【パリレポ】ディズニーランド・パリの通常チケットの種類は…?

Facebook

ディズニーランド・パリ(パリパーク)の通常チケットは、1デーから4デーまでのチケットがあります。

特徴は1デーチケットのみ時期および混雑状況により価格が異なる「変動価格制」を取っていることです。

以下では通常チケットの価格(公式サイト、それ以外)をご紹介します。

(以降は20206月時点の大人の価格のみを掲載)

なお本記事は、こちらの通常チケット記事に大幅に加筆したものになります。

1.1デーチケット

1デーチケットの価格変動制はちょっと分かりづらいもの。

価格は平日もしくは休日などにより3段階に分かれています。

MINI(主に平日)

59ユーロ(1パークのみ入園可)

79ユーロ(2パーク入園可)

MAGIC(主に土日)

79ユーロ(1パークのみ入園可)

99ユーロ(2パーク入園可)

SUPER MAGIC(夏休み、ハロウィン、クリスマス、年末年始などピーク時)

89ユーロ(1パークのみ入園可)

109ユーロ(2パーク入園可)

最も安いMINISUPER MAGICでは30ユーロほどの差があります。

差が結構ありますが、それ以上によく考えていただきたいのが現在のユーロのレート。

124円なんです(20206月時点)

ということは、SUPER MAGIC1パーク入園可能チケットになると約11,000円するという…(ちなみに東京の1デーチケットは8,200)

海外パークと比較し、東京のチケットが安いというのはよく言われるところですが、こうはっきり表されるとびっくりしてしまいます

2018年11月時点の窓口価格。行った日は土曜日だったからスーパーマジックの日だったのかな?高め…!
今回は触れていませんが、アトラクション好きな方には有料ファストパスである「スーパーファストパス」もありますよ。入園日や複数回利用可能かなどで価格が大きく変わるのでご注意を

2.マルチデーチケット(複数日、2パークどちらも入園可)

2デー:179ユーロ

3デー:219ユーロ

4デー:259ユーロ

マルチデーのチケットになると、初日から2パークどちらも入れるようになります。

MINIの期間の場合、1デーを2日間買うより2デーを買う方が高くなるという事態が起きていますが

まぁそれはさておき。

マルチデーチケットでも結構いい価格になるんですよ。

チケットはこんな感じ。マルチデーチケットもこちらの裏側にプリントされます

3.実は公式サイトで買うよりも

安く買えるところがあります。それも日本語で。

どこかというと、オプショナルツアーを扱う各種サイトです。

なじみのあるところだと「エクスペディア」、その他にも「kkday」「voyagin」というサイトで取り扱いがあります。

なんと、公式サイトより3割ほど安くなることもあります。

為替変動で価格は日々変動すると思いますが、201911月時点での価格は以下の通りです。

(20206月時点ではディズニーランド・パリが閉園中のためチケットを取り扱っていないところがあるため、あえて201911月時点の価格で紹介しています)

kkdayの場合:1デーチケットのみ>

MINI(主に平日)

5,950(1パークのみ入園可)

7,560(2パーク入園可)

MAGIC(主に土日)

7,760(1パークのみ入園可)

10,100(2パーク入園可)

SUPER MAGIC(夏休み、ハロウィン、クリスマス、年末年始などピーク時)

9,050(1パークのみ入園可)

10,930(2パーク入園可)

購入後ダウンロードできるEチケットを持参すればそのまま入園可能

voyaginの場合>

1デーチケット(日にち指定なし)

7,299(1パークのみ入園可)

9,439(2パーク入園可)

2デーチケット

14,599(1パークのみ入園可)

18,627(2パーク入園可)

購入後ダウンロードできるEチケットを印刷して持参すればそのまま入園可能

<エクスペディアの場合>

1デーチケット

MINI(主に平日)

6,776(1パークのみ入園可)

9,197(2パーク入園可)

SUPER MAGIC(夏休み、ハロウィン、クリスマス、年末年始などピーク時)

10,528(1パークのみ入園可)

12,948(2パーク入園可)

・マルチデー

2デー 20,450円、3デー 25,532円、4デー 30,131

エクスペディアで購入した場合、そのままでは入園できず、購入後クーポンをプリントアウトしてパークのチケットブースで本券へ引き換えを行う必要あり

チケット購入期間は購入日から5日後~2週間程度分のみ

各社取り扱いチケットが異なるのでややこしいですが、平日に行くならば「kkday」、ピーク時および2日間行くなら「voyagin」が良いのかな。

日本語で円建て決済ができるのもあらかじめ予算が立てられて良いですね。

こちらは年間パスポート購入列ですが、通常チケット列も土日はこんな感じ。購入箇所によっては列に並ばなくていいのがメリットですね

ここまで、パリパークの通常チケットについてご紹介しました。

公式サイトで買える1デーチケットは日付変動制が敷かれていることもあり、結構ややこしいですね。

割安に購入しようと各種オプショナルツアーサイトを見ると、取り扱いチケットが異なるのでややこしさに拍車がかかっていますが

でも折角遊びに行くなら2パークあるので複数日入れるパスポートで行っていただきたい!

個人的にはそう思います。

ただ複数日行くなら年間パスポートも検討していただきたい!

年間パスポートについてはこちら、通常チケットとどちらがお得かについてはこちら

パークチケットをうまく購入してパークを満喫!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です