【よさこい】会うときは会っちゃう!(伊東元気祭り報告)

Facebook

久しぶりのよさこい行脚。

伊東は何度も行っているとはいえ、ちょっとワクワクしています。

何といっても3ヶ月ぶりだしな〜。

伊東に近づくにつれ、たぶん旅行かなという人たちの割合が増えていくのも旅情を駆り立てます。

(私は相変わらず舞浜感の高いリュック・笑)

今日は午後から雨予報ということで心配していましたが、伊東に着いたタイミングでは薄日も差すほど。

何とか持ってほしいなぁと思いつつ、歩いて会場へと向かいました。

流石に12月の「冬のよさこいソーズラ」と会場が一緒なので迷わず向かえますよ〜。

(それでも伊東は3年ぶりなのか、町並みはそれほど変化ないように見えました)

ギリギリ行動の私としては珍しく15分前に会場に到着。

早速秋間さんに声をかけられる私(すぐに気づかず申し訳ない)

今日は会場も1つだし、こんな感じで色んな人にお会いできそうな予感

演舞がスタートすると、人が続々と集まり賑わってきましたよ。

演舞は20チームほどが参加。

地理的に近くコロナ後も他地域と比較しお祭りが多かった神奈川のチームが圧倒的に多かったですが、静岡や東京のチームもちらほら。

お祭り名(伊東元気祭り⭐︎)に「絆」と入っていることから、本お祭りのホストチームである「弥」の代表・小山さんとのつながりでみなさん集まってきているのかなという印象を受けました。

小山さん、色んなチームさんと仲良くなる力がすごいからな〜。

現に弥さんだけでなく、色んなチームさんに対して声援が飛んでいるのが印象的でした。

ホストチームの弥さん。そういえば、最後のほうでスピーカーの音出てなかったのは大丈夫だったのだろうか?

心配されていた天気はパラパラ雨が降り、強風な以外は何とか持っていました。

あまりの風で旗士さんが大変そうですが

ま、電線もないし、バックは海ですし、危ないことはさほどないかと

私はアメダスをチェックしながら、まだ大丈夫そう、降らなさそうとハラハラ。

主催者じゃないですが、無駄にそういうところは心配してしまいます

思った以上に天気はもっていたんですよ。私レインコート持参しましたが、使わなかったぐらいです

しかし、そんな時に救世主現る!

なんと、ナイスな応援団・もりねぇさんが昼前に到着したのです。

もりねぇさんの力で雨雲も押しとどめられるのでは

現にもりねぇさんが到着してから、パラパラ雨が降らなかった時間長かったし〜。

そのもりねぇさんはみなさんに呼ばれて元気に総踊りを踊ってましたさすが!

そして私は私で立っているだけで何人もの人に声をかけられましたみなさんいつもありがとうございます。

よさこいの場が久しぶりなので、会場でお会いするというのも懐かしさが

また、よさ研の記事はご覧いただいているけどはじめましての方もお声がけいただき、ありがとうございます!

心配された雨は14時台になるとポツポツ降る時間が長くなってきました。

でもアメダスを見る限りは何とか本降りになる前に終われそうこのまま何とか。

総踊り、フラフ共演と予定よりも早く進行し、終了の15時台まで何とかもったのが救いでした。

あー良かった、無事終わって。

終わりに近づくと雲がずいぶん黒く…この頃からポツポツ雨が

終了後、会場に残っていた人に「また〜」と声をかけながら駅方向へ向かおうとしたとき。

会場前の信号でまさかの出会いがありました。

なんと、元旗士のTさん!

どうもこちらのほうに来ているのは投稿で知っていたのですが、まさかここでお会いできるとは

今日一番びっくりだったかと

何とお子さんを連れての旅行中で、その合間によさこいを見に来たそうです。

いやはや、偶然とはこういうことですね。

何年ぶりだろう〜久しぶりすぎてびっくりでした。

この後も旅行を楽しんでくださいね〜。

そして帰りは先に会場を出たはずのもりねぇさんとカメラマンのみのるさんと遭遇。

途中熱海までご一緒しました。

電車内では、おなじみのお祭り情報交換と最近のもりねぇさんライフについて。

しかし、本当に今どきの65歳はパワフルだと改めて実感

(小山さんへ:次回は地元チームの参加が増えますように)

今年初演舞のチームさんも多かったのでは。ここまで踊れなかった気持ちを爆発させている様子が印象的でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です