見切れLIVE舞浜、2021年はリアルとオンラインの同時開催!

Facebook

私の所属する日本見切れ写真協会のイベントも(特にリアルイベントは)コロナの影響でなかなかできず仕舞いでしたが、ようやく再開できることになりました。

今年は2年ぶりの「見切れLIVE舞浜」を12/11に開催します!

見切れLIVE舞浜は、見切れ写真を千葉・浦安にあるテーマパークで楽しみましょう!と開催しているものです。

見切れ写真グループ初年度から開催しており、今年で8回目となります(2019年の開催の様子はこちら)。

ただ、今年はコロナの影響で事情により外出が難しいという方も多いかと思うので、リアルとオンラインの同時開催とすることにしました。

そのため、今年はリアルとオンライン、どちらも同じテーマで見切れて頂くことにしました。

それは、

オリエンタル

という技で見切れるというものです。

「オリエンタル」とは、「サンライズ」もしくは「フルフェイス」の状態でネズミの耳のように丸を2つ載せるというもの。

載せるのはものでも良いですし、人の頭でも大丈夫です。

ちなみにお察しの方も多いかと思いますが、舞浜パークの有名キャラクターをイメージした見切れ技です。

ただ、その有名キャラクターをそのまま技名にするのはいかがかという話になったため、運営会社名を取って技名がつけられました。

当日(12/11)ですが、

・オンライン参加の方はオリエンタルで撮った写真を018時の間に

・リアル参加の方はオリエンタルで撮った写真を8時半〜18時の間に

見切れ写真Facebookグループに投稿していただきます。

その際、ハッシュタグ「#見切れLIVE舞浜2021」をつけて投稿ください。

(見切れ写真グループに入っていない方は承認申請をお願いします)

すでにリアル参加は締め切っていますが、オンライン参加は申込不要で参加いただけます。

なお、リアル参加の方はこれ以外に、「見切れミニオリエンテーリング」をご用意しています。

これは前回までの見切れLIVE舞浜で好評だったコンテンツで、師範厳選・見切れスポット100選を撮って投稿いただくというもの。

今年は撮影数を競うことはしませんが、さらに厳選した40スポットをご用意いたしました。

こちらの写真はリアル参加のみなさんに投稿いただきます。

オンラインで参加される方にも、舞浜パークにいるような気分になっていただけるかと思いますのでご期待ください。

それでは、12/11に見切れ写真グループでお会いしましょう!

オリエンタルは丸が2つあれば比較的簡単に撮れるもの。ぜひ12/11に一緒に楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。