【香港レポ】香港で3日以内の滞在に便利で一番安い!SIMフリースマホ用SIMカード

Facebook

SIMフリーのiPadを使用している私。
これまでいろんなタイプのSIMカードを試してみました。
いずれも日本にいる間にAmazonで買えるものです。

・中国でもFacebookやLineにつなげる、7日間用
・香港で使える4日間用(Androidスマホの場合は注意)

今回は3日間の滞在だったので、写真のSIMカードを購入しました。
こちらは利用期間が3日間と短いですが、その分安いので短期間滞在の方にオススメです。

1.こんな方にオススメ

・SIMフリースマホを持っている
・香港(もしくはマカオ)滞在が3日間以内
・日本にいる間にSIMカードを手に入れたい
・街中を含め、いつでもネット接続できるようにしたい

2.どこで購入したか

Amazonで販売している「China Unicom」の香港およびマカオで利用できるSIMカード(3日間用、使い放題)です。
検索で「SIMカード 香港」と入れれば出てくるかと。
青いパッケージが目印です。

価格は購入時点で1枚580円。
ポケットWi-Fiと比較し荷物にならず、かつ安いので利便性が高いと思います。

こちらがそのSIMカード!名刺大のサイズです
SIMカード自体はこんな台紙に。ここから自分のSIMカードの大きさに切り取って使います。iPad(iPhoneも)は一番小さいサイズです。

3.設定方法

英語でも説明が書いてあるのですが、日本で購入すれば、各販売メーカーが日本語マニュアルをつけてくれますよ。
それを見ながらセットすれば問題なくできます。

ざっと説明すると、
1.SIMカードを入れ替える
2.2箇所に必要事項を入力
3.少し待つ(2〜3分?)と、「この回線を利用しますか?」的な文言が登場するのでOKをタップする
という感じで使えるようになります。

最初だけ待つ時間が長いですが、あとはいつも使っている通りに使えると思います。

こちらは広東語と英語での接続方法。今回、日本語での接続方法は販売会社よりメールで届きました

4.使用感

(1)パーク内

特に問題なく利用できました。
パレードルートには無料Wi-Fiがありますが、繋がりづらいこともあるので、ラクラク繋がるのはありがたいですね。

(2)パーク外

今回、香港市内にも行っていましたが、街中でも離島で人里から離れたところでも問題なく利用できました。

なお、たまに電波が切れると再度接続しますか?という表示が出てくることがあります。
その度は再びOKをタップしましょう。

今回はハイキングで離島の山奥に行きましたが、グーグルマップも表示でき、自分たちがどこにいるか分かって便利でした

5.注意点

(1)23時から利用開始しても1日とカウントされる

初日の23時から利用開始した場合、1時間しか利用していなくても1日利用したとカウントされます。
使い始めた時間から3日間(72時間)ではないのでご注意ください。

(2)使い放題だけど、速度制限がかかることも

3日間使い放題の本SIMカードですが、通算利用量が900MBを超えると速度が低下します。
私は普段動画を見ないので3日間で600MBぐらいの利用量でしたが、動画をしょっちゅう見るという方はホテルなどでWi-Fiがある環境でのみ動画を見るなど、ルールを決めて見るのが良いかと思います。

香港パークも市内も楽しみたい、でもネット環境は常に確保したいという場合には嬉しいSIMカード。
1日当たりの利用料も200円を切るので、手軽に利用できるのはありがたいですね。
SIMフリースマホのみなさん、ネット環境も手軽&お得に利用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です