本殿前が我らの舞台

Facebook

秦野はいつぞや9月のたばこ祭りに来て以来だった。
ということに、秦野駅に着いて思い出しました。
そうだよ、始めて来るんじゃなかったんだ。
どうりで駅構内に見覚えがあると思ったら…!

秦野元気まつりが開催される出雲大社相模分祀までは徒歩20〜30分とHPに記載が。
バスもあるようですが、健脚なのでグーグルマップを頼りに歩いて行きました。
グーグルマップは最短経路で案内してくれるので、大通りではなくひたすら住宅街の中を歩いて行くことに…!
ただ、見える景色は一戸建がほとんどで、たまに畑が広がり、春の花も咲き誇る、のどかの雰囲気。
車の往来も少なく、ゆったりとした時が流れていました。

25分ほど歩いたところで会場着。
今回は「丹沢マルシェ」というのも行われているそうで、参道には出店がたくさん!
出店は後で見よう…。
で、会場に着いて想定外の景色にびっくり。
なんと、会場は本殿の前に設けられていたのです。
ここに作ったか〜これまで川崎大師や西新井大師、明治神宮(原宿の奉納演舞)など、そういうロケーションのところはいくつもあったけど。
しかも鳥居から本殿方向が流し踊り演舞の会場になっているようで。
スタート前に参拝しようと思ったけど、そんな理由で行きづらい…。
すでによさこいカメラマンたちが前方で陣取っているし、ちと恥ずかしいなぁ。
手水場には「よさこい中も参拝は加能です」と張り紙してあったけど(おや、ありそうでなかった誤字だな…!)

奥が本殿で、参拝している人もいるでしょ?私は演舞中の参拝は恥ずかしくて無理でした…!

そして演舞がスタート。
今回は11チームが参加ということで、全チームが「流し→定点→流し→定点」の順で計4回演舞する形式でした。
演舞中は参道を通行止めにして参拝は脇から、ということになっていました…まぁそうなるんだけど、中々すごいなぁ。
観客のみなさんはマルシェに来た人たちから参拝に来た人たちまで様々。
たぶん普段よさこいを見ない人たちも多かったんだろうなぁ。
それはそれで嬉しい。
特に午前からお昼頃にかけて人が多かった気がします。
場所柄、お宮参りの方もたくさん見えてましたね。
原田さんも朝からご挨拶、ありがとうございます!

鳥居の奥がマルシェ会場。2、30はお店が出ていたのかな?こちらも盛り上がってました

参加チームさんは小田原や平塚、相模原など近隣チームの方が多かったのかな。
その中でもホストチームの「HADANO乱舞“翔”」さんが動き回ってらっしゃいましたね。
今年初開催ということで、色々大変だったのではなかろうか。
翔さんが演舞されている時には「舞陣」さんなどが給水を担当されていたりと、新たなよさこいの横のつながりも見れた気がします。
(来年はもっと地元・秦野の参加チームが増えるといいですね)

穏やかな天気のまま、最後まで無事終了。
初回ということを差し引いても、いい盛り上がりだったのでは?
来年以降もこの調子で続きますように〜。

初開催という割にはかなり盛り上がったのでは?来年以降はもっと参加チームさんが増えるといいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です