【香港レポ】今年の夏のピクサーパレードはフロートが1つ増えました!!

Facebook

香港ディズニーランドの夏のイベントは、昨年よりピクサーをメインとしたものになりました。

メインは放水パレード「Pixar Water Play Street Party!」!

しかも今年は少々変更点もあります。

昨年の様子も含めてご紹介します。

(昨年の様子はこちらから)

1.パレードフロート順

以下パレードのフロート順をご紹介します。

放水状況も書きましたが、大型のフロートになるほどよく放水します。

最後にはYouTube動画もありますよ!!

先導する中型フロート(上にも横にも放水)

ここからの流れは雨天時に撮影したものが中心となります(一部晴天時のものも)。先頭のフロート。横からにも注意!

ナビゲーター役ダンサーさんが乗る小型フロート(横に放水)

ダンサーさんのみのフロートのうち、どちらかが英語、どちらかが広東語で話してくれます

グリーンアーミーメンご一行(徒歩、水鉄砲でかけてきます)

水鉄砲なので可愛いものですが、狙い撃ちされると結構濡れますよ

トイストーリー大型フロート(横にも上にも放水)

こちらが今年新たに登場のトイストーリーのフロート。濡れたくない方は避けましょう!

バス・ライトイヤーが乗る小型フロート(横に放水)

濡れるのは少しでいい…という方は小さめのフロート前に移動しましょう
間にはダンサーさんもいます。ショーモードになると大型フロートに上がる方も

ピクサーキャラクターの大型フロート(横にも上にも放水)

こちらが最もよく濡れるところになります。特にショーモード中は至近距離から放水されますよ…!
こちらにはヨロコビ、カナシミ、カールじいさん、ラッセルが乗っています

ナビゲーター役ダンサーさんが乗る小型フロート(横に放水)

ショーモード中のダンスは英語でも説明がある&簡単なので参加しやすいと思います

ファインディング・ニモの中型フロート(横に放水)

このフロートはそこそこ大きいですが、あまり水は出てこなかった印象が

インクレディブルご一行の1人用乗り物(放水なし、雨天時バージョンでは登場せず)

雨天時は登場しないインクレディブル、イラスティガール、フロゾンご一行(こちらは晴天時の写真)

エドナ・モードの乗る小型フロート(横に放水)

エドナモードはキレキレダンスでした…がどう動いてもエドナモードっぽさが出ちゃいます
最後はモンスターズインク、ウォーリーなどここまで登場しなかったピクサーキャラクターを背負ってダンサーさんが登場。水鉄砲なのでそこまでは濡れませんが…!

2.昨年までと違う点

(1)フロートが1つ増える

昨年は大型のピクサーキャラクターのフロートのみでしたが、今年は7月に「トイストーリー4」が公開されることもあり、トイストーリーの大型フロートが登場しました。

こちらにウッディ、ジェシー、ボーピープが乗っています(バズ・ライトイヤーは後ろの小型フロートにいます)

トイストーリーの大型フロート後方にボーピープがいます

(2)「ウェットゾーン」の表示がなくなる

ウェットゾーンの表示がなくなるから濡れない…ということではなく、どこで見ても多少は濡れるよ、ということにしたようです。

とはいえ、一番濡れるのは大型のフロートが停止するあたり。

もし大型フロートが停止し、あまり濡れたくない…と思った方は少し後ろに移動しましょう。

(2、3列目ぐらいでは傘をさしている人でダンサーさんなどが見えない可能性大です)

ダンサーさんが踊っているあたりもそれほど濡れないかも…!

3.注意点

(1)雨天時も開催だけど…

雨天時にも行われますが、一部のキャラクターは登場しないバージョンになります(上記参照)。

また本降りの雨でも行われていたので、そんな時に参加すると(色んな意味で)かなり濡れます。

(2)ダンサーさんのみの停止位置でも要注意

ダンサーさんしかいないところにいるから濡れないだろう…ということはありません。

なぜなら、ダンサーさんによっては近くの大型フロートからホースを引っ張って放水…というパターンもあるからです。

(3)機器系にご注意を

服が絞れるほど濡れる…ことは大雨の中の開催でない限りはなさそうですが、では全く防水対策をしないというのは危険かと。

特にスマホやカメラにご注意ください。

こんなところでスマホが壊れるとか困ると思うので、撮影したい場合はできれば防水ケースに入れて撮影しましょう。

大型フロートだとこの放水っぷりです。濡れたくない場合は4、5m離れて見ると上方のキャラクターも見やすいかと

(4)体を良く拭いてから室内へ

冷房が日本以上にガンガン効いている香港。

濡れたままの状態で入ったら、寒さで風邪を引いてしまうかも…。

体をある程度良く拭いてから室内へお入りください。

フロート通過後の地面の濡れ具合は…結構なものです。がっつり浴びた方は風邪引かないようにね

日本のイベント時の「絞れるほど濡れる」ぐらいの濡れ具合になることは早々ないかと思いますが、でもそれなりに濡れるかと思います。

でも香港はかなり暑いので、晴れの日に外にいたら短い時間で乾くかと。

暑い香港で、うまくクールに楽しんでくださいね。

元気なノリノリのおじいさんも登場するぐらい。楽しい感じのパレードでした。いっそのこと割り切って濡れて楽しむのが一番かもしれません

「【香港レポ】今年の夏のピクサーパレードはフロートが1つ増えました!!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です