【舞浜に行こう】当日編(18) パークを満喫! その11 ただただ歩く。パーク散歩☆

Facebook

みなさん、パークに行かれた時、歩いた風景を思い出せますか?
たぶんアトラクションやショー、レストランへの移動であまり覚えていないのでは…。

パークは通りや建物一つとっても意味付けがされているので、歩いているだけでもとっても楽しいもの。
意味づけを考えなくても、雰囲気だけでも楽しめますよ。
アトラクションやレストランのピーク時や30分ほど時間が空いた時にはのんびりパークを散歩してみませんか?
えっ、こんなものがあったの!?という発見もできるかもしれませんよ。

1.パーク散歩の魅力

・一度で違う雰囲気の空間に何度もトリップできる
・これまで気づかなかったところに出会える
・空いた時間で散歩可能
・遠くまで行って戻ってこれない…なんてことはない

一番のパーク散歩の魅力は、5分歩けば違う雰囲気の中に入れるということ。
ランドにはテーマランド、シーにはテーマポートがあり、数分歩けばアラビアの世界から海の底へ、なんて移動も簡単です。
気に入ったエリアではベンチに座ってのんびり過ごしたり、近くでスナックを買って食べ歩くのもOK。
また、メイン通りではない、ちょっと細い道に入ってみるとまた違った発見があります。
個人的には、ランドのアドベンチャーランドの「カリブの海賊」出口〜「ブルーバイユ・レストラン」〜「シアターオーリンズ」裏に出る路地が好きです。
アメリカのニューオリンズ風な、ちょっと異国の秘密の路地を歩いているような雰囲気になるので。

また、散歩のために入園、って意気込む必要はないんです。
ファストパスの時間まであと15分、でもこのまま行くとちょっと早いというときに、ちょっと速度を落として歩いてみる…そんなこともできますよ。
そして、楽しく歩いていたらあれ、ここはどこ…??ということもないですよ。
どこまで行ってもパーク内なので、迷ったらキャストさんに聞けばよいのです。

2.歩いてみるのにちょうどいいパーク散歩3選

(1)ランド「アドベンチャーランド〜ウェスタンランド〜クリッターカントリー」

上で挙げたアドベンチャーランドの路地もあれば、クリッターカントリーの小動物が通るような小道もあり。
お子さんたちが多く、混雑していることもありますが、トムソーヤ島は細い道が多く、このあと何があるんだろうか?という好奇心を掻き立てられます。
特にアドベンチャーランドとクリッターカントリーは緑が多いので、春〜初夏にかけての昼間は気持ちいいですよ〜。

(2)シー「ロストリバーデルタ〜アラビアンコースト」

シーの奥まった2つのテーマポート。
特に朝イチは空気も澄んでいて気持ちいいです。
特に緑の多いロストリバーデルタは。
ファストパス対応アトラクション周辺は混んでいますが、それ以外のところは比較的落ち着いていますよ。
また、どちらも夜も素敵!
特にアラビアンコーストは、中心部の広場のイルミネーションが美しいです。
逆にロストリバーデルタはうっそうとしていて、森にいる感じを全身に感じることができますよ。
明るい時間と暗くなってから、両方を散歩すると特に対比が際立つところです。

(3)シー「メディテレーニアンハーバー周辺+アメリカンウォーターフロント」

メジャーどころですが、どちらも夜のイルミネーションがたまりませんね。
ホテルミラコスタとアメリカンウォーターフロントの街並み、そしてSSコロンビア号のイルミネーション…。
ぜひのんびり歩いてみてください。
特にハーバー周辺を歩くと少し進むたびに景色が変わり、見ていても飽きませんよ。
のんびり歩いても1周20分ぐらいですが、案外高低差があるのでご注意を…。
また、アトラクションにはなりますが、「フォートレス・エクスプロレーション」の中も迷路のような要塞を歩いて回れます。
メディテレーニアンハーバーに浮かぶガリオン船からホテルミラコスタ方向を見ると、これまたイルミネーションがきれい!
もちろん、昼間の緑や花の色が鮮やかな時間もオススメです。

3.のんびり歩く。これってぜいたく?

あえてアトラクションに乗らず、ショーを見ず、のんびり歩いて回るというのは、もしかしたら究極のぜいたくなパークの過ごし方なのかもしれませんね。
空き時間にのんびり歩いてみるのはもちろん、1日のんびり過ごすと決めてみるときにもぜひぜひ。

さて、次はこの散歩に近い話になります。
パークの植栽!
えっ、植栽!?と思うでしょう…。
園内には年中いろんな植物が植えられ、花を咲かせているんです。
ガーデニング好きの方には必見ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です