【パリレポ】パリまでの飛行機、どうする?

Facebook

前回まではホテルの話をしてきました。
続いては飛行機です!
なんせパリまでは飛行機で10時間超かかりますからね…。
長距離便となるので、価格も高めになりがち。
そこをなんとか、ということで、まずは行き方のパターンや予約方法などをご紹介します。

1.パリに行くにはこの2パターン

(1)直行便

現在、日本からパリへ行く直行便は、
・成田空港(エールフランス)
・羽田空港(JAL、ANA、エールフランス)
・関西国際空港(エールフランス)
の3か所から発着しています。
便数が多いのは何と言っても羽田空港で、溜めているマイルの航空会社などでも選択できますね。

ただ、日本発着の直行便は高めになりがち…。
往復10万を切るチケットはそれほど出てこない印象です(特に羽田便)。

(2)乗継便

直行便は東京か大阪か、という選択になるため、それ以外からの地方空港から飛ぶ場合はいったん上記空港に出るというパターンとなります。
ただ、羽田空港からの場合、JALやANAのパリ行きは午前発ということもあり、推奨乗継時刻に間に合う飛行機に同日中に乗れず、前泊という可能性も…。

もちろん東京で乗継すれば安心なことこの上ないですが、場合によっては近隣諸国などで乗継するのも手です。
地方空港から乗継するのに便利そうなのは韓国・ソウルや中国・上海、台湾・台北など。
地方路線も多く、同じ航空会社同士で乗継すれば、一度入国審査を受けて荷物を受け取り…という面倒なことが不要なのが大きいですよ。

台湾の航空会社・エバー航空で函館-パリ(経由:台北)で行った場合。1人当たり11万ならありでは?
ちょっと時間はかかりますが、東京に出るしかない、という選択肢もあることを頭に入れておくと旅行の幅が広がりますよ

また、東京や大阪から飛ぶ場合でも乗継便は安く済む可能性が大です。
なぜなら、私が今回行ったのは乗継便だから。
しかも1人往復7万円…!
…このお話は次回に。

2.どこで買うか?

(1)各種旅行予約サイト

エクスペディアやじゃらん、楽天トラベルなど、旅行予約サイトはたくさん。
商品によっては事前に座席指定できるものもあるので、安心して乗れますね。
場合によっては各航空会社のサイトより安いこともあります。

福岡-パリの場合。中国東方航空で上海(浦東)で乗り継いでいます。同日中に着くのは嬉しいですね
帰りはこちら。最終日もがっつり遊べるパターンですね。ちなみにここまでエクスペディアで検索
こちらはエバー航空で台北(桃園)経由。こちらは乗継時間が長いので、トランジットツアーに参加して台北観光もできます
帰りは乗継時間が短く、早めに帰宅できるのがこちらのパターン。上海経由より1万円ほど安めです

(2)各航空会社のサイト

案外侮れないのが各航空会社のサイト。
たまに旅行予約サイトより安いこともちらほらあるからです。
しかも多くの航空会社で予約後すぐ座席指定や特別食(アレルギー対応、ベジタリアンミールなど)の予約ができるのも嬉しい!
ちなみに今回私は中国国際航空で行ったのですが、ここの公式サイトから予約し、予約後すぐ座席指定など行いました。
ちなみに日本語サイトなので語学が不得手でも安心です。

ちょうどキャンペーン中だったので、中国国際航空で名古屋-パリで行った場合の運賃。往復2人で右上の価格。1人当たり7万円切ってる!
乗継もそこまで問題にならなさそうな感じ。今回私が行ったのと同じ北京乗継です

(3)調べる時にはこのサイトが便利

各種旅行予約サイトや各航空会社サイトの料金を横断的に調べてくれるサイトがあります。
「スカイスキャナー」というサイトです(アプリもあります)。
条件を入力すると、同じ航空会社での利用で各旅行会社の運賃の差も教えてくれるのは嬉しいところ。
こういうのをうまく活用するのがオススメです。

スカイスキャナーで羽田空港発着便を検索。直行便を最上部で示してくれるのに加え、最安の乗継便である中国国際航空の価格が比較できるようになっています

いかがでしたか?
直行便で行けるのが一番楽ですが、そうでない場合は乗継便も視野に入れると選択の幅が広がりますよ。
価格も下がる可能性が高いですし。

で、次回はその私が今回利用した中国国際航空利用についてご紹介します。

飛行機から富士山が見えるのは嬉しいですね。パリ行きの旅でも見れたらテンションアップ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です