは何を楽しく過ごしているのかな…?

2.どこで見れるのか

ステージ向かって左、S.S.コロンビア号入口手前で見れます。
すごい一眼レフカメラを持っている人たちがたくさんいますが、ひるまず行きましょう。
場所が狭いので、直前に行くと後ろの方から小さくしか見れないと思われます。

iPadだと遠くなってしまうのが残念…キャラクターによっては近くに来てくれるので、撮影はその時を狙いましょう

3.どう見たらいいのか?

2回通して見るのがオススメです。
まずは正面で。
席に座るか、後ろから見るか、ショーのストーリー全体を把握しましょう。
次の回はいよいよ裏から。
音楽やしゃべりはよく聞こえるので、それを聞きながら次はどのキャラクターがやってくるかな…と考えながら見ましょう。

終了まで1ヶ月を切ったテーブル・イズ・ウェイティング。
これから3/17のフィナーレに向けて混んできそうですが、ぜひ裏から見るのも挑戦していただきたい!
オススメの鑑賞方法です。

終了まであと1ヶ月!見に行くチャンスのある方はぜひ裏から見てみてください!

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です