わが町の支店長、踊る

Facebook

今日は朝から晴れて穏やかな天気!
これはお花見にぴったりだなぁ〜。
そんな気持ちでるんるんしながら山北へと向かいました。
途中車窓から見える桜もどこも満開で期待大!
山北へは途中ローカル線のJR御殿場線に乗り換えるのですが、途中駅からはぎゅうぎゅうの大混雑!
みんな桜を見計らってきているでしょう〜。
今日は本当に期待大ですよ〜。

山北へ近づくにつれ桜が増え、ついに駅に到着!
おぉ、本当に見頃!やった!!
桜のピンクが美しい〜そしてみんな山北でドッと降りる〜。

駅近くの桜鑑賞スポット。ここで電車の通過に合わせて撮影しようとする人たちで混んでました

駅のそばにあるメイン会場・鉄道公園から見える桜はちょうど見頃。
去年は葉桜だったり、その前は雨だったりと桜や天候に恵まれなかった山北でしたが、今年はドンピシャ。
いい気分で本日のパンフレットを受け取り、始まるまで見ていると…あれ?
パンフレット内に書いてあったとあるチームの紹介文に衝撃…これは何、もしかして…。
これはもう見るっきゃないでしょう〜。
ちょうど気になったチームさんはメイン会場で最初に演舞だったので見てみると…想定をはるかに上回る面白さ!
ど、どうしよう。
これは後で突っ込むしか…!

その面白さは置いておいて、まずは桜並木会場の演舞を見に行こう!とメイン会場そばの桜並木へ。
昨年は葉桜だったここも今日は流石に満開の桜。
たまに花びらがひらひらしていて、風情があります。
ここは特に多数のよさこいカメラマンさんたちがいましたね。
そりゃみんなここで桜と踊り子さんの姿を撮りたいわな。
ここは道幅も歩道も狭いのでそんなに沢山の人がいるわけではないのですが、ハイカーさんや桜を見に来た方も足を止めていましたよ。

山北は地元チームさんが多いのも特徴。32チーム中、4分の1強が山北のチームです

そして今度は山北駅前会場へ。
ここは山北駅のロータリーのうち半分を使ってステージ形式の演舞を披露していました。
観客席的なものはないので、みなさん歩道の縁石に腰掛けて見ていました。
場所柄、メイン会場に次いで人が多かったかな。
そして、ここでは楽しみにしていた3チームの演舞が観れるという…。

そしてその時はやってきました。
チームの煽りの人がこう言います。
「日頃からさがみ信用金庫山北支店をご愛顧いただき、ありがとうございます。今年、さがみ信用金庫山北支店ではチームを作り参加いたしました。真ん中で踊るのは支店長の…でございます。ぜひ盛大なご声援をよろしくお願いいたします」
…やっぱりそうなんだ〜。
「…」に入るのは、日頃からお世話になっている、「さがみ信用金庫“翔舞”」の初代監督でした。
「踊るおじさん」として翔舞の激しい演舞を踊り、合わせてだいたい掛け持ちしている「ちーむこなき」の演舞を踊ってらっしゃいますが、ついに3チーム目!
しかも自分がさがみ信用金庫山北支店に支店長として異動してきたから結成したと!
何ですかその面白い展開は…。
そして真ん中最前列で一人ソロで踊るって…(チームとして踊ったのは小田原の総踊り)。
私は研究時代からお世話になっているので、かれこれ15年以上のお付き合いになりますが、ついに支店長ですか。
だ、ダメだ、お、おかしすぎる…!
おじさんが頑張って踊っている(残念ながら少々遅れている)姿を想像してみてください…けなげなんですが、私は個人を知っているゆえにツボすぎる。
そして1チーム間を空けて「翔舞」の演舞で激しく踊り(もちろん衣装チェンジも)、さらに2チーム空いて「チームこなき」の演舞でこちらも激しく踊り(やっぱり衣装チェンジ)、終わると山北支店の演舞のために走るという…。
どこまで踊るのが好きな人なんだろう?

あまりに面白かったので、今回は特別サービスで載せよう。まずは山北支店の演舞(ご本人先頭)
こちらは翔舞の演舞。幕前正面中央がご本人
そしてラストがちーむこなき。最後尾でちらっと映ってます。

「ちーむこなき」演舞後にメンバーのぺるさんにお会いしましたが、話題は初代監督の話に。
山北支店の演舞での初代監督の動きに突っ込みどころ満載と大盛り上がり。
いやはや、そうなるよね…!

その後会場を転々とし、再度桜並木会場に戻った時のこと。
この会場の最後が「ちーむこなき」で、演舞後の初代監督と話ができました。

「いやぁ〜1本飛ばしちゃったから全部で11本になっちゃった〜」
→いや、演舞時間は3時間半ぐらいの間しかなかったはずですが…!

「すっかり足がガクガクだよ〜」
→それだけあの激しいのを踊れば…

「でもこんなことってあるもんだね。まさか自分が山北支店の支店長になるなんてさ」
→偶然だったんですか!志願だったのかと。

とまぁツッコミどころ満載。
しかしゼイハァ言いながらも、わが町の金融機関の支店長が最前列で踊っていたら、町の人も親近感が湧くだろうなぁ。
少なくとも今それができるよさこい関係者を私は初代監督しか知らないけど…!

全体的には、桜も見頃で暖かく、人出も多くて最高の山北だったのですが。
もう、個人的には初代監督に持っていかれた感が強すぎです…!

ラストのソーラン山北総踊り(輪踊り)も満開の桜も吹き飛ぶぐらいの強烈な印象の残った山北でした…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です