【舞浜に行こう】当日編(19) パークを満喫! その12 年中花だらけ!?パークの植栽

Facebook

パークを訪れるとふと気付くことが。
いつ行っても、花が多い。
真夏であろうと、真冬であろうと、花が咲いています。
そうでなくても、ジャングルの中はジャングルの中っぽい植栽になっていますし、未来に行けば変わった形の木が植わっていたり。
そう、パークは植栽にも工夫が施されているんです。
今回は、パークの植栽に注目してみましょう。
前回の散歩と組み合わせるとより面白くなりますよ!

1.植栽にもこだわるパーク!

パーク(運営会社のオリエンタルランド)には植栽の部門もあり、専門のキャストさんが季節に合わせた植え替えなどを行っています。
花や木、緑の選定はそのテーマランド(テーマポート)やスペシャルイベントに合わせて行っているとのこと。
一般的によく知られたお花から何それ?という品種のお花まで、多彩なものを植えています。
その多様性から、ついにはパークの植栽に絞った本まで出るほど…。
最近はその多様さにひかれ、植栽に注目してパークを巡っている方もいるようです。

2.ここに注目!パークの植栽

(1)ランド「ミッキー花壇」&「シンデレラ城中央鑑賞エリア前 フォトスポット」

ランドを入園してすぐある、大きなミッキーの描かれた花壇、通称「ミッキー花壇」。
季節やスペシャルイベントに合わせて多彩な花が植えられています。
ここで記念写真を撮られる方も多いのでは?
もし、過去に来園した時の写真が残っている場合は、見比べてみると面白いですよ。

また、スペシャルイベント時にはフォトスポットとして賑わうシンデレラ城前。
その時のスペシャルイベントに合わせた植栽が特徴的です。
現在実施中の「アナ雪スペシャルイベント」では、雪の結晶を思わせるような植栽がなされています。
2015年の「ディズニー・イースター」では、キッチンがモチーフのドナルド・デイジーのフォトスポットでは、実際に野菜が植えられていたことも!
よく見るとびっくりするものが植えられていたりしますよ。

(2)ランド「ファンタジーランド キャッスルカルーセル脇」

いわゆるメリーゴーランド「キャッスルカルーセル」の脇にはバラが植えられています。
このバラの品種が、すばり「ディズニーランドローズ」!
そんな品種があるということにびっくりです。
しかも咲き始めはオレンジですが、咲き進むにつれピンクに色が変わるとのこと。
そんな花があるとは!

(3)ランド「トゥーンタウン ミニーの家」&シー「メディテレーニアンハーバー ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの裏」

どちらも早咲きの「カワヅザクラ」が植えられています。
ランドの「ミニーの家」では家の裏にあるので、奥まで進まないと分からないです。
でも秘密の花園感がありますよ。
ミニーの家はそれほど待たずに入れるので、トゥーンタウンに行ったらぜひ覗いてみてください。
シーの「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの裏」はポップコーンワゴンの脇に数本のカワヅザクラがあります。
こちらは咲くと、ダッフィーを持った人たちが桜との撮影を楽しんでいる様子があちこちで見られます。
カワヅザクラの見頃は2月中下旬。
寒い時期ですが、暖かい格好で行きましょう!

(4)ランド「トゥモローランド周辺」

トゥモローランドの植栽をよく見てみてください。
特に木。
枝葉の部分が円柱型にカットされているんです…。
これは未来をイメージした植栽とのこと。
特にトゥモローランドはこんな意味合いで植栽がなされているのでぜひご注目を。

(5)シー「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」&「アーントペグス・ビレッジストア」

どちらのお店にも作物が植えられているんです。
「ザンビーニ〜」は店主のザンビーニ兄弟がワインの醸造をしているところですが、オリーブオイルも作っているんですよ。
ワインの原料となるブドウとオリーブをレストランの裏、テラス席で栽培していますよ。
「アーントペグス〜」は元祖ダッフィーグッズのお店として有名ですが、こちらは元々ケープコッドのペグおばさんが営むお店。
お店の裏では季節の野菜を育てているんですよ。
何を育てているかは季節によって違うので、時期をずらして覗いてみると面白いですよ。

3.お花見気分でパークを歩こう

ほんの少しですが、パークの植栽について紹介しました。
パーク公式サイトでは「花と緑の散策」というページもあり、原産地や特徴、咲く季節、どんなところに咲いているかなどが紹介されています。
こんな花があるのか!と思ったら探しに行ってみるのも楽しいですね。
また、パークを散歩中に見つけたお花や植栽について、そのアトラクションやエリアのテーマを感じながら見るのもまた一興。
ぜひお散歩と併せて楽しんでみてはいかがですか?

さて、次回は…いったんパークを出ます。
じゃあどこへ?!
「ディズニーリゾートライン」の楽しみ方をご紹介!!

Post Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です