【舞浜に行こう】当日編(5) パークを満喫! その2 ここを見るべし!ショー・パレード(ランド編)

Facebook

パークといえば、様々なショーやパレードが実施されています。
スペシャルイベント時のショーはその時々にしか味わえないのでぜひぜひ。
ゲスト参加タイムもあるものが多いので、出演者と一体となって楽しめますよ。

今回は2016年1月時点で実施されているレギュラーショー・パレードからSummy流オススメポイントをご紹介します。
まずは、パーク全体のショー・パレードのオススメポイント、続いてランドのショー・パレードをご紹介!
次回はシーのショーをご紹介します。

【パークのショー・パレードオススメポイント】

レベルが高い!

パークのショーって子どもだましっぽい感じでしょう…って思っていませんか?
ものすごいレベルが高いんですよ!
歌もダンスもいい感じです。

みんなで楽しめる!

今回はご紹介しませんが、季節限定ショーなどはその場でゲストも楽しめるダンスや手拍子などをする機会があります。
キャラクターやダンサーさんと一体感を持って楽しめますね。
振りは事前にレクチャーしてもらえるので安心です。

キャラクターのアドリブが楽しい

何度も見ていると普段とは違うところでアドリブを入れてくれることがあります。
初見でもこれアドリブ!と分かるところがありますよ。
たいていアドリブはどれも楽しいので、楽しくなること請け合いです。

お子さんはもっと楽しい!キッズエリア

小学生までで家族と離れ一人で過ごせるお子さんは、専用のキッズエリアで鑑賞することができます。
ここならより間近にキャラクターが来てくれるので、よりお子さんの思い出に残ること請け合いですよ。
キッズ用のショーもあり、こちらならよりキャラクターと濃く触れ合えます!

【ランド】

ワン・マンズ・ドリームⅡ〜ザ・マジック・リブズ・オン(ショー)

1988年から開催されていたショーが2004年にリニューアルされ、新たな形でお披露目されました。
ミッキーの誕生とそこから始まる華やかな世界、ディズニー映画の名場面の数々を見ることができるショーです。
レビュー感の高い豪華さが魅力。
なお、このショーについては、毎日2回目以降は抽選になるのでご注意を(閑散期は実施されないことがあります)。
外れたけどどうしても見たい場合は、入り口の右側(スターツアーズ寄り)でちょっと見れるエリアがありますよ。

ミニー・オー・ミニー(ショー)

ミニーが主役のラテン感覚溢れるショーです。
生で打楽器が多用されるのでリズム感がよく、楽しめますよ。
かなり小さな劇場でキャラクターも近く、場面転換も多くてキャラクターのコスチュームも様々なので、見た目にも楽しめます。
途中ではダンスタイムもありますが、ここはダンスの苦手な私でも踊れるので(爆)、たいていのみなさんは大丈夫かと。
なお、屋外ショーなので、強風時はショーの最中でもキャンセルになる可能性があります。

スーパー・ドゥーパー・ジャンピンタイム(ショー)

リアルで「お母さんと一緒」を見ているような、キッズ向けのショーです。
ダンスしたり、大声出したり、パペットショーを見たり…。
キャラクターと触れ合える時間もありますよ。
小さなお子さんがいらっしゃる場合は、キッズ用の中央鑑賞エリアに案内されるので、早めに行きましょう。
案内が終了していても、立ち見最前列ならキャラクターと握手できるかも?
ぜひお子さんと一緒にどうぞ。
もちろん、大人が行ってもパペットの可愛さに癒されます。

ハピネス・イズ・ヒア(パレード)

ランド開園30周年記念とともにスタートしたパレードです。
ディズニー映画の名場面が一気に登場!
華やかでボリュームのあるパレードです。
できれば観覧最前列で見れるとベストですが、2列目以降でも十分に見える大きさだと思います。
そこまで長時間待つ必要はないと思いますが、絶対最前列という方は1時間ぐらい前から場所取りをしましょう。
夏休みやクリスマス直前、3連休など長期休暇のときはもう少し早い方がいいかもしれません。

東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ(パレード)

一度別のパレードが実施されていたこともありますが、ランドで長年開催されている夜のパレードです。
おなじみの歌に乗せて華やかなフロートが近づいてくると、大人も子どもも気分が上がりますよ。
それぞれ映画のワンシーンを見事に表現しています。
映画を見ていなくても楽しめますが、見ているとより楽しいと思います。
何回か一部リニューアルしていますが、昨年のリニューアルで「塔の上のラプンツェル」のフロートが加わり、より華やかになりました。
遠くからでも全体像が見れますが、迫力があるのは近くで見ること。
最前列だと人の頭が邪魔にならなくてより世界に入り込めますが、近すぎるところもあるので2,3列目でも十分でしょう。
それでも昼の「ハピネス・イズ・ヒア」よりは待つと思います。
1時間ぐらい前から場所取りしたほうがいいかもしれませんね。

ワンス・アポン・ア・タイム(ショー)

シンデレラ城の前で開催されるプロジェクションマッピングのショーです。
花火なども使い、ディズニー映画の名場面を華やかに演出していますよ。
中央鑑賞エリアで見る場合は、抽選をし、当選しなければなりません。
これが倍率が高く、当選が難しい…。
外れてしまった場合は、中央鑑賞エリア外で鑑賞することになります。
ただ、見やすい中央鑑賞エリアのすぐ後ろなどは、数時間前から待っている人が多数。
たくさんアトラクション等で遊びたい人やエレクトリカルパレードのほうが重要な人にはハードルが高いですね。
ちょっと見づらくなりますが、そこまで人が来ずゆとりを持って鑑賞できるところがあります。
抽選に外れてしまったら、そういうところで見るのが一番かと。
(どこで見るかはまた後日)

※これ以外にショーレストランもありますが、今回は割愛します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です