【パリレポ】ディズニーランド・パリでマラソンに挑戦!?申込してみた

Facebook

2018年11月に始めてディズニーランド・パリに行ってきました。
その時の様子は色々書きましたが、またパリに行くことにしました(笑)。
今度は9月!
「ディズニーランド・パリ・ラン・ウィークエンド」に参加するためです。
何、マラソン!?
ディズニーランドのマラソンってどんな感じなのでしょうか?
今回は概要と申込についてご紹介します。

1.ディズニーランド・パリ・ラン・ウィークエンドとは?

その名の通り、ディズニーランド・パリを走るのがディズニーランド・パリ・ラン・ウィークエンドです。
今年は4日間に渡り、以下の内容で行われます。

9/19(木)
・エクスポ(ゼッケン受け取り、グッズ販売など)

9/20(金)
・5kmマラソン(8:00スタート)
・エクスポ(ゼッケン受け取り、グッズ販売など)

9/21(土)
・10kmマラソン(7:00スタート)
・キッズレース(11:00スタート、15:00スタートの二部構成)
・エクスポ(ゼッケン受け取り、グッズ販売など)
・パスタパーティー(別途申し込み要)

9/22(日)
・ハーフマラソン(7:00スタート)
・エクスポ(グッズ販売など)

特徴はなんといってもコース上にミッキーたちをはじめとしたディズニーの仲間たちが多数登場すること!
写真もたくさん撮れるようです。
開園前のパーク内も走れるので、いつもとは違ったパークの姿も見れますよ。
また、オリジナルTシャツや特製完走メダルが各種目ごとにもらえるので記念になること請け合いです。

なお、私は海外ディズニーのマラソン参加は過去1回あります。
6年前にカリフォルニアのディズニーランド・ハーフマラソンのハーフの部および10kmの部に参加しました。

2.どんな種目があるの?

種目は、
・5km(40ユーロ)
・10km(59ユーロ)
・ハーフマラソン(77ユーロ)
・キッズレース(年齢により100m、200m、1kmがある、15ユーロ)
・31kチャレンジ(156ユーロ)
・36kチャレンジ(198ユーロ)
の6種類あります(カッコ内参加費、別途予約手数料2.5ユーロが必要)。

ん、上の4つは分かるけど、最後の2つは?
・31kチャレンジ:10km+ハーフマラソン
・36kチャレンジ:5km+10km+ハーフマラソン
…という、少々鉄人レース的な種目です(爆)。
が、どちらもそれぞれのマラソンのグッズに加え、チャレンジ特製グッズももらえることもあり、結構人気なんですよ。
36kチャレンジは3日連続走ることになるのですが…!

今回私は31kチャレンジでエントリーしました。

ちなみにこちらは2018年のハーフマラソンコース。最初と最後にパーク内を走れるコースです。中盤は住宅街を走るのか…!

3.さぁ、実際に申し込んでみよう

申し込みはこちらのサイトから可能です。

申込の流れは、
(1)種目選択(複数人まとめてエントリー可)
(2)オプションのラン用フォトパスの事前申込などを選択(あとで購入できる気がするので私は今回申し込まず)
(3)個人情報入力
(4)支払い
後にエントリー完了となります。
日本語はないので英語で申し込みとなりますが、案外分かりやすいですよ。

入力画面(一部)。こちらに詳細な情報をいれていきます。もちろん全てローマ字で
費用詳細。1予約ごとに手数料がかかるので、複数人まとめての場合も同じ2.5ユーロです

2019年のエントリーは4/2 16時(パリ時間)よりスタートしました。
申し込みは先着順です。
4/5時点で、
・5km
・36kチャレンジ
・キッズレース11時スタートの部(同内容の15時の部はまだ空きあり)
がエントリー終了となっていますのでご注意ください。

何度もエラーでNGになってしまったので、無事エントリーできたときはホッとしました…

4.注意点

(1)サマータイム変更直後!時差に注意

エントリー日はサマータイムに時間が変更した直後でした。
そのことをすっかり失念し、日本との時差が8時間と勘違いしてエントリー時間を1時間間違える失態をしてしまいました(サマータイム時の時差は7時間)。
私は36kチャレンジにエントリーしたかったのですが、すでにエントリー終了…(涙)。
やむなく31kチャレンジでエントリーした次第です。
エントリー時には必ず時差を確認しておきましょう。

(2)36kチャレンジ、5kmは1時間ほどで完売!

パリのマラソン種目では最も鉄人的な36kチャレンジと距離が短く親子で走れる5km(大人がいれば12歳未満でも参加可能)は1時間ほどで完売していました。
36kチャレンジはさておき、5kmもこんなに早いとは想定していませんでした。
36kチャレンジと5kmに参加したい場合は早めの行動が必要になります。

(3)エントリー後、医師の健康診断書提出が必要になる

これはエントリー後の話になりますが、医師の健康診断書提出が必須となります(10km、ハーフマラソン参加者のみ)。
フォーマットはサイト上にあるので、プリントアウトしてお医者さんに書いていただきましょう(フォーマットはこちら)。
アップロードはネット上で行うようです(4月末開設予定)。
なお、2019年の場合は8/30までに提出がないと参加取り消しとなります。
健康診断書を用意するのは計画的に…!

こちらが健康診断書フォーマット。早めに対応を!

(4)エントリー後、前方グループからスタートしたい場合は別途連絡が必要

特にハーフマラソンを1時間半以内で完走できるという方は、先頭グループに入れます(マラソンは5つの早さによりグループに分かれて出発です)。
が、こちらもネット上での申請が必要です。
この2年以内の公認レース(陸連公認のことかと)で10km以上のタイムで申請可能とのこと。
前方グループに入りたい方はお忘れずに。
なお、申請のない場合は最終グループからの出発になるそうです。

合わせて、1km9分56秒以内で走れないと失格となるようです。
ハーフマラソンだと3時間半が制限時間ということになります。
早歩きより少々早くなったぐらいのスピードだとは思いますが、普段走っていない人はトレーニングを今からしておきましょう。

いかがでしたか?
海の向こうの、しかもヨーロッパのマラソン大会ですが、ディズニーのマラソン大会といったらテンションが上がりますね。
しかもたくさんのキャラクターと会えるときたらもう…!
今年はまだ一部種目でエントリー可能なので、今からエントリーしてこの夏はパリで海外マラソンデビューしてみませんか?

こちらは6年前のカリフォルニアのハーフマラソン完走メダルとゼッケン。ゼッケンは名前入りでおしゃれ!ぜひこれらをゲットしに私と走りに行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です